MAKEY

たまにはメイクもお休み♡ゆるくカジュアルな『休日メイク』のやり方

せっかくの休日なのにメイクするのは面倒…と思ったことはありませんか。今回はそんなときにおすすめのゆるくカジュアルな『休日メイク』のやり方をご紹介していきます。プチプラコスメだけでも簡単にできるので、興味のある方はぜひ参考にしてみてください♡

ちゃっぷ ちゃっぷ

休日にメイクは面倒…

普段、仕事や学校でメイクをする機会の多い女性の中には「休日にメイクするの面倒くさいな…」と思っている方も多いのではないでしょうか。せっかくの休日、できることなら1日中すっぴんでゴロゴロしていたいけど、宅急便や急な来客があるかもしれないし、ちょっとしたお買い物や外出の予定があるからメイクしないわけにもいかない…とイヤイヤいつも通りのメイクをしていませんか?

休日メイクのやり方
出典:makey.asia

今回はそんな方におすすめの、ゆるくカジュアルな『休日メイク』のやり方をご紹介していきます。人と会っても問題ない程度に整えるところはしっかりと整えながら、最小限のコスメ・ツールで手間を減らし短時間でできるような簡単なメイク方法になっています。プチプラでゲットできるおすすめコスメについてもご紹介しているので、興味のある方はぜひ合わせてチェックしてみてください♡

ベースメイクにはCCクリームがおすすめ!

普段は日焼け止め・化粧下地・ファンデーション・コンシーラー・フェイスパウダーと重ねている方が多いかもしれませんが、今回はそんな手間を減らすために『CCクリーム』を使用していきます。手軽なベースメイクと言えばクッションファンデやBBクリームが有名かもしれませんが、それらだと休日メイクにはカバー力が高すぎる印象があるので、より薄付きで素肌をキレイに見せてくれるようなCCクリームをおすすめいたします。

顔の中心から外側に向かって馴染ませて
出典:makey.asia

のせる時には顔に点々と適当にのせてから、指やスポンジで顔の中心から外側に向かってくるくると馴染ませながら広げてあげるだけでOK。CCクリームは保湿力が高く伸びが良いので指だけでも簡単に広げることが出来ますが、手を汚したくない、手早く広げたいという方はスポンジで広げることをおすすめします。のせ終わったら、顔全体をハンドプレスしてしっかりと肌への密着力を高めてあげれば、ベースメイクはほぼ完成です。肌トラブルが気になる方は別でコンシーラーを使用してカバーしてあげてくださいね。

おすすめコスメ

毛穴パテ職人から発売されているCCクリーム。すっぴんのようにナチュラルなのに、毛穴レス余計な皮脂を吸着しながら乾燥も防いでくれるので、長時間キレイなベースメイクをキープしてくれます。サラサラなマット仕上がりになるので、人によってはフェイスパウダーも不要かもしれません。

クリームチークをほんのりと

次に肌なじみの良いクリームチークを仕込んで、顔に血色感と明るさを与えていきます。メイクが面倒な時にもチークをしっかりと入れてあげることで肌をキレイに顔色を良く見せてくれるので、手抜きをしたい休日メイクの時にはかなり重要なポイントです。また、クリームチークは肌への密着力が強く、メイク崩れもしにくくなっているので、メイク直しの手間も減らすことができますよ。

笑ったときに高くなる位置から頬骨に沿って
出典:makey.asia

こちらもお好みで指かスポンジを使用して、笑った時に高くなる位置から頬骨に沿ってのせていきましょう。クリームチークをうまく使いこなせないという方は、黒目の下と小鼻が交差する位置を目安に、小さな楕円を描くようにぽんぽんっとのせてから、仕上げに何もついていない指かスポンジでチークの外側をぼかすようにしてあげると、内側からにじみ出る様なじゅわっとチークに仕上がりますよ。

おすすめコスメ

クリームチークであれば基本的にはどれでも大丈夫ですが、普段使いもしやすくプチプラでゲットしやすいクリームチークとしてこちらをおすすめします。見たままの高発色で、とろけるように肌に馴染みながらさらさらな仕上がりに変化してくれるのが特徴。カラーバリエーションも豊富なので、自分にピッタリなカラーを見つけやすいかと思います。

フェイスパウダーで軽くセット!

