MAKEY

あえてのカラーレス!『ちょい韓国風キラキラメイク』のやり方紹介♡

メイクで遊びたくなる夏。でも遊び心のあるメイクは難しいと思っていませんか? 今回はそんな方におすすめの、あえてのカラーレスで簡単にできる『ちょい韓国風キラキラメイク』のやり方をご紹介していきます。プチプラでゲットできる『ラメコスメ』についてもご紹介していくので、ぜひメイクと合わせてチェックしてみてください♡

ちゃっぷ ちゃっぷ

夏はラメで遊びたい!

夏は普段のメイクではあまりしないような、キラッキラのラメが輝くメイクで遊びたくなりますよね。ただ、遊び心のあるメイクはどうしてもパーツ同士のバランスが難しかったり、似合わないんじゃないかと不安で、なかなか挑戦できないという方も多いのではないでしょうか。

ちょい韓国風キラキラメイクのやり方紹介!
出典:makey.asia

今回はそんな方にオススメしたい、あえてのカラーレスで簡単にできる『ちょい韓国風キラキラメイク』のやり方をご紹介していきます。カラーレスにすることでラメ感をしっかりと主張しながら、軽やかな仕上がりになるのでメイクのバランスが取りやすく、2018年人気の韓国っぽさも取り入れてあげると『今っぽさ』も楽しめるメイクになっています。プチプラでゲットできるオススメの『ラメコスメ』についてもご紹介していくので、興味のある方はぜひ合わせてチェックしてみてください♡

ベースメイクはあえてセミマットに!

マット肌に
出典:makey.asia

キラキラメイクをするときには、メイクに合わせてツヤ感のあるベースメイクにした方がいいと思いがちですが、意外とマットよりなセミマット肌に仕上げてあげた方が、ラメ感だけをキレイに主張することが出来るのでオススメです。マット系のファンデーションを使用してあげるか、フェイスパウダーをパフやスポンジでしっかりめに顔全体にのせて、マット風に仕上げてあげましょう。

ツヤが欲しい方はハイライトを重ねて
出典:makey.asia

どうしてもツヤ肌に仕上げたい場合には、ベースメイクをマットに仕上げてあげてから、ピンポイントにハイライトを重ねてツヤを演出することをオススメします。こうすることで全体はしっかりとマットにしながら、ツヤ感が欲しいところにはしっかりとツヤのある『ツヤ肌風』に仕上がるので、キラキラメイクの邪魔にならない控えめなツヤ肌を楽しむことが出来ます。ツヤ肌派さんはぜひこちらを試してみてください。

アイシャドウは大小ラメでキラキラに♡

アイシャドウには大小のサイズ感の異なるラメアイシャドウ2色を使って、カラーなしでも目元に立体感を与えられるようにしていきます。ただ、ラメアイシャドウのみをのせるとどうしてもラメ落ちが悪目立ちしやすいので、アイシャドウをのせる前にしっかりとアイシャドウベースを仕込んでおいて、ラメアイシャドウの密着力を高めておきましょう。

まずは、小粒ラメの方をアイホール全体と下まぶた全体に広げていきます。これはあくまでもベースとしてのせるイメージなので、指でささっとのせる程度で大丈夫ですよ。次に、大粒ラメの方を上まぶた中央あたりと涙袋目頭2/3程度に、小指や小さめのチップを使用してしっかりとのせてあげましょう。アイシャドウはこれだけで完成です!

リキッドライナーは長めタレ目に
出典:makey.asia

ただ、このままだとデカ目効果はないので、リキッドライナーを使って目元をしっかりと引き締めつつ、韓国っぽさとデカ目効果を出してあげましょう。まつ毛の隙間をしっかりと埋めてから目の際に細く引き、目尻側は目の流れに沿いながら長めなタレ目ラインに、バランスを見て目尻側だけ太さを出してあげてください。せっかくの夏っぽい遊び心のあるメイクなので、目尻側のアイラインは少しオーバーに引きすぎたかなくらいでも大丈夫ですよ。

下目尻三角ゾーンにブラウンのペンシルアイライナー
出典:makey.asia

次にペンシルタイプのブラウンアイライナーを使って、下目尻1/3の三角ゾーンを埋めて指や何もついていないブラシでぼかして馴染ませてあげましょう。こうすることで、一気にタレ目っぽさとデカ目効果を出すことが出来ますよ。ただ、目の形によってはメイクが濃く見えてしまう場合があるので、そういう方は明るめなブラウンカラーをチョイスしてあげることをオススメします。

ブラックのマスカラを上まつ毛にのみ
出典:makey.asia

まぶたの中央部分だけ軽くビューラーをしたら、マスカラ下地ブラックのマスカラを使って、しっかりとカールキープさせた繊細なまつ毛に仕上げてあげましょう。普段お使いのマスカラでも大丈夫ですが、出来るだけ太さや長さが出過ぎない、1本1本をしっかりとさせてくれるようなマスカラをオススメします。韓国メイクでは下まつ毛は主張しないので、軽くコームなどで整えるだけでマスカラは塗らないようにしましょう。これでアイメイクの完成です!

