「かわいい」を目指す女の子のためのメイク方法投稿サイト MAKEY(メイキー) おすすめのコスメや初心者にも分かりやすいメイク方法/やり方を紹介

2018/08/26 更新

バレない学校メイク さりげなく盛れる♡学校用ナチュラルモテメイクのポイントとおすすめコスメ

学校にもメイクをしていきたいけれど、ばれないか心配…とお悩みではないですか? 学校メイクは校則に引っかからない程度のナチュラルな仕上がりなので、先生にばれることもありません。 今回は絶対バレない学校メイクのポイントとやり方、おすすめのナチュラルコスメをご紹介します!


バレずに盛れる♡学校モテメイクのポイント

【ベースメイク】ポイントカバーで作るすっぴん風肌

寝坊裸眼学校メイク
出典:makey.asia

ベースメイクは面積が広い分、しっかり塗るとすぐにばれてしまいます。
顔全体にメイクするのではなく、気になる部分だけカバーすることを意識しましょう。
下地に日焼け止めを使い、上からスキンケアパウダーやベビーパウダーを重ねるだけでもナチュラルにカバーできます。

【アイブロウ】ティント+パウダーでナチュラルに

ナチュラルアイブロウ
出典:makey.asia

眉メイクはすっぴんに見える程度にふんわり優しい眉を目指してメイクします。
元々眉のボリュームがある場合はパウダーのみでシンプルに仕上げます。
眉が薄い方や少ない方は、アイブロウティントで下地を作った上からパウダーで仕上げるとナチュラルです。
ペンシルアイブロウやリキッドアイブロウを使うとばれやすくなるので注意しましょう。

【アイメイク】インライン・ツヤまつ毛・カラコンで盛る

アイメイク ナチュラル
出典:makey.asia

アイメイクは最もばれやすいパーツです。
特にアイシャドウとアイラインは極薄く仕上げないとしっかりメイクしている感が出てしまいます。
ナチュラルなブラウンのカラコンとまつ毛メイクで盛ってぱっちり目を作りましょう。
色味やラメを控えめに仕上げるとすっぴん風になります。

【リップメイク】色つきリップorティントで艶を出す

色付きリップ ナチュラル
出典:makey.asia

リップは自分の唇に近いナチュラルなピンクのものを選びましょう。
色つきのリップクリームを使うと自然な仕上りに、ティントリップを使うとツヤのある仕上がりになります。
普段から小まめに保湿をして、色素沈着や乾燥を防止することも大切です。

【チーク】クリームチークをふんわりぼかす

学校メイク ふんわりチーク
出典:makey.asia

チークもリップと同様、ナチュラルなベビーピンクや肌なじみの良い色を使います。
パウダーは落ちやすいので、一日色持ちをキープできるクリームチークや、伸びの良いリキッドチークがおすすめ。
上からパウダーを薄く重ねれば肌に馴染んでバレない仕上がりになります。

学校メイクのやり方 すっぴん風ベースメイク

日焼け止めかBBクリームを塗る

日焼け止め BBクリーム
出典:makey.asia

下地の代わりに、白い液体タイプの日焼け止めまたは自然な色味のBBクリームを使用します。
白い日焼け止めは自然に顔色をトーンアップしてくれます。
BBクリームを使う場合はすっぴん風の仕上がりがコンセプトに作られたナチュラルを選びましょう。
気になる部分に点置きし、指やスポンジで叩きこんで馴染ませます。

コンシーラーでクマやくすみをカバー

コンシーラー カバー
出典:makey.asia

コンシーラーは伸びが良く密着度の高いリキッドタイプを使用します。
ある程度下地でカバーできているので、どうしても気になる部分だけカバーしていきます。
目の下、唇周りのくすみ、小鼻など気になる部分に少しだけ乗せてスポンジで叩きこみましょう。
仕上げに優しくハンドプレスすると肌に密着して馴染みが良くなります。

スキンケアパウダーをふんわり重ねる

スキンケアパウダー
出典:makey.asia

仕上げのパウダーはマットで粉質の柔らかいものを選びましょう。
スキンケアパウダーやベビーパウダーを使うと乾燥防止にもなり一石二鳥です。
クリアタイプまたはホワイトのものを使うとナチュラルに仕上がります。
ベージュや色付きのパウダーを使う場合は、厚塗りにならないようブラシで薄くぼかします。

