「かわいい」を目指す女の子のためのメイク投稿サイト MAKEY(メイキー) おすすめのコスメや初心者にも分かりやすいメイクのやり方を紹介

2016/07/15

*まゆげ脱色方法*

Before / After

Before
After

メイクの手順

  • 1

    まず使用するものはこちら。 *エピラットの脱色クリーム(敏感肌用) *ワセリン *綿棒(適当な数) 緑のヘラと白のカップは脱色クリームについていました。

  • 2

    脱色クリームを1:1の割合で混ぜます。 私は気持ち、Bの方を多く入れています。 理由は、Aの方に強い成分が入っていると聞いたことがあるからです。 付属の緑のヘラでも、綿棒でもどちらでもお好きな方で混ぜてください*

  • 3

    クリームを塗る前にまゆげの周り、青色の部分にワセリンを塗ります。 脱色クリームは成分が強いので皮膚を守るために塗ります。

  • 4

    クリームを眉マスカラを塗るように塗ります。 逆毛を立てて毛の根元までしっかりクリームがつくように綿棒で丁寧にたっぷりとぬります。 ※これは目に入ると大変危険なものです。 くれぐれも目に入らないよう、丁寧に塗ってください。

  • 5

    塗るポイントとしては、毛が隠れるぐらいまでたっぷり塗ること。 クリームが均等に塗れていれば大丈夫です。 液垂れ防止のため、この上からコットンまたはサランラップをのせることをお勧めします。 経験上、サランラップを塗ると液の浸透率が心なしか上がっている気がしました。 そしてこのまま15分放置します。

  • 6

    15分ぐらい放置したら綿棒などで液を少し取って脱色具合を見ます。 まゆげの周りがヒリヒリしたりしみたりしてきたらそこで終わりにすることをオススメします。 ワセリンをしっかりと塗れば多少ヒリヒリは抑えられます。

  • 7

    液を取ってみると眉頭が脱色できてなかったためまた少しのせて放置。 私は15分では脱色できないことが多いため、様子を見ながら5分ずつおきながら調節しています。 調節する時間はそれぞれなので自分の体調と目の状態を見て決めましょう*

  • 8

    クリームを落とす際、目に入ると大変危険なのでティッシュまたは濡れティッシュ、コットンなどでしっかりクリームを拭き取ってから水で洗ってください。 これで脱色は完了です。 下の色は脱色されているのがわかりやすいかと思います。

前回の二重まぶたの作り方、沢山の方々に見ていただくことができて嬉しかったです。 皆様ありがとうございます( ᷇࿀ ᷆ )

関連するキーワード

眉毛 アイブロウ 脱色 眉毛脱色

かすみンさんの人気メイク方法

関連するメイク方法

関連するまとめ記事