MAKEY

2018/02/16 更新

かわいいだけじゃない!川口春奈さん風大人レディメイク方法紹介!

かわいいイメージの強い女優の川口春奈さん。今回はそんな川口さんがVOCE3月号で表紙を飾っていた大人レディなメイク方法をご紹介します。春らしいカラーをメインにつかっているので、今年の春はぜひこのメイクを取り入れてみてください♡

ちゃっぷ ちゃっぷ

大人レディな川口春奈さんもかわいい♡

女優・モデルとして活躍されている川口春奈さん。透明感のあるかわいい顔立ちが印象的で、Googleでは『川口春奈』と検索すると関連キーワードに『かわいい』と出るほどです!そんなかわいいイメージが強い川口春奈さんですが、2018年1月発売の『VOCE3月号』では、大人気のメイクアップアーティスト河北祐介』さんが提案した春メイクによって、大人の女性らしい色気漂う雰囲気に大変身しています!

今回はそんな川口春奈さんのように大変身したい方のために、川口春奈さん風大人レディメイク方法をご紹介します。VOCE3月号のメイクを参考にしながら、川口春奈さんのような透明感やかわいさも出る様なメイク方法になっているので、今年の春はカッコいい雰囲気も出したいという方、かわいいというより色っぽいと言われたい方にイチ押しのメイクです!

ポイントは蓬色×牡丹色

メイク方法ももちろん大切ですが、春らしい雰囲気も出すためにポイントとなるのがカラーです。目元には蓬(よもぎ)色口元には牡丹(ぼたん)色を持ってきて、春らしい雰囲気大人の女性らしい印象に仕上げるのが、今回のメイクのポイントです。

VOCE3月号ではデパコスを使っていますが、今回はドラッグストアでゲットできるプチプラコスメをご紹介していくので、デパコスは苦手という方やあまり使わなそうなカラーで不安な方でも、ゲットしやすくなるかと思います。興味のある方はぜひメイク方法に併せて、コスメもチェックしてみてください♪

キッチリふんわりハンサム眉に

アイブロウは目元のカラーに負けないようにハンサム眉にしますが、しっかりと書いてしまうと春っぽさがなかなか出ないので、あえてパウダーでふんわりとしたハンサム眉をつくるのがオススメです。カラーは明るすぎず髪色と同じくらいのアイブロウパウダーをチョイスして、眉がぼやけないように注意しましょう。

川口春奈
出典:makey.asia

まずは眉の下側を平筆でしっかりと書いてあげます。パウダーでも眉下のラインをしっかりと書いてあげることで、眉がぼやけずにキッチリとした印象に仕上げてくれます。眉尻側や毛の足りない部分は、このときに描き足してあげましょう。下のラインが描けたらブラシを下から上に向かって動かして、軽くグラデーションになるようにしてあげれば、アイブロウは完成です。

こちらのパウダーはカーキカラーがアクセントカラーとして入っており、他のカラーもカーキに合わせたカラー設定
になっているので、アイメイクのカーキと相性良く使いやすいようになっています。アクセントカラー以外に3色入っているので、単色使いだけでなく髪色に合わせて混ぜたり、丁度良いカラーに調節してあげることもできますよ。

蓬色をアイラインのようにON♡

川口春奈
出典:makey.asia

次にアイメイクです。アイシャドウのベースとして、肌なじみの良いピンクブラウンアイホール下まぶた全体に入れていきます。涙袋にも重ねて、目元に柔らかい深みをプラスしてあげます。メインの蓬カラーアイライナーブラシのような小さめなブラシに取り、目の際にアイラインを引くように細く入れていきます。これはくっきりとさせず、上に向かって軽くぼかして大人のヌケ感を演出していきます。

川口春奈
出典:makey.asia

アイラインとマスカラにはブラックを使いますが、あくまでも主役は蓬色なので主張し過ぎないようにします。アイラインはまつ毛の隙間を埋めるだけでも良いですが、これだけだと目元がぼやける場合があるので、下まぶた目頭1/3にもインラインだけ引いてあげると、主張せずに目元がくっきりと仕上がるのでオススメです。マスカラは整える程度に軽くで十分です。