フェイスパウダーでベースメイクをセット
出典:makey.asia

CCクリームもクリームチークもサラサラ系に変化するものを使用していたり、乾燥肌の方、短時間のお出かけという方はなしでも大丈夫ですが、基本的にはフェイスパウダーでベースメイクをセットしてあげましょう。その方が皮脂やテカリをしっかりと抑えてメイクの仕上がりをキレイに、またサラサラな状態にすることでメイク崩れも防止してくれるので、テカりやすい方、メイク崩れが気になる方はフェイスパウダーをのせることをおすすめします。

フェイスパウダーを持っていない、肌の状態が不安定という場合には、フェイスパウダーではなくベビーパウダーで代用しても大丈夫です。ベビーパウダーの方が赤ちゃんにも使えるほど優しい処方で、しっかりと皮脂を抑えてサラサラな状態にしてくれるので、休日メイクではできるだけ肌負担を減らしたいという方にはイチオシ。ただ、人によってはベビーパウダーの成分で肌荒れを起こす場合もあるので、必ずしも肌に良いというわけではないので注意してくださいね。

おすすめコスメ

肌の表面はさらさらにしながら、厚塗り感のない明るいクリア肌に仕上げてくれるフェイスパウダー。こちらは通常のフェイスパウダーですが美容液成分配合クレンジング不要肌に負担をかけにくいような処方になっているので、休日の肌負担を気にされる方にもおすすめです。

アイブロウはペンシルとパウダーで

アイブロウは顔の印象を決める重要なパーツなので、手抜きしたいときにもある程度しっかりと描いてあげることをおすすめします。ナチュラルな仕上がりにするときにはアイブロウパウダーのイメージが強いですが、アイブロウパウダーだとブラシを使う必要がありますし、目尻側が落ちやすくメイク直しの手間があるので休日メイクには少し不向きかもしれません。おすすめは、パウダーとペンシルが一体型になったコスメを使用して組み合わせながらナチュラルに描いていく方法です。

ペンシルとパウダーを組み合わせて
出典:makey.asia

まずはパウダーの方を使用して、眉の中間から左右に向かって毛の隙間を埋めるように眉毛全体にパウダーをのせていきます。眉頭からでなく中間からのせることで、眉頭が濃くなり過ぎるのを防いでナチュラルな仕上がりになりますよ。あとはペンシルの方を使用して、眉尻側や毛の足りない部分を描き足してあげてください。

眉マスカラを
出典:makey.asia

髪色が明るい方は髪色に合わせて眉マスカラを塗ってあげましょう。自眉毛をしっかりとカラーリングしてあげることで、描いた眉毛と元の眉毛が馴染みやすくなってナチュラルに、さらに髪色に合わせることであか抜けた印象に仕上がるのでおすすめ。黒髪の方はダークブラウン系の少し濃いめなカラーを使用するか、なしでも大丈夫ですよ。メイクにかけられる時間や好みによって使い分けてみてください。

おすすめコスメ

描きやすいペンシルとパウダーがセットになったアイブロウペンシル。雑誌や口コミサイトでもベストコスメとして紹介されるほど、使いやすく人気のコスメになっています。こちらならばメイクが面倒な日だけでなく普段メイクから使いやすいですし、カラーバリエーションが豊富に揃っているので、髪色が明るい方から黒髪さんまで幅広い方におすすめできるアイブロウペンシルかと思います。

アイメイクはとにかくシンプルに♡

アイメイクはメイクの中でも時間がかかりやすいパーツなので、出来るだけパパっと済ませられるようにするためにコスメのチョイスが重要になってきます。最小限のコスメと手間でシンプルに清潔感のある目元をつくっていきましょう!