これひとつで毛穴レスの美肌を作れるBBクリーム。
微粒子パウダー配合でべたつかずさらっとした質感に仕上がります。
薄付きなのに気になる肌トラブルをしっかりカバーし一日キープ。
時間がない朝でもさっと塗るだけで自然なマット肌が完成。

デパコス並みにカバー力のある優秀コンシーラー。
すっと伸びで気になるくすみや毛穴をしっかりカバーしてくれます。
乾きが早く重ね塗りしてもナチュラルな仕上がり。
プチプラコンシーラーの中でも特におすすめしたいアイテムです。
デパコス並みにカバー力のある優秀コンシーラー。
すっと伸びで気になるくすみや毛穴をしっかりカバーしてくれます。
乾きが早く重ね塗りしてもナチュラルな仕上がり。
プチプラコンシーラーの中でも特におすすめしたいアイテムです。

肌トラブルをソフトにカバーしてくれるスキンケアパウダー。
メイクの仕上げとしても、お風呂上りのスキンケアとしても使えます。
微粒子パウダーが毛穴を埋めて、すっぴん風のナチュラル肌を演出。
ふんわりローズの香りで女子力もアップ。

学校メイクのやり方 ナチュラルアイブロウ

前日にアイブロウティントを仕込む

アイブロウティント
出典:makey.asia

ティントは朝ではなく前日の夜など時間をたっぷりとれるときに仕込みましょう。
自眉が生えている部分からはみ出さないように塗り、放置時間が過ぎたら洗い流します。
パックタイプ、リキッドタイプどちらを使ってもOKです。
通常は髪色より明るめの色を選びますが、学校メイクの場合は髪色に合わせた色を使うとすっぴん風に仕上がります。

パウダーで眉の中を埋める

アイブロウパウダー
出典:makey.asia

パウダーは色をミックスして使えるパウダータイプがおすすめです。
眉頭は少し開けて、眉尻に向かってパウダーを乗せていきます。
眉の中を埋めるイメージでブラシを動かしてぼかしたらすっぴん風眉の完成です。

最大5日間色が続くパックタイプの眉ティント。
眉に塗って15分放置するとすっぴん風の自然な眉に。
学校メイクはもちろん、ナチュラルメイクや時短メイクに最適です。
黒髪なら暗めのダークブラウンがおすすめ。

アイブロウとノーズシャドウがセットになったパレット。
3色をミックスすることで、自分の眉にあったカラーを作れます。
パウダーなのにしっとり肌に密着し、ふんわりナチュラルな眉が完成します。
明るいカラーはノーズシャドウにも。

学校メイクのやり方 ポイントで盛るアイメイク

瞳に馴染むカラコンを付ける

瞳に馴染むカラコン
出典:makey.asia

カラコンはサイズとデザインの選び方が重要です。
瞳の色に近いブラウンまたはブラックのもので、フチがぼかしてあるデザインを選びましょう。
着色直径は目の横幅(目頭から目尻の終わり)の半分を目安に選ぶと自然な目元になります。
アイメイク前に装着し、バランスを見ながら他の工程を仕上げましょう。

明るいアイシャドウをアイホールに広げる

クリームシャドウ ナチュラル
出典:makey.asia

肌なじみの良いベージュ系やホワイトのアイシャドウがおすすめです。
マットまたは極小ラメのナチュラルなものを使い、目元に明るさを出すイメージで薄く広めにぼかします。
締め色を入れるとばれやすくなるので、シンプルに単色で仕上げます。

ブラックのアイライナーでインラインを引く

インライン 粘膜ライン
出典:makey.asia

アイラインは瞼の上に引かずに、粘膜ラインで目の輪郭をさりげなく強調します。
ペンシルアイライナーやジェルライナーを使って、上瞼の粘膜全体にしかりと入れましょう。
ブラックやダークブラウンを使うとまつげが密集しているように見えてぱっちり目になります。

まつ毛をカールしてクリアマスカラを塗る

学校メイク クリアマスカラ
出典:makey.asia

学校メイクの場合はまつ毛メイクで目を大きく見せるので、丁寧に行いましょう。
ホットビューラーを使ってしっかりまつ毛をカールし、クリアタイプのマスカラを塗ってコームで解かします。
自まつげが少ない場合はナチュラルなロングマスカラを1塗りした後にクリアマスカラを重ねて整えましょう。

