「かわいい」を目指す女の子のためのメイク方法投稿サイト MAKEY(メイキー) おすすめのコスメや初心者にも分かりやすいメイク方法/やり方を紹介

オルチャンメイク 基本の「き」

オルチャンメイクで重要なポイントは3つ!ベースメイク、アイメイク、そしてリップ!いつの時代も変わらないオルチャンの基本メイク、チークを使うときの注意点も一緒に、4つのポイントを一つずつ詳しく説明していきます!


ベースメイク編

オルチャンの肌といえば、白くて、もちっとしていて、透明感がすごい!そんな水々しい肌の作り方の第一歩は「十分な保湿」です。しっかりと肌にあった化粧水で保湿、そして乳液でフタをしてあげてください!乾燥する冬の朝は朝パックもオススメです。

夏もかなりのブームだった クッションファンデ。水分たっぷりで、実は秋冬もとっても使えるんです。美容液、保湿クリーム、化粧下地、日焼け止め、ファンデーション、コンシーラー、と盛りだくさんなクッションファンデは、朝少し調子の悪い肌にもしっかり馴染んでくれます。カバー力、保湿力、敏感肌用など、自分の目指したい肌に合わせて商品を選んでみましょう。優しくぽんぽんと肌にのせてあげるのがポイントです。

出典:jocee.jp

アイメイク編

オルチャン編アイライン

<アイライン>オルチャンのアイラインにももちろん色んな引き方がありますが、私がおすすめするのは王道の目尻を少し下げて「く」の字にするタイプです。目尻から斜め下に少し下げて、(目安としては涙袋の外側の高さまで)書きます。

出典:u2.m3q.jp

そのまま、外側のポイントから内側にある目尻に向かって、書きましょう。この時、ラインが滲みやすい方やウォータープルーフアイライナーをご使用でない方は濃いめのアイシャドウで書くことをおすすめします。又、瞼のラインを濃くする傾向はありますが、ナチュラルな雰囲気を目指す方は、細めに引いてください。

<マスカラ>アイメイクのポイントに持ってきているのがアイラインのため、オルチャンのマスカラは少し控えめになります。睫毛を上げるというよりは、まっすぐ、伸ばしてあげるイメージです。ですからビューラーで上げる必要はありません!下睫毛は黒目の下の部分だけに塗ることで、ナチュラルに仕上げることができます。上がり過ぎ、塗り過ぎには注意しましょう!

<眉毛>眉毛は顔の印象を決める大事な部分です!オルチャンメイクでは優しく、若いイメージを与える、「平行眉毛」が主流です。薄く、太く書くのがポイントです。先にアイブロウペンシルで、平行になる下部分の輪郭をかたどってあげるとより綺麗で丁寧な眉毛に仕上がります。ただし優しくふんわり仕上げるのに楽なアイテムはパウダーで、慣れれば時短にもなります。

出典:be-agent.jp

<涙袋>涙袋には目を大きく見せたり、小顔に見せる効果があります。尚、人に与える印象も眉毛同様、若いイメージ、優しいイメージです。涙袋メイクで何より大事にして欲しいのが、「影を作る」ことです。上記にある写真でも分かる通り、影が入ることによって涙袋の見え方が全然違います。ハイライトはもちろん大事ですが、影をしっかり作って、メリハリをしっかりさせましょう。涙袋は眉毛と違って、前髪で隠してごまかすことができません。慣れないうちはより丁寧に、時間をかけて練習してください。影を濃くしすぎると、不自然になってしまうので、綿棒でぼかしてあげてください。

チーク編

オルチャンメイクは、アイメイクとリップがポイントになります。そのためチークは入れなかったり、薄めにすることが多いですが、ピンクや赤のアクセントになるリップが似合わない方、唇にコンプレックスを持っている方、又は唇が乾きやすくティントなどが浮きやすい方には、代わりにチークに軽く色を入れてあげることをおすすめします。上の写真ではチークとリップの色をピンクで揃え 、統一感を出しています。チークを入れることによって、全体的に大人っぽく、色っぽい印象に仕上がっています。下の写真では、健康的なオレンジがかったコーラルのチークを薄めに入れることで、若さ、元気さを演出しています。こちらもリップを同系色にしていますね。

チークの入れ方のポイントとしては、骨に沿って、外側に向けて縦にチークを入れることです。目の中央から目尻の間で、目から1.5cm程開けた、頬骨の一番高い位置が一番濃くなります。ブラシを当てて上げると、そこが自然と丸く色づきます。色を濃く入れ過ぎない様、注意してください。

リップ編

オルチャンメイクでよくあるのが、真ん中が濃く、外側へじんわり広がる「グラデーションリップ」です。グラデーションリップを簡単に仕上げられるティントもたくさん出ていますが、普段使っているリップを使うこともできます!こちらでは、両方のやり方をご説明しますが、自分の唇の状態にあったリップをお使いすることをおすすめします。

オルチャンメイクリップティント

<ティント>まずティントを使用する際に考えて欲しいのが「乾燥」です。ティントは「落ちない」のが売りになっていますが、それは唇の水分を吸い取ることによって色を持続させます。

そのため保湿が必要になりますが、色を持続することを大事にする場合、先にティントをのせ、保湿用のリップはティントの上から重ねます。唇が乾燥しやすく、保湿を優先した場合、先に保湿用のリップをたっぷり塗ってください。

これにより、ティントはつきにくく、持続しにくくなりますが、唇の乾燥は防げます。リップの塗り直しが気にならない方は、このようにして、乾燥しやすい唇でもティントを使って、簡単に、綺麗に、グラデーションリップを仕上げることができます。

出典:stat.ameba.jp

オルチャンメイクのリップ口紅

<リップ(口紅)>私が既に持っているリップの使用をおすすめしたい第一の理由は、「使いにくい色も使える」からです。例えば、濃い赤や紫など、なかなか出番のないリップがグラデーションリップの時はとても可愛く使えるんです。ティントを持っていない方、普段使えていないリップがある方には是非一度挑戦して頂きたいです。

まず、発色を良くするために一番大事なのが、コンシーラーで元の唇の色を消してあげることです。これをすることによって、口紅のスティックで見たままの色を綺麗に出すことができます。リップ用コンシーラーは楽ですが、普段お使いのコンシーラーを使用することも十分可能です。

保湿用リップでしっかり保湿してから、コンシーラーを唇全体に塗り、上から指で叩くように馴染ませてください。グラデーションリップを自分で作るときの注意点は、輪郭に沿って塗らないことです。普段筆を使ってリップを塗っている方や、ペンシルで輪郭を描いている方は少し抵抗あるかもしれませんが、唇の内側から指でぼかす様に、ぽんぽん馴染ませてください。イメージとしては血色が唇の内側から滲み出ている感じです。

色を濃くしたい場合は唇の真ん中に色を足して、そこから外側に向けて馴染ませてあげれば良いので、いくらでも調節が効きます。自分にあった、好みの唇に仕上げてください。

誰でも簡単に真似できるオルチャンメイク

いかがでしたか?ポイントを抑えれば、オルチャンメイクはとてもやりやすく、可愛くなれるメイクです。目元にポイントをおいても、ナチュラルに見える、他のメイクにはなかなかない特別な魅力ももっています。どんな目の形をしていても、「く」の字は書ける!そんな人を選ばない素敵なメイク、是非試してみてはいかがでしょうか。

いま一番人気のオルチャンメイクをチェック♡
一緒に読まれるまとめ記事
まとめ記事に関するキーワード