オススメコスメ

今回のメイクにピッタリな大小ラメが揃ったアイシャドウ。普段のメイクでは気分でラメ感をプラスすることで、マットなアイシャドウしか持っていない方でも、気軽にラメ感を楽しむ事が出来るので、1つ持っておいて損はないかと思います。ラメのカラーが異なる3色が揃っているので、お好みのものをチョイスしてみてください。

透明感のあるカラー3色でグラデーションを、気分によってプラスできる締め色ラメアイシャドウがセットになった5色セットのアイシャドウ。一番上のハイライトカラーと右下のラメアイシャドウを組み合わせることで、簡単にキラキラメイクを楽しむことができますよ。

チークはほんのりピンクにラメをプラス!

次にチークです。チークでもラメ感を与えていきたいのですが、さすがにラメだけだと顔色が悪く見えてしまうので、ほんのりピンクのチークを仕込んだ上からラメ感のあるパウダーを重ねて、ラメを主張してあげるのがオススメです。ラメ入りのチークだと、ラメ感だけでなくチークまで濃くなってしまうので、チークとラメパウダーは出来れば別々で用意してあげてください。

チークを頬骨に沿って軽く
出典:makey.asia

まずはピンクのチークを先に仕込んでいきます。笑ったときに高くなる位置から頬骨に沿って軽く入れてあげて、チークを主張するのではなく顔に血色感を与える程度にしてあげましょう。顔の中心過ぎたり、高すぎたり、外側まで濃く入れ過ぎると主張が強くなってしまうので、自分の顔に合わせて自然な位置に入れてくださいね。

ハイライトをお好みの位置に
出典:makey.asia

次に、その上からラメ感のあるパウダーを重ねていきます。チークの上にそのまま重ねるだけでも大丈夫ですが、頬にラメ感をプラスするのが苦手な方や、ハイライト効果も出したいときには、目の下の三角ゾーン頬骨の高い位置Cゾーンに繋がるように入れてあげるのがオススメ。ぜひ自分に合った入れ方を試してみてください。

オススメコスメ

顔を白くせず、透明感をプラスしてくれるようなハイライト。4色をふわふわのブラシでぐるっとミックスしてのせることで、ソフトフォーカスをかけたかのようなナチュラルなふんわり感を楽しむことが出来ます。ラメ感が比較的控えめ普段使いもしやすいので、ナチュラルに顔色を明るくしたい方にオススメです。

先ほどのハイライトに比べるとややラメ感が強いフェイスパウダー。<>meホワイトパールの繊細な輝きと多色カラーで、透明感のある肌を演出することができます。ただ、ラメ感が強いので広い範囲には広げ過ぎず、出来るだけ輝きやラメが欲しい位置にだけピンポイントにのせるようにして、顔がギラつき過ぎないように注意してください。

淡いグラデリップにラメグロスをON♡

リップもチークと同じように、血色感とラメを別々に与えていきます。韓国っぽさを出したいので、リップは淡いピンク系でグラデーションにしてから、キラキラメイクになるようラメ感の強いグロスを重ねてあげましょう。

じゅわっとグラデリップに
出典:makey.asia

まずはファンデーションやコンシーラーで唇の色味を抑えてから、唇の内側から中央あたりまでにかけて、じゅわっとにじみ出る様なグラデーションになるようにリップをのせてはぼかす、という作業を繰り返してあげましょう。リップを塗る範囲が広すぎたりぼかし過ぎると、韓国っぽさを損なってしまうので、自分の唇に合わせてうっすらとグラデーションをつくってあげてください。

グラデリップができたら、上からラメがざくざく入ったグロスを重ねてあげましょう。できれば透明なグロスがいいですが、ない場合は淡いピンク系・ブルー系のカラーでも大丈夫です。グロスの量が少ないとラメがムラになったり弱くなってしまう場合があるので、たっぷりめにのせてあげてラメをしっかりと主張してあげましょう。

オススメコスメ

見る方向によって違う色に輝く多色ラメ入りのグロス。華やかだけどやり過ぎない輝きに仕上がるので、ラメグロスが初めてという方にも扱いやすいと思います。べた付かずサラッとしたテクスチャーで、たっぷりと塗っても液垂れしないようになっているので、今回のようにグロスをたっぷりとのせたいときにピッタリなグロスになっています。

ラメだけでなく、ニュアンスカラーへの変化も楽しむことが出来るグロス。かなりラメ感が強いので普段メイクで使いこなすにはちょっと慣れが必要ですが、今回のように遊び心のあるメイクをするときにはピッタリかと思います。使いやすいスパチュラタイプで、リップカラーの色味が混ざらないようにサッと拭き取ることが出来るので、衛生面を気にされる方にもオススメです。

夏は『キラキラメイク』にチャレンジ!

夏はキラキラメイクにチャレンジ♡
出典:makey.asia

これで『ちょい韓国風キラキラメイク』の完成です。カラーをほぼ使用せずにラメ感だけを主張した遊び心のあるメイク、メイクの中で遊びたくなる夏にピッタリなメイクになっています。ラメコスメさえあれば簡単に出来るので、ぜひ皆さんも夏にはこの『キラキラメイク』にチャレンジしてみてください♡

一緒に読まれるまとめ記事
まとめ記事に関するキーワード