「かわいい」を目指す女の子のためのメイク方法投稿サイト MAKEY(メイキー) おすすめのコスメや初心者にも分かりやすいメイク方法/やり方を紹介

夏に大活躍!おすすめの『ベビーパウダー』活用法6パターンを紹介♡

汗や皮脂による肌のべたつきが気になる夏に活躍してくれる『ベビーパウダー』。今回はそんなベビーパウダーを幅広いシーンに活用する活用法と、おすすめのベビーパウダーについてご紹介していきます。興味のある方はぜひ参考にしてみてください♡


夏は汗やべたつきが気になる…

はどうして強い日差しや湿気で蒸して、汗をかきやすく肌のべたつきが気になりますよね。制汗剤やさっぱりシートなどを持ち歩いているという方は多いかもしれませんが、ボディー用・顔用・髪用などいくつもの制汗グッズを持ち歩くのは不便、面倒だなと思ったことはありませんか?

今回はそんな方におすすめの、1つ持っておくだけで夏に大活躍する『ベビーパウダー』活用法についてご紹介していきます。ボディ・顔・髪などパーツを問わず、また、日中・夜間などの時間も問わず様々なシーンで活躍してくれるので、1つ持っておいて損はないかと思います。最後にはおすすめのベビーパウダーについてもご紹介しているので、興味のある方はぜひ参考にしてみてください♡

ベビーパウダーとは…?成分や効果は…?

そもそもベビーパウダーとは、基本的には赤ちゃんの『あせも』や『おむつかぶれ』を予防するために使用するパウダーです。『タルク』と呼ばれる鉱物を粉末状にしたものを主成分につくられており、そのパウダーが汗を吸い上げて蒸発を促すことで、肌の摩擦やムレを軽減する作用・効果があるそうです。

デリケートな赤ちゃんのお肌にも使えるように、シンプルで肌に優しい処方になっているので、肌荒れが気になりやすい敏感肌さんにも使いやすいということで、最近ではメイクや美容の中で取り入れている方も増えております。ただ、肌に優しい処方だからと、ベビーパウダーで洗顔やパックをすると「ニキビ予防になる」「いちご鼻がなくなった」という口コミもありますが、医学的根拠はなく人によっては悪化させてしまう可能性もあるそうです。

また、べたつきが気になるからとベビーパウダーを塗り過ぎてしまうと、逆に汗が蒸発する邪魔になってしまう場合があるので、塗り過ぎや間違った使い方には注意が必要です。また、正しい使い方をしていても人によってはアレルギー反応が出てしまったり、ニキビや肌荒れの悪化につながってしまう可能性もあるので、そういった際はすぐに使用を中止して、お近くの皮膚科医に相談することをおすすめします。

①フェイスパウダーとして

フェイスパウダー代わりに
出典:makey.asia

定番の活用法として、BBクリームやファンデーションを塗り終わった後に、ベースメイクの仕上げに重ねる『フェイスパウダー』代わりに使用する方法があります。汗や皮脂をしっかりと抑えながら乾燥はせず、色は付かないのでカバー力はありませんが、その分、肌トーン・メイク・ファンデーションを問わずに、どんな時にも使用できるのが魅力的。また、粒子の細かいパウダーをふんわりと肌にのせることができるので、ナチュラルにキメの整ったふんわり肌に仕上がります。

ベースメイクの仕上げとしてだけでなく、メイク直し用のフェイスパウダーとしても活躍してくれます。メイク直しの時に色のついたパウダーを重ねると、厚塗り感が出るのが気になるという方には、こういった色のつかないパウダーをふんわりと重ねてあげると、しっかりと皮脂は抑えながら厚塗り感は出にくいのでおすすめ。ただ、ベビーパウダーには基本的にUVカット効果がないので、日焼け止めは別でしっかりと塗っておくかUVカット効果のある下地やファンデーションは必須ですね。

②リップに重ねてマットリップ風に

普段使っているリップの上からベビーパウダーを重ねれば、ツヤや油分を抑えて簡単に『マット風リップ』に仕上げることが出来ます。「マットリップが似合うか不安」「市販のマットリップに気に入るカラーがない」という時には、こうすればお気に入りのカラーで手軽にマットな質感を楽しむことができるので、マットリップ初心者という方でも挑戦しやすいかと思います。

ただ、口元にパウダー状のものをのせるとどうしても乾燥しやすくなってしまうので、リップカラーを塗る前にリップクリームやリップベースを塗って、しっかりと保湿をしておくことをおすすめします。また、のせ過ぎるとパウダーが白っぽく浮いてしまう場合があるので、少量を指やチップに取ってぽんぽんっと軽くのせていくようにしましょう。

③アイメイクのヨレ防止に

アイメイクのヨレ防止
出典:makey.asia

アイメイクを始める前に、アイシャドウベース代わりに目元にしっかりとのせておくと、アイシャドウが二重線に溜まったり、皮脂と混ざってヨレてしまうのを防止するだけでなく、アイラインやマスカラの滲み防止にもつながるので、目周りはサラサラの状態にしておくのがおすすめです。ただ、のせ過ぎると乾燥してしまうので、のせ過ぎには注意してください。

また、アイシャドウの前にパウダーを仕込んでおくと、アイシャドウがぼかしやすくなるので、キレイなグラデーションをつくりやすくなります。さらに、マスカラを塗る前にパウダーをのせてから余計な粉を払っておくと、まつ毛に付いた水分をベビーパウダーが吸い取ってくれるので、まつ毛の重さが軽減されカールキープにも繋がります。アイメイクについてお悩みの方は、ぜひベビーパウダーを試してみてください。

