「かわいい」を目指す女の子のためのメイク方法投稿サイト MAKEY(メイキー) おすすめのコスメや初心者にも分かりやすいメイク方法/やり方を紹介

ビジュアルが一番ならゴスロリメイクで決める☆

ゴシック的な黒を基調としたカラーに、ロリータ風のピンクや白で可愛い感じを加えたメイクは、今世界中を席巻しトレンドです。今回はそんな難易度の高いメイク方法を教えます。


ゴスロリって名称は何でついたの?

「ゴシックアンドロリータ」=通称「ゴスロリ」とは、もともとヴィジュアル系バンドのファンが始めたとされるファッションとヘアメイクです。黒をベースとした、宗教的なモチーフやビクトリア調の「ゴシック」と、白やピンクをベースにしたお姫様スタイルの「ロリータ」と相反する要素を組み合わせたものの総称が「ゴスロリ」です。

ゴスロリは、世界的なブームを呼んでいます。元々ゴシック調の世界観で映画を撮り続ける、ティム・バートン監督。映画「アリス・イン・ワンダーランド」ではゴスロリ趣味がいかんなく発揮されています。また、ファッション界でもゴスロリメイクのようなモデルが多数登場するなど、今もっとも熱いトレンドといえます。

ゴスロリはメイクが重要!

ハロウィンでの仮装も恒例になり、仮装だけにとどまらず街でもゴスロリの女の子をよく見かけます。そんなゴスロリファッションで大切なのはメイクです。しかし、濃くつけすぎてメイクの失敗率も高いゴスロリメイク。失敗しないテクニックはまず蒼白の肌です。ベースメイクはまず白肌を作りで、真っ白でお人形のようなマットな仕上がりがコツです。普段使っているファンデーションよりも2段階くらい明るめのものを用意し、下地にはコンシーラーでくすみを消して、リキッドファンデーションを濃く塗ります。

そして、普段のメイクで使うことがないドーランを使用。舞台化粧用の三善のグリースペイントやチャコットがオススメです。ドーランは、水で湿らせたスポンジだとよく伸びます。可愛く見せたいなら血色チークですけど、あえてチークを使わない蒼白顔はシェーディングのように、ブロンザーを鼻筋と顔の輪郭を後ろから前にのせると引き締まってみえます。こちらの方がより立体感のあるフォルムを出せます。

パッチリなドールアイに作りあげる♪

アイシャドウはスモーキーアイを作るため、グラデーションカラー3種類を使い分けます。始めからグラデーション用のシャドウだと簡単です。まずはベースとして目の周り全体に薄い色をしっかりと指でなじませていきます。次に、太めに眉尻から眉山にブラック系のラインを引き、眉頭と涙袋をシルバー系でラインを引きます。

目元にはリキッドタイプのアイライナー使い目尻を少し跳ね上げます。そして、上下のつけまつ毛はボリューム感のある長めのものを使い、仕上げは繊維入りのマスカラで整えます。最後は、茶色ではなく瞳が大きくみえる縁がある黒のカラーコンタクトを使用すればゴスロリ感が増します。

黒リップ1本でにじみ出るゴスロリ感♪

ゴスロリメイクといえば黒か真赤な唇でしょう。しかし、黒い唇のほうが一気にゴスロリ感が高まります。ゴスロリメイク全体で一番のキモは黒リップです。黒いリップは最近のトレンドなので、トーンも漆黒系から明るいものまで選びやすくなっています。

黒のリップで輪郭を描くことも、黒のアイラインを代用することができます。黒の口紅を唇の真ん中からベタ塗りし、きれいに広げて塗っていきます。また、黒リップがなければ黒のアイペンシルだけでも代用できます。

ハードル高いけど意外に可愛い?!

いかがでしたか?難しそうなゴスロリメイクですけど、意外と舞台メイク的な要素も取り入れつつ、立体感を重視したメイクです。すべては無理でもトレンドの黒リップだけでも取り入れてでチャレンジしてみて下さい。

1番人気のゴスロリメイクはこちら♡
一緒に読まれるまとめ記事
まとめ記事に関するキーワード