1色のみでナチュラルグラデを
出典:makey.asia

アイシャドウはしっかりとしたグラデーションをつくろうとすると、ブラシやチップが必要だったり時間もかかってしまうので、1色のみでニュアンスグラデーションをつくってあげるのがポイントです。つくり方は簡単で、ほんのりラメ感のあるナチュラルカラーを指に取り一番濃くしたい部分から上や横に向かってぼかし広げていくだけです。濃いカラーだとぼかすのに時間がかかりやすいので、できるだけ肌馴染みの良いカラーをチョイスしてあげてください。

アイラインはインラインを埋めやすいペンシル・ジェルタイプをおすすめします。また、できるだけ芯が柔らかい、目元への負担が少ないモノをチョイスしてあげるようにしましょう。休日メイクにガッツリとアイラインを引いてしまうと他のメイクとのバランスが取りにくいので、基本的にはまつ毛とまつ毛の隙間を埋めるように目の際に細く引いてあげるだけで大丈夫ですよ。

マスカラをON
出典:makey.asia

ビューラーをしてマスカラを塗っていきましょう。マスカラはロングやボリュームを主張し過ぎない、自まつ毛を活かしてくれるようなもの、また、速乾性に優れたものをチョイスするのがポイント。こうすることでナチュラルだけどパッチリした目に見えますし、まぶたにマスカラが付いてしまうという失敗も減るのでおすすめです。塗るときにはまつ毛の根元部分を重点的に塗ってから、毛先に向かってスッととかすようにブラシを動かし、束にならないセパレートまつ毛をイメージして塗っていきましょう。

おすすめコスメ

シングルアイシャドウにはラメ感・カラーともにこちらがおすすめです。しっとりとしたテクスチャーで、パウダー1つでもまぶたにピタっと密着してキレイに発色し、メイク崩れもしにくいかと思います。カラーバリエーションも豊富なので、自分の肌トーンやファッションに合わせてお好みのカラーをチョイスしてみてください。

クリーミーなめらかに描けるペンシルアイライナー。楕円芯で太くも細くも引きやすく、ペンシルでありながらリキッド並みのモチの良さがあります。モチが良いのにポイントメイクアップリムーバーがなくても簡単にオフできるのが魅力的!

繊維なし自然で繊細なまつ毛を演出できる新処方のマスカラ。スリムなブラシ短い毛まで根元からしっかりと塗ることができます。速乾性も高く滲みにくくお湯でするんっとオフすることが出来るので、仕事メイクから休日メイクにまで毎日使いしやすいマスカラになっています。

保湿力の高いリップをON!

リップはリップクリーム・口紅・グロスと重ねるのが手間なので、すべてを1つで済ませてくれるような保湿力が高い『色つきリップクリーム』をおすすめします。カラーはお好みで大丈夫ですが、黒髪さんやメイクがナチュラル過ぎて雰囲気が重くなりやすいという方は、レッド系カラーで女性らしく口元を軽く主張してあげるとかわいいかと思います。

休日はメイク直しを一切したくない!という方はティントなどを使用しても大丈夫ですが、ティントはものによってはクレンジングに手間がかかってしまう場合があるので、保湿かねて色つきリップを塗り直す方が手間は少ないかと思います。また、肌同様唇も紫外線によるダメージを受けやすいので、出来るだけUVカット効果のあるものをチョイスすることをおすすめいたします。

おすすめコスメ

3種の美容オイルを配合したリッチなうるおいと、透明感とツヤのある発色が魅力的な色つきリップ。荒れがちな唇にも優しくなめらかに塗り広がり、乾燥・紫外線から唇を守ってくれます。1度塗りだとかなりナチュラルな淡い発色になりますが、重ねていくことで発色が強くなっていくので、気分に合わせてお好みの濃さに調節してみてください。

たまにはゆる~い休日を♡

休日メイクでゆる~い休日を楽しんで
出典:makey.asia

これでゆるくカジュアルな『休日メイク』の完成です!プチプラでゲットできる最小限のコスメ・手間でしっかりと整えたナチュラルなメイクになっています。また、肌にとっても休日となるようにできるだけ肌に優しい処方のものクレンジングの手間が少ないものをチョイスしております。ぜひ休日にメイクが面倒だと思ったときには、無理していつも通りのメイクをせずにメイクもある程度お休みして、ゆる~い休日を楽しんでみてはいかがでしょうか♡

一緒に読まれるまとめ記事
まとめ記事に関するキーワード