「かわいい」を目指す女の子のためのメイク方法投稿サイト MAKEY(メイキー) おすすめのコスメや初心者にも分かりやすいメイク方法/やり方を紹介

2018年最新オフェロメイク!トレンドの取り入れ方とメイク術・ALLプチプラおすすめアイテム

色気たっぷりの大人っぽい表情になれるおフェロメイク。 2018年もツヤ肌作りを特に意識することでトレンドを抑えた仕上がりになります。 今回は最新おフェロメイクのポイントとやり方、プチプラコスメをまとめてご紹介します!


おフェロメイクとは?2018年のトレンド

おフェロメイクとは?

ヘルシーおフェロメイク
出典:makey.asia

おフェロメイクは、おしゃれでフェロモンたっぷりなメイクという意味で生まれたメイク方法です。
普通のナチュラルメイクと比べると色っぽく、お風呂上りのような湿度を感じる仕上がりが特徴。
全体的にツヤ感を重視し、アイメイクよりもチークやリップの血色感を強調します。
特にクリームチークはおフェロメイクをする上で欠かせないアイテムです。

2018年は透明感のある「肌作り」が特に重要

ツヤ ベースメイク
出典:makey.asia

ここ数年トレンドとなっている艶肌は2018年も引き続き人気を集めています。
おフェロメイクの場合はよりツヤや透明感を意識してメイクしていきましょう。
リキッドファンデーションにオイルを混ぜたり乳液でしっかり保湿をして崩れない生肌を作れば、ポイントメイクが映えて色っぽい仕上がりになります。

これさえ押さえればOK!おフェロメイクのポイント

自眉を生かしたナチュラル眉

アイブロウ ナチュラル
出典:makey.asia

眉メイクはあえて自眉毛のカタチや質感を生かしてナチュラルに仕上げます。
通常はアイブロウペンシルでしっかり眉尻のカタチを作りますが、おフェロメイクの場合はパウダーのみで短めの眉を作ります。
ペンシルを使っていないのでふわっとした質感で優しい雰囲気になります。
アイメイクをシンプルに仕上げる分、いつもよりやや太眉に仕上げると目力がアップします。

ツヤシャドウで作るシンプルアイメイク

ラメ強め色薄めのアイメイク
出典:makey.asia

アイラインで大きく見せるのではなくアイシャドウのツヤ感で目元全体の存在感を出しましょう。
アイシャドウはツヤ感の出るクリームシャドウやラメ入りシャドウを使います。
アイラインとマスカラはブラウン系でまとめてシンプルにまとめましょう。
女性らしいピンク系シャドウや赤チークを目元に使っても可愛い仕上がりになります。

にじみ出たような色っぽいチーク

おフェロチーク
出典:makey.asia

チークはおフェロな雰囲気を出すためにとっても重要なパーツです。
赤みの強いクリームチークをしっかり発色するようにぼかして、内側からにじみ出たような質感を演出しましょう。
頬の真ん中よりもやや上(目の近く)に入れるとより色気のある眼差しになります。

ジューシーなふっくらツヤリップ

おフェロリップ
出典:makey.asia

リップはチークと同系色のものを使うとまとまりが出ます。
シアーな発色のティントリップやクリームチークを使ってグラデリップを作りましょう。
チークと同様しっかり発色させた方が色っぽい仕上がりになります。

おフェロメイクのやり方 艶肌ベースメイク

化粧水+オイルでスキンケア

化粧水 スキンケア
出典:makey.asia

おフェロなベースメイクは薄付きで艶のある仕上がりがベストです。
艶肌は時間が経つとテカったり崩れやすいため、事前に丁寧なスキンケアでお肌を保湿しておきましょう。
いつものスキンケアよりも多めに化粧水を使いハンドプレスしたら、美容オイルを顔全体に浸透させます。
付けすぎるとテカリの原因となるため、薄く伸ばして手のひらで馴染ませるようにお肌へ染み込ませましょう。