④ナイトパウダーとして

メイク中だけでなく、スキンケアやお風呂上りのべたつきをおさえるための『ナイトパウダー』としても使用することが出来ます。しっかりと保湿したいからと乳液やクリームを重ねていると、どうしても肌表面にべたつきや油分が残ってしまいますが、そこにパウダーを重ねることでサラサラの状態にすることができるので、「髪の毛が顔に付いて気になってしまう」「べたつきが服や寝具に移るのが気になる」という方にはナイトパウダーをおすすめします。

また、ベビーパウダーはコスメというよりはスキンケアに近い成分になっているので、寝る前に落とさなくてもつけたまま寝ることが出来るのも魅力的。お泊りデートやお家デートなどですっぴんはイヤだけどガッツリメイクは…という時にも。寝ている間にほこりや繊維が顔について肌トラブルの原因になるという方にも、顔表面にパウダーで薄い膜を張っておくと安心して就寝することができるかと思います。

⑤制汗剤代わりに

制汗剤代わりに
出典:girlydrop.com

顔・身体問わずに使用できるので、ボディ用の『制汗剤』代わりとしても使用することが出来ます。家を出る前に汗が気になりやすい脇・首筋・背中・太ももなどに仕込んでおくと、サラサラの状態をキープしてくれるので、気温の高い時にも汗染みやべたつきを気にせず心地よく過ごすことができますよ。

また、外出中に汗やべたつきを抑えたい時にも同様にのせるだけで、サラッとした状態にすることができます。制汗シートだとゴミが出てしまい、制汗スプレーだとサイズが大きくなりやすくカバンの中でかさばりがちですが、ベビーパウダーならばゴミも出ず、薄くコンパクトに持ち歩くことができるので、小さなカバンやポーチでも持ち歩きやすいのも魅力的。

⑥前髪のべたつき防止!

顔や首に汗をかいていると髪がべたっとついてしまったり、オイリーな重さや束感が出てしまったりするのが気になるときには、前髪や後れ毛にパウダーを叩いてあげるとサラッとした状態になるので、髪の毛もサラサラ仕上げにすることができます。こちらは人気美容系Youtuber・会社員Aちゃんも動画内で紹介していたおすすめの活用法です。

前髪のべたつき防止
出典:girlydrop.com

やり方はとても簡単で、パフや手のひらにパウダーを適量取って気になる部分にしっかりとはたいてから、指やクシで余分な粉を払って整えてあげるだけでOK。雨の日や湿気が気になるときや、デートやお出かけでオイリー前髪にしたくない!という時には、ぜひ試してみてください。

おすすめのベビーパウダー5選!

最後にプチプラでゲットできる、おすすめのベビーパウダーを5選ご紹介していきます。ドラッグストアで気軽にゲットしやすいものばかりになっているので、気になるものがあればぜひゲットしてみてください。

あせも・ただれ・おむつかぶれ・股ずれを防ぎ、赤ちゃんの肌を健やかに保つベビーパウダー。パウダーの飛び散りが少ない固形タイプになっているので、パウダーの粉飛びが気になる方やベビーパウダーを持ち歩きたいときにも便利ですよ。ふわふわのパフも付属されているので、買ってすぐに使用することが出来るのも魅力。ほんのりと甘いバニラっぽい香りも癒されますが、コスメや基礎化粧品の香りが苦手な方は注意が必要かもしれません。

こちらも、同じ飛び散りにくい固形タイプになっています。さらに、携帯しやすく取り出しやすいコンパクトタイプになっているので、ささっとメイク直ししたいときにも便利かと思います。無香料なのも香料が苦手な方にはうれしいですね。ただ、先ほどのものよりも薄くスポンジのようなパフになっているので、もしかしたら少しムラになりやすいかもしれません。

こちらはルースタイプで、よりふんわりと仕上げやすいようなベビーパウダーになっています。持ち歩きにはやや不便ですが、メイクの仕上がりにふんわりと重ねたい方や、お好みの容器に詰め替えて使用したい方にはこちらの方が使いやすいかと思います。ボトルに入ったシェイカータイプもあるので、お好きなタイプをチョイスしてみてください。

こちらもルースタイプですが、他の物とは違いUVカット効果があるので、メイクの仕上げとしてもメイク直しの時にも使いやすいのが特徴。色は付きませんがべたつきを抑えてサラサラ仕上げにしながら、透明感のあるワントーン明るい肌に仕上げてくれます。SPF20・PA++とUVカット効果はそこまで高くありませんが、軽いお出かけの時には十分かと思います。

皮脂吸収パウダーと皮脂調節ミネラルパウダーの2種のパウダーが、テカリの元となる皮脂と汗をしっかりとコントロールしながら、赤ちゃんのようなすべすべ肌を演出するルースパウダーです。通常のベビーパウダーよりも皮脂や油分をしっかりと抑えてくれるので人気ですが、韓国ブランドで日本では取り扱い店舗が少ないので、地域によってはゲットしにくいのが難点。

ベビーパウダーで夏も心地よく♡

ベビーパウダーで夏も心地よく
出典:girlydrop.com

いかがでしたでしょうか。夏に活躍してくれる『ベビーパウダー』活用法についてと、おすすめのベビーパウダーについてご紹介しました。ベビーパウダーはドラッグストアでプチプラにゲットできるのに、様々なシーンで幅広く長く活躍してくれるので、1つ持っておいて損はないかと思います。ぜひ、ベビーパウダーで夏にもサラサラな肌で心地よく過ごしましょう♡

一緒に読まれるまとめ記事
まとめ記事に関するキーワード