「かわいい」を目指す女の子のためのメイク方法投稿サイト MAKEY(メイキー) おすすめのコスメや初心者にも分かりやすいメイク方法/やり方を紹介

清潔感と崩れにくさを両立!大人っぽい『オフィスメイク』のやり方♡

オフィスメイクでは人に好印象を与えるような清潔感と、メイク直しの手間を減らすような崩れにくさを両立させることが重要!今回はそんな2つを両立させながら、大人っぽい雰囲気に仕上げる『オフィスメイク』のやり方をご紹介していきます。プチプラコスメだけでも簡単にできるので、ぜひ参考にしてみてください♡

ちゃっぷ ちゃっぷ

清潔感が重要な『オフィスメイク』

清潔感と崩れにくさ、時短を両立したい!
出典:girlydrop.com

お客様や上司に好感を持たれるためにも、オフィスメイクでは『清潔感』が重要になってきます。また、なかなかメイク直しをできない時のためにも、出来れば帰宅までキレイな状態をキープしつつ、朝のメイク時間は減らしてくれるようなメイクが理想的ですよね。

オフィスメイクのやり方紹介
出典:makey.asia

今回はそんな方向けに、清潔感と崩れにくさを両立させた、大人っぽい『オフィスメイク』のやり方をご紹介していきます。老若男女問わず好感を持たれるような、ベーシックでナチュラルなメイクなので、どんな職種の方でも取り入れやすいようなメイク方法になっているかと思います。プチプラでゲットできるおすすめコスメについてもご紹介しているので、興味のある方はぜひ参考にしてみてください♡

薄付きにしっかりとカバー!

ベースメイクは薄くしっかりカバー
出典:makey.asia

ベースメイクは適度に素肌感が残るように薄付きにしながら、気になる肌トラブルはしっかりとカバーして、清潔感のあるナチュラル美肌に仕上げていきます。ベースメイクを薄付きにすることは、清潔感を演出するだけでなくメイク崩れ防止にも繋がるので、カバーしたいからと重ねすぎず、全体的に薄く仕上げてあげるのがポイントです。

ファンデーションは薄付きで時短にも仕上がる、クッションファンデーションがおすすめです。別でブラシやスポンジを用意しなくても付属のパフで叩き込んでいくだけで、簡単に薄く均一に広げることが出来るので、今回のメイクにピッタリ。のせるときには顔がのっぺりとしないように、毛穴やくすみの気になりやすい顔の中心部分だけにのせて、顔の外側にはほぼのせないようにして自然な立体感を演出してあげましょう。

気になる部分はコンシーラーでカバー
出典:makey.asia

ファンデーションが薄付きだと、どうしても目の下のクマニキビ跡などの濃い肌トラブルはカバーしきれないので、そういう部分はカバー力の高いコンシーラーでピンポイントにカバーするようにしましょう。肌トラブルが気になる部分にだけのせ、指やスポンジを使って叩き込むように馴染ませれば、厚塗り感を出さずにしっかりと肌トラブルをカバーすることができますよ。

おすすめのクッションファンデーションがこちら。保湿・日焼け止め・下地・ファンデーションの4役をこなし、うるおいを与えながら立体感のあるツヤ肌仕上げに。薄付きなのに気になる部分はしっかりとカバーしてくれるので、肌荒れが気になるときにも、毎日使いにも万能に使いやすいかと思います。

肌馴染みの良いクリームチークをON♡

パウダーをのせる前に、クリームチークを仕込んでいきます。クリームチークの方が肌に密着させやすく、スポンジでぽんぽんっと叩き込むだけで自然に馴染んでいってくれるので、時短をしたいときにも、メイクを長時間キープしたいときにもおすすめです。カラーはできるだけ自分の肌トーンに合った、肌馴染みの良いピンク系カラーをチョイスしてあげましょう。

チークは高すぎても低すぎても不自然なので、オフィスメイクの時には頬骨の高い位置から頬骨に沿って、自分の顔型に合った自然な位置に入れてあげることをおすすめします。チークは可愛い印象にするのではなく、顔に最低限の血色感を与えるようにふんわりと入れてあげると、年配の方にも好印象を与えることが出来ますよ。

パウダーをしっかりと
出典:makey.asia

クリームチークをのせ終わったら、フェイスパウダーを顔全体にはたいてセットしてあげましょう。パウダーをはたくことで余計な皮脂や油分を抑え、メイク崩れを防止してくれるので、べたつきやメイク崩れが気になる部分には特にしっかりとのせてあげてください。ただ、パウダーをしっかりとはたき過ぎると顔が粉っぽく厚塗りに見えやすいので、仕上げにフェイスブラシでくるくると磨くようにして、余分な粉を払いながら肌に馴染ませてあげるのがおすすめです。

おすすめのクリームチークがこちら。落ちにくいティント処方になっているので、まるで肌の内側からにじみ出る様なうるツヤほっぺ長時間キープすることができます。手を汚さずに肌にのせることができるスポンジも付属されているので、スポンジを別で用意する手間がないのも魅力的ですよね。

アイブロウペンシルのみでしっかりと

オフィスメイクの時には眉尻までシュッと整った眉に仕上げたいので、アイブロウペンシルのみでしっかりとつくっていきます。できるだけ普段から元の自眉毛を育てて、メイクの時に自眉毛を軽く整える程度で済むようにしておくと、毎朝のメイク時間短縮につながるのでおすすめです。