リキッドファンデorBBクリームを薄く塗る

BBクリーム 塗り方
出典:makey.asia

お肌の色むらをカバーするために、薄付きのファンデーションを顔の中心部分だけに乗せていきます。
顔全体に均一に塗ってしまうとのっぺりして見えたり、時間が経ったときに崩れやすいため注意しましょう。
カバーしたい部分が少なければファンデーション無しでハイライトのみでもOKです。

ハイライトクリームを仕込む

ハイライトクリーム
出典:makey.asia

パール感のあるハイライトクリームを頬、顎、鼻筋、額にのせて薄く伸ばします。
ハイライトは広範囲に広げすぎるとテカってみえがちなのでなるべくポイントを絞って乗せましょう。
クリームタイプのハイライトはぼかしやすくさっとのせるだけで簡単に艶肌を作れます。
スポンジなどは使わず指で軽く滑らせるように馴染ませましょう。

コンシーラー・フェイスパウダーで仕上げる

コンシーラー フェイスパウダー
出典:makey.asia

どうしても気になる肌トラブルのみコンシーラーでカバーしていきます。
そばかすや多少のクマなどはあえて残しておいた方がおフェロメイクに合ったすっぴん風ツヤ肌になります。
伸びが良いリキッドタイプのコンシーラーを使い、指で叩き込むようにぼかしましょう。
仕上げにヨレやすい部分のみフェイスパウダーをごく薄くのせて完成です。
パウダーハイライトを使うとツヤ感を損なわずに崩れを防止出来ます。

おフェロメイクのやり方 ナチュラルアイブロウ

パウダーアイブロウを眉にのせる

パウダーアイブロウ
出典:makey.asia

パウダーのみでナチュラルな眉を書きたいので、3色入りのアイブロウパウダーを用意します。
付属のチップではなく、眉専用のブラシを用意しておくと綺麗に仕上がります。
眉頭から指1本分あけた部分から、毛の流れに逆らうようにブラシを動かします。
眉全体ではなく、下側を埋めるイメージでパウダーを乗せるとナチュラルに仕上がります。

眉頭と全体をぼかして仕上げる

アイブロウ 書き方
出典:makey.asia

眉尻までパウダーを乗せたら、ブラシに残ったパウダーで眉頭をふんわりぼかします。
眉頭に濃い色が乗っていると野暮ったい印象になってしまいますが、最後に仕上げることでふんわりとした眉になります。

おフェロメイクのやり方 シンプルアイメイク

ラメ入りクリームシャドウを瞼に塗る

クリームシャドウ ラメ
出典:makey.asia

肌なじみの良いホワイトやピンク、ベージュ系のラメ入りクリームシャドウをアイホール全体に広くぼかします。
ナチュラルな色なので広範囲に広げてもケバくならず目元に立体感が出ます。
次にピンク系のアイシャドウを二重幅にぼかし、色っぽい目元を作ります。
目力が足りないと思ったら、締め色のブラウンをアイラインのように入れましょう。
下瞼にはピンク系のクリームシャドウや、クリームチークを涙袋全体に薄くぼかします。

ブラウンアイライナーでまつ毛の間を埋める

ブラウン アイライン
出典:makey.asia

アイライナーは明るめのブラウンを使い、黒目の上あたりから目尻のみ均一に引きます。
上瞼全体にアイラインを引くよりも抜け感が出ておフェロな眼差しになります。
まつ毛の隙間を埋めるイメージで引き、目尻は目の輪郭に沿って自然に横幅を拡大します。

根本にマスカラ+クリアマスカラで艶を出す

ナチュラルマスカラ
出典:makey.asia

マスカラはブラウン系のロングタイプを使用します。
毛先まで塗らず、根本に太さを出すように塗り、コームでダマを解かしましょう。
上からクリアマスカラを均一に塗ることで、ナチュラルなのに存在感のあるまつ毛になります。
上まつげが終わったら下まつ毛も同様に仕上げましょう。

