「かわいい」を目指す女の子のためのメイク方法投稿サイト MAKEY(メイキー) おすすめのコスメや初心者にも分かりやすいメイク方法/やり方を紹介

2017/01/07 更新

ベースメイクの基本をチェック!やり方を抑えて上手に肌作り

メイクの基本、ベースメイク。でも意外と難しくて、思い通りにいっていない人も多いのでは。そんな時は、改めて基本を抑えてみましょう。きっといつもより綺麗な肌がつくれますよ♪


まずは保湿をしっかり

ベースメイクに限らず、お化粧のノリがどれだけ良くなるかは保湿にかかっています。乾燥肌では、どんなに高いコスメを使っても効果を発揮できません。毎日お風呂の後には、化粧水、美容液、乳液、クリームを欠かさずに。高いものをちびちび使うより、リーズナブルなものを潤沢に使う方がおすすめ。前日にパックをしておくと最もしっかり保湿されるので、特別な日は使ってみましょう。

メイクの前は、まずしっかり洗顔をします。お湯で毛穴を開かせ洗ったら、最後に冷水でしっかりと引き締めましょう。洗顔が終わったら、化粧水を数回に分けてぬりましょう。この時、肌をたたかずにゆっくりと手のひらで押し付けるようにすると良いですね。そして美容液、乳液をつければ、保湿は完了です。

下地を丁寧に

化粧下地を選ぶとき、一番大切なのは自分のお肌の状態・肌質をしっかり見極めることです。乾燥肌やオイリー肌、色味など、自分にあう下地は人それぞれです。乾燥肌の方は、保湿成分が含まれている下地を選びましょう。テカリや皮脂が気になる方は、オイルフリーのものがおすすめです。

自分に合う化粧下地を見つけたら、正しいぬり方でぬっていきましょう。まず手の甲に適量を出します。一般的にはパール粒ほどが適量ですが、念のためパッケージの裏側などの説明を確認してください。それを額、目の下にのせ、それより若干少ない量を鼻とあごにのせます。それを顔の中心から外側に向かうようにムラなく伸ばし、スポンジで全体を抑えましょう。この時、首にもぬると顔が白浮きしません。

BBクリーム・CCクリームはどう使う?

コスメ
出典:weheartit.com

化粧下地の代わりに、BBクリームやCCクリームを使う方も多いですね。しかしこの違いと特徴を、しっかり理解していますか?BBクリームのメリットは、カバー力の高さ。下地に加えファンデーションも入っているので、時間のない時はこれ1つでベースメイクを仕上げることも可能です。日焼け止めも入っているので、紫外線対策もばっちり。時間がない時やメイクが面倒な時は、これ一つで済ませましょう。

CCクリームはBBクリームほどのカバー力はありませんが、厚塗り感が出ずナチュラルな仕上がりになります。下地とコントロールカラーが入っているので、肌のくすみが気になる人にはうってつけでしょう。また、製品によっては日焼け止め効果があるものもあります。

ファンデーションをぬって完成

コスメ
出典:weheartit.com

一口にファンデーションといっても、その種類は様々あります。最も一般的なのは、パウダーファンデーションですね。油分が少なくパフを使うのでムラになりにくく、化粧直しも短時間で済みます。特にオイリー肌の人はパウダータイプを使うとテカりにくいので、おすすめです。パフにつけてポンポンと優しく肌にのせていってください。

コスメ
出典:weheartit.com

パウダー以外には、リキッドファンデーションがあります。これは密着率が高く、乾燥肌の人もカサカサしません。伸びが良くコスパも高いのが魅力です。また、クリームファンデーションも同じく乾燥肌さんにおすすめ。これは最も油分が多く、カバー力も非常に強いのが特徴です。ただし、この2つはテカりやすいので、最後にお粉をつけておいたほうがいいでしょう。

完璧なベースメイクを

ベースメイクのクオリティが上がれば、それだけでメイクの完成度がぐんと高まります。メイク慣れした大人の女性に見せることが出来るので、ぜひ基本を抑えておきましょう。まずは色々なコスメを試し、自分に合うものを探してみてください。

おすすめのベースメイクについてはこちら♡
一緒に読まれるまとめ記事
まとめ記事に関するキーワード