マットなヌーディーカラーが揃ったアイシャドウパレット。
ナチュラルメイクからしっかりメイクまで、アレンジ次第で幅広く使えます。
ベージュ系カラーは瞼にすっと馴染み、明るい目元を演出します。

落ちにくく滑らかに描けるペンシル型のジェルライナー。
体温で溶けるようにするすると引けて、瞼にぴったり密着します。
濃密に発色しくっきりした目元に仕上がります。
ウォータープルーフタイプなので粘膜ラインなど落ちやすい場所におすすめ。

まつ毛にツヤをプラスするクリアタイプのマスカラ。
マスカラの下地やトップコートとして使えば持ちがアップ。
すっぴんまつ毛にさっと塗るだけで、ばらつきを整えセパレートした美まつ毛が完成します。

学校メイクのやり方 ピュアなうるツヤリップ

リップクリームでしっかり保湿

リップクリーム 保湿
出典:makey.asia

リップメイクは自分の唇の色が透けるくらいナチュラルなものを使います。
どのリップを使う場合でも、メイク前にリップクリームやヴァセリンで保湿して乾燥を防止しましょう。
くすみや血色の悪さが気にならなければリップを塗らなくても十分です。

色つきリップやティントを塗る

色付きリップ
出典:makey.asia

色つきのリップクリームはさっと塗るだけで自然な血色をプラスしてくれます。
学校でも塗り直ししやすく、保湿効果で乾燥防止になるのでおすすめです。
ティントリップを使う場合は、スパチュラで唇に点置きした後指で馴染ませます。
軽くティッシュでオフするとメイクしているのに自然な唇に仕上がります。

名前の通りほんのり色付いて自然な血色を演出するリップクリーム。
色つきなのに保湿力が高く、メイク中も唇に潤いを与えます。
UVカット機能付きなので紫外線予防もばっちり。
唇に馴染むナチュラルカラーで毎日使いたくなるアイテム。

とろみのあるシロップ状のティントリップ。
付けた瞬間、唇にじゅわっと馴染みすっぴんのようなナチュラルリップを演出します。
時間が経つほど鮮やかに発色するのでメイク直しいらず。
食事をしても落ちにくく、ほどよいツヤ感のある唇が続きます。

学校メイクのやり方 ふんわり血色チーク

クリームチークを指で広げる

学校メイク チーク
出典:makey.asia

リップと同系色のクリームチークを、頬の上に点置きして指で広げます。
頬の高い位置が一番発色しているように仕上げると、フレッシュで明るい表情を作れます。
クリームチークは発色が良いため、広く薄くぼかすことを意識して仕上げましょう。

フェイスパウダーを重ねて馴染ませる

フェイスパウダー チーク
出典:makey.asia

クリームチークを塗ったらすぐに、ベースメイクで使用したパウダーを重ねます。
厚塗りにならないように大きめのブラシを使ってふんわり乗せましょう。
パフで乗せる場合は軽く粉を落してから使うと付き過ぎ防止になります。
パウダーを重ねることでチークの発色が抑えられ、肌から浮き出たような血色が完成します。

チークとリップどちらにも使えるクリームカラー。
肌に溶け込むように馴染み、自然な血色を演出します。
滑らかなテクスチャーなのにべたつかず、メイク後はサラッとしたテクスチャーに変化。
美容液成分が乾燥を防止し、潤いのある艶肌が持続します。

ナチュラルな血色を演出できるリキッドタイプのチーク。
さらっとしたテクスチャーで伸びが良く、薄付きですっぴん風の仕上がりに。
肌に密着してふんわりした血色が長時間続きます。
パウダーチークの下地に使えば発色と持ちがアップします。

学校メイクでクラスのマドンナになろう♡

学校用ナチュラルメイク
出典:makey.asia

いかがでしたか?
校則の厳しい学校でも、今回ご紹介した方法ならばれずにさりげなくメイクを楽しめますよ!
ご紹介したコスメは学校メイクにぴったりなアイテムばかりなので、ぜひチェックしてみてくださいね!

一緒に読まれるまとめ記事
まとめ記事に関するキーワード