おフェロメイクのやり方 じんわりチーク

目の下に濃いめに入れる

おフェロ チーク
出典:makey.asia

クリームチークを指に取り、頬骨の上にそって置きl指で叩きながら伸ばして馴染ませます。
最初は少な目に塗り、理想の発色になるまで重ね塗りしましょう。
付けすぎてしまったら擦らずに上からフェイスパウダーを重ねると自然に馴染みます。

2種類のクリームチークを使う

おフェロ チーク
出典:makey.asia

ピンクとレッド2種類のクリームチークを使うとテクニックが無くてもふんわりとした血色に仕上がります。
まずは少し広い範囲にピンク系のチークを、一番発色させたい部分にレッドのチークを使います。
顔の内側から外側に向かって薄くなるようにぼかしましょう。

おフェロメイクのやり方 ジューシーリップ

最初に保湿+グロスを塗っておく

唇の保湿
出典:makey.asia

リップメイクは通常グロスを最後に付ける場合がほとんどですが、おフェロメイクの場合は最初に使うことでジューシーな仕上がりになります。
乾燥防止のためにリップクリームやワセリンを塗った後、グロスを唇全体に薄く伸ばします。
上からリップカラーを重ねるため、使用するグロスはクリアタイプがおすすめです。

濃いめに発色するルージュを塗る

おフェロリップ
出典:makey.asia

高発色のティントやしっかり色付く口紅を、唇の内側にのせて外側に向かってぼかします。
グラデーションを作ることで立体感が出て色っぽい仕上がりになります。
使用する色はチークやアイメイクに合わせたピンクやレッドを選びましょう。

仕上げにグロスを塗って艶を出す

リップグロス おフェロ
出典:makey.asia

グラデリップが出来たら、色落ち防止と艶だしのために上からグロスをたっぷり重ねます。
クリアグロスはもちろん、ラメ入りグロスやシアーな発色の色付きグロスを使ってもOK。
唇の中央を多めに乗せるとふっくらしたボリューミーな唇になります。

おフェロメイクに最適!プチプラ優秀コスメをチェック

オフェロメイクにぴったりなリキッドタイプのチークカラー。
さらっとしたテクスチャーで肌にするすると伸び、ナチュラルな血色を演出。
ツヤのある仕上がりなのにべたつきがなく、キープ力も抜群です。
パウダーチークの下地として使うのもおすすめ。

プチプラクリームチークの中でも定番のアイテム。
滑らかなテクスチャーで、内側からぽっと浮き出たようなおフェロな血色に仕上がります。
肌に馴染ませるとさらさらした質感に変化し、見たまま鮮やかに発色します。

グロスのようなツヤ感を楽しめるアイシャドウパレット。
クリームカラーをベースに、パウダーカラーを明るい順に重ねるだけで立体的なツヤメイクが完成します。
ゴールドラメが上品に輝き、思わず見とれてしまうような色っぽい目元を演出します。
重ね方によってナチュラルメイクと華やかなメイクどちらも楽しめるアイテム。

エアリーで美しいロングまつ毛を作れるマスカラ。
配合されているファイバーがとても軽いので、たっぷり付けてもカールをキープ出来ます。
伸びが良いサラッとしたテクスチャーなのに、乾くとまつ毛に密着して滲まずキープ。
滲みにくいのに、お湯でさっとオフ出来てまつ毛にも優しいアイテム。

すっぴんのようにナチュラルな仕上がりのリップグロス&トリートメント。
まるで体温が上がったような色っぽいツヤ感のある仕上がりになります。
付けている間に色素沈着やくすみを改善し、本来の美しい唇へと導きます。
さっと塗るだけでぷっくりした血色リップが完成。

ツヤを意識してトレンドのおフェロメイクを楽しもう♡

おフェロメイク 2018
出典:makey.asia

いかがでしたか?
今年はツヤとシンプルな仕上がりを意識することでトレンドを押さえたおフェロメイクになります。
肌作りは丁寧に、アイメイクは程よく引き算してリップやチークで鮮やかな血色をプラスしましょう。
今回ご紹介した方法とプチプラアイテムを使ってぜひおフェロメイクを楽しんで下さいね!

一緒に読まれるまとめ記事
まとめ記事に関するキーワード