プチプラのアイシャドウにはこちらがオススメです。肌なじみの良いピンクブラウンメインとなるカーキカラーも入っていますし、メイクの幅が広がりそうハイライトと締め色が入っているので、今回のメイクだけでなく秋冬やナチュラルなカーキメイクをしたいときに活躍してくれるかと思います。

こちらは繊維が入っていないタイプなので、まつ毛を自然にコーティングしてくれるようなマスカラになります。ロングやボリュームはそんなに出ませんが、セパレートが綺麗に出るので、アイシャドウのカラーを引きたてつつ上品な目元に仕上げてくれますナチュラルメイクや普段メイクでも活躍してくれるので、マスカラに悩んでいる方は1度試してみてはいかがでしょうか。

チークはなし!代わりにフェイスメイクを

メイクの主役はアイメイクとリップなので、チークは引き算するために抜きましょう。ただチークがないと顔がのっぺりとした印象になりやすいので、シェーディングやハイライトをしっかりと入れて、顔に立体感を与えてあげましょう。また川口さんの小顔や透明感を演出するためにも、フェイスメイクはとても重要な工程です。

シェーディングは数字の3を描くようにフェイスラインに入れ、あごのラインは特にすっきりとさせるためにしっかりと入れてあげましょう。シェーディングはしっかりと入れますが、主張が強すぎると春らしい雰囲気が出ないので、ぼかしながら入れて肌に馴染ませるのを忘れないようにしましょう。また、目元を引き締めるためにノーズシャドウも入れます。眉下から鼻筋につなげるように入れ、鼻の横に向かってぼかして馴染ませてあげます。

川口春奈
出典:makey.asia

ハイライトはツヤ・明るさを出すだけでなく透明感も出したいので、ブルーやパープル系がオススメです。Tゾーン、Cゾーン、頬骨の高い位置、あごなど、明るさとツヤがほしい所に入れてあげます。あとワンポイントで目頭辺りにもぽんっと入れてあげて、目元にも立体感と明るさを与えてあげましょう。

ハイライトはパウダーよりもクリームタイプの方が自然なツヤ感を演出できますし、最近追加された新色ラベンダーカラーになっているので、今回のメイクには特にピッタリかと思います。のせる時には指でぽんぽんっと叩き込みながら馴染ませ、ムラが出来ないように注意しましょう。

牡丹色でセクシーな口元を

最後にメイクのもう1つの主役であるリップを塗っていきます。リップは主役になるよう、高発色なものを選んであげるのがオススメですが、普段メイクにも使えるようにナチュラルにも濃いめにもできるようなリップを選ぶのが良いかと思います。

濃いめなカラーを塗るときには塗り残しやムラがあると汚く見えがちなので、口角や輪郭まで塗り残しがないように注意しましょう。まずは唇全体にリップを塗ってから、指でぽんぽんと叩き込んで馴染ませお好みの濃さになるまで何度か同じ工程を繰り返しましょう。輪郭がぼやけてしまったときは、輪郭だけ仕上げに塗り足してあげましょう。

オススメのリップはこちらです。クレヨン型になっているので、リップペンシルがなくても輪郭までくっきりと塗ることができます。保湿力が高く、軽く1度塗りするだけならナチュラルな発色に、何度か重ね塗りすれば高発色になるので、濃いリップカラーでも自分好みのカラーに調節しやすいですよ。

今年の春は大人レディなメイクも要チェック♡

川口春奈
出典:makey.asia

VOCE3月号の川口春奈さんを参考に、大人レディなメイク方法をご紹介しました。ちょっと濃いめな春カラーをメインにしながら、大人のヌケ感落ち着きのあるメイクになっています。春=かわいいメイクではな、今年の春はぜひこういったセクシーなメイクも取り入れてみてください♪

一緒に読まれるまとめ記事
まとめ記事に関するキーワード