基本的に眉毛は眉尻側や眉の下側がしっかりとしていれば、全体的に整っている風に見せることが出来るので、書き足すときにはそこを重点的に描くようにしましょう。毛を1本1本書き足すように描いてから、スクリューブラシで軽くぼかしつつ毛並みを整えてあげれば、アイブロウは完成です。

髪色が明るい方眉の野暮ったさが気になる方は、仕上げに眉マスカラも塗ってあげると、アイブロウパウダーがなくてもふんわりとした仕上がりにすることができます。ただ、地肌についたりマスカラ液が固まって付くと悪目立ちしやすいので、ティッシュなどで余分な液量を調節してから、軽いタッチで塗っていくようにしましょう。

おすすめのアイブロウペンシルがこちら。ペンシルで細かい部分まで描きやすく密着させやすいのに、パウダーのようにふんわりとした仕上がりにもできるので、ペンシル1本で自然な眉に仕上げることが出来ます。アイブロウペンシルはお好みで大丈夫ですが、できればスクリューブラシが付属されているタイプをチョイスした方が、別でブラシを用意する手間が減るのでおすすめですよ。

アイメイクはラメ感&アイライン控えめで!

ナチュラルに
出典:makey.asia

アイメイクはできるだけ主張し過ぎないように、ラメ感の強いアイシャドウや主張したアイラインは避けるようにしていきます。ただ、控えめだけどしっかりと目元をパッチリと仕上げられるように、自然な陰影だけはちゃんと演出してあげるのがポイントです。

ナチュラルなブラウン系で淡いグラデーションに
出典:makey.asia

アイシャドウはラメ感が控えめな肌馴染みの良いブラウンカラーをチョイスして、淡いグラデーションをつくっていきます。まずはベースとしてハイライトカラーを上下まぶた全体に入れて目元を明るくさせてから、淡いブラウンをアイホール全体にささっとのせていきましょう。最後に、もう少し濃いめのブラウンを上下目尻1/3くらいにぽんぽんっと軽く入れてからぼかしてなじませてあげれば、縦にも横にも大きなお手軽グラデーションの完成です。

アイラインでインライトと目尻側を
出典:makey.asia

アイラインもアイシャドウ同様に主張したくないので、目元を引き締める程度に軽くにしていきます。まつ毛の隙間を埋めるようにインラインを引いてから、目尻側は5㎜くらいはみ出すイメージで、少しだけ伸ばしてあげましょう。目幅キッチリだとデカ目効果が出しにくいので、少しだけはみ出してあげることをおすすめします。

マスカラで目元を主張
出典:makey.asia

アイシャドウとアイラインが控えめな分、マスカラはしっかりとカールさせて主張していきます。ビューラーで根元からしっかりとまつ毛をカールさせたら、ロングタイプのマスカラを塗っていきましょう。ただ、不自然に伸びすぎると他のパーツとのバランスが取りにくくなってしまうので、繊維が入っていない自然に伸びてくれるようなマスカラをチョイスすることをおすすめします。

おすすめのアイシャドウがこちら。自然なショコラカラー絶妙なソフトマット質感で、深みのあるヌーディーな目元に仕上げる5色セットのアイシャドウパレット。しっとりとしたテクスチャーでまぶたにピタッと密着してくれるので、指だけでも簡単にのせることができますよ。気分でラメ感や濃さを調節しやすいようなアイシャドウになっているので、メイク初心者の方にもおすすめです。

リップはピンク系のスティックがおすすめ♡

最後に、リップにはチークにのせたカラーと同系色のピンクを塗っていきます。忙しすぎてメイク直しが出来ない時にも、帰るまで最低限の血色感をキープしてくれるような『ティント効果』、塗り直しもしやすいような『保湿効果』を1本で済ませつつ、べたつかないスティックタイプをおすすめします。

リップは焦って塗ると口角からはみ出してしまったり、縦ジワや皮むけに入り込んで色ムラの原因になりやすいので、落ち着いて唇の体温で溶かすようにゆっくりと左右に広げていき、輪郭からはみ出してしまった部分は素早くティッシュや綿棒で取り除くのがポイントです。メイク直しのときにもできれば鏡を確認しながら、落ち着いて塗り直すようにしましょう。

おすすめのリップがこちら。これ1本でルージュの発色・ティントの色モチの良さ・オイルの軽さとツヤを叶えて、色気のあるピュアな口元を楽しむことが出来ます。ピンクゴールドの上品で大人の女性らしい落ち着いたデザインになっているので、ファッションや小物のカラーを問わず、どんな時にも持ち歩きやすいようなサイズ感・デザインも魅力的ですよね。

『オフィスメイク』で美容も仕事も頑張って♡

これで大人っぽい『オフィスメイク』の完成です。人に好印象を与える様な清潔感と、メイク直しがなかなかできない忙しい日にも、キレイな状態をキープできるような崩れにくさを両立させたメイクになっています。できるだけメイク工程や手間も減らした時短にもつながるメイク方法になっているので、毎日のメイクが面倒と感じる方にもイチオシです。ぜひオフィスメイクにはこのメイクで、毎日キレイに仕事も美容も頑張りましょう♡

一緒に読まれるまとめ記事
まとめ記事に関するキーワード