「かわいい」を目指す女の子のためのメイク方法投稿サイト MAKEY(メイキー) おすすめのコスメや初心者にも分かりやすいメイク方法/やり方を紹介

お呼ばれでも安心!誰でも簡単にできるパーティメイク

仕事帰りのお呼ばれやパーティは、オフ感を出すために、オンタイムと違ったメイクで華やかにしたいものです。しかし手直しにも時間はかけられませんよね。そこで手間をかけずにポイント直しで印象が変わる方法を教えます!


美しい肌がパーティメイクでも輝く⭐︎

パーティメイクで注目を浴びるのは、輝く肌のキレイさです。だから当日の朝は普段以上に、ベースから手間をおしまず崩れにくい仕上がりにしておきます。また、写真撮影なども多いのがお呼ばれの席。顔全体に濃淡をつけるシェーディングを施すこと。ファンデーション自体の濃淡まぜあわせて、外側と内側で塗り分けると崩れを防げます。

ベース作りのポイント

化粧下地からファンデーションをしっかりと塗りこみ、土台作りをしましょう。この時に注意して欲しいのが平たく塗らないこと。粉をはたく前に、ハイライトで鼻筋、目の外側のCゾーン、おでこの中央に立体感をだしておきます。これだと、パーティ中でも上からパウダーだけで化粧直しできて、キレイさがキープされます。

目元には明るさと立体感があるカラーをチョイス!

パーティメイクといえば、やはりアイメイクのカラーは華やかにしたいものです。その際に気をつけたいのは、アイメイクに比重を置くならリップのカラーは控えめにするなど、引き算を忘れないように。気合いが入るとついつい両方を強めのカラーになるので要注意です。

アイメイクのポイント

パーティ前の化粧は、普段のメイクにキラキラ感をプラスするだけ。まぶたの上に丸く指先にとって軽く置く感じで、ゴールドのシャドウやパールをプラスします。全体をきれいにぼかしながら塗ることです。できれば、下まぶたのパールも全体にいれることで、大人っぽいセクシーな目元とになります。

目を大きく見せたいならアイライナーを駆使しよう♪

アイシャドウはその日の服装のカラーにあわせると、顔の印象が服装とマッチします。ピンクや暖色系のカラーだと相性が良いのは、淡いピンク、ボルドーのカラー。青などの寒色系だとネイビーのアイカラーにするときれいにまとまります。お呼ばれの席での目元は、そこにパール入りを使用するだけで華やかさがでます。

アイラインのポイント

パーティメイクの真骨頂はデカ目です。時間もかけずにすぐできる方法があるんです。目頭の部分にラインを少しオーバーに引く整形級メイク。こうすることで、はっきりとした目鼻立ちに見えます。なんとオーバーに描くだけで、目の大きさが倍に見えるミラクル技。目頭にアイラインを0.5〜0.8ミリ程度いれます。引いたラインと繋がるように上のまぶたにもアイラインを、下瞼にも目頭0.8ミリほど入れ下ラインを繋げれば完成です。

口紅のカラー次第で注目を浴びる♪

女性の顔のパーツの中で唇は重要な役割を果たしています。唇にリップを塗ってない場合は2秒足らずで視線が終わるのに対し、真っ赤な口紅の場合だと平均7秒以上も視線を集めます。注目を集めたいなら、赤みをプラスして。だけど、赤い口紅はインパクトがある分、ベタ塗りはマイナス効果。適度な艶とシアーな雰囲気のものを選んで下さい。

リップのポイント

口紅の塗り方って雑になりがちです。しかし丁寧に塗ることで全く印象が変わります。口角から1cmの下唇のアウトラインにラインを引くと、口角が上がって見え可愛らしさは倍増します。また、唇の立体感を出すなら、上唇の山にハイライトをひと塗りするとぷっくり唇に変身します。

時間をかけずに少しの工夫で華やかに♪

普段のメイクに、少しだけ華やかさを取り入れたらできるパーティメイク。それだけで、劇的にイメージチェンジすることがわかりましたね。しかし、やり過ぎは禁物なので、引くメイクも入れて上手く仕上げましょう。

1番人気のパーティメイクはこちら♡
一緒に読まれるまとめ記事
まとめ記事に関するキーワード