「かわいい」を目指す女の子のためのメイク方法投稿サイト MAKEY(メイキー) おすすめのコスメや初心者にも分かりやすいメイク方法/やり方を紹介

2018/06/23 更新

塗り方で変わる♡『パウダーファンデーション』の特徴&使い方紹介!

『パウダーファンデーション』は「厚塗り感が出る」「粉っぽくなる」!?それは塗り方が間違っていたのかもしれません!今回は時短で美肌に仕上げてくれる『パウダーファンデーション』の特徴と使い方についてご紹介していきます。ぜひ参考にしてみてください♡


厚塗り感が出る…?粉っぽい…?

ファンデーションというと最近はリキッドファンデーションが主流ではありますが、意外とおすすめしたいのが『パウダーファンデーション』。パウダーファンデーションは「厚塗り感が出る」「粉っぽくなる」というイメージが強く避けている方が多いですが、それは使い方を間違えていたせいかもしれませんよ!

今回はそんなパウダーファンデーションの魅力に気付いていない方向けに、『パウダーファンデーション』の特徴と使い方についてご紹介していきます。メリットだけでなくデメリットについて、パウダーファンデーションの仕上がりを変えてくれるツールについて、美肌に仕上げるためのベースメイク方法について、そして最後には、プチプラでゲットできる人気のパウダーファンデーションについてもご紹介していきます。興味のある方はぜひ参考にしてみてください♡

『パウダーファンデーション』のメリット!

まずはパウダーファンデーションの魅力・メリットについてご紹介していきます。他のリキッドファンデーション・クリームファンデーションとは全く異なった特徴があるので、こういうのがほしかった!という方は多いのではないでしょうか。

フェイスパウダーいらずで時短に

パウダーファンデーションはその名の通り『パウダー状』になっているファンデーション。のせ終わった後にフェイスパウダーを重ねなくても肌をサラッとした仕上がりにしてくれるので、メイクの時短に繋がります。また用意するコスメが少なく済むので、できるだけメイクにお金を掛けたくないという方にもうれしいですね。

手を汚さずにメイクが完成!

他のファンデーションだと、ファンデーションを手に出してから顔にのせていくという手間がありますが、パウダーファンデーションだと直にスポンジやパフに取ってのせることができるので、手を汚さずにファンデーションをのせることができます。スマホやコスメなどにファンデーションが付いてしまうのが気になる方、爪の間に入り込むという方にもおすすめですよ。

持ち歩きしやすい

基本的にミラー付き・パフ収納付き・薄型なパウダーファンデーションは、小さなポーチやカバンの中でも場所を取らず入れることが出来るので、持ち歩き用のコスメとしてピッタリ。持ち歩くコスメを減らしたい方、メイク直しの仕方に悩んでいる方は要チェックです!

メイク直しが簡単

パウダーファンデーションは、カバー力や密着力が他のファンデーションよりもやや劣る分、メイクの崩れ方が汚くなくキレイに落ちていってくれるので、メイク直しをすることで簡単に綺麗な状態に戻すことが出来ます。長時間キープを求めている方には不向きかもしれませんが、メイク直しで綺麗な肌をキープしたい方にはおすすめです。

『パウダーファンデーション』のデメリット

次にパウダーファンデーションのデメリットについてご紹介していきます。人によってはメリットに感じる部分も、どうしても人によってはデメリットに感じてしまう場合があるので、デメリットも理解した上で、自分に合っているかどうかを検討してみてくださいね。

乾燥しやすい

パウダーファンデーションはどうしても粉末でつくられているので、皮脂をしっかりと抑えてくれる反面、乾燥しやすい傾向があります。乾燥肌さんや乾燥が気になる場合には、スキンケアでしっかりと保湿しておくこと、化粧下地に保湿力の高いモノをチョイスすることをおすすめします。

カバー力の調節が難しい

リキッドファンデーションに慣れていると、カバー力が物足りなかったり厚塗り感が気になったりと、カバー力の調節が難しいかもしれません。ただ、慣れてしまえばカバーしたいところはしっかりとカバーし、薄付きにしたいとことにはふんわりとのせることが出来るので、1つのパウダーファンデーションでどんなメイクにも対応しやすくなりますよ。

メイク崩れしやすい

メリットの時にも紹介しましたが、リキッドファンデーションに比べるとどうしても密着力が劣るので、少しメイク崩れが気になりやすいかもしれません。ただ、崩れ方が汚くなりにくくメイク直しでささっと直すことができるので、メイク直しをする余裕があるときにはそこまで気にならないかと思います。

仕上がりはツールで変わる!

パウダーファンデーションはツールを変えることで仕上がりがガラッと変わってくるので、自分に合ったツールを使用することがとても大切になってきますよ。今回はそれぞれのツールでパウダーファンデーションをのせると、どんな仕上がりになるのかご紹介していきます。

パフ

パフはパウダーファンデーション購入時に付属されていることが多いので、新しくツールを購入しなくても済むのが魅力的。しっかりと皮脂やテカリを抑えてくれるので、比較的マットに仕上がります。力の加減でカバー力に違いが出るので、慣れるまでは厚塗り感が出てしまったり、カバー力不足を感じてしまうかもしれません。

スポンジ

スポンジは仕上がりがパフと似ていますが、色々なサイズ・形のものがあり力加減を調節しやすく、安くでたくさんゲットすることが出来るので、ある程度使用したら使い捨てにできるので、衛生面を気にされる方や、ツールを洗うのが面倒という方にもおすすめですよ。

ファンデーションブラシ

毛の密度が高いファンデーションブラシは、毛穴をしっかりと埋めつつ薄付きでナチュラルに、マットにし過ぎずツヤ肌に仕上げることもできます。また、力加減を気にせずムラなく簡単に広げることが出来るので、パフ・スポンジが難しいという方、ナチュラルメイクがお好きな方にはブラシをおすすめします。

パウダーブラシ

ファンデーションブラシよりも柔らかいブラシを使用すると、顔全体にふんわりとのせることができるので、パウダーファンデーションをフェイスパウダー代わりに使用することが出来ます。毛穴は埋めることが出来ますが、カバー力は他ののせ方に比べて少し劣るので、カバー力を求めている方には他ののせ方をおすすめします。

ツールを使う時には、使用後のお手入れを忘れないようにしてください。ツールにはコスメ・皮脂・汗・ほこりなどの汚れが付着して、そのまま放置すると雑菌が繁殖して仕上がりに影響が出たり、肌荒れの原因になってしまう場合があるので、必ず専用の洗剤で清潔な状態を保つようにしましょう。

順番が重要!ベースメイク方法

次に、パウダーファンデーションを使ったベースメイク方法をご紹介していきます。他のファンデーションを使用するときとは順序が変わってくるので、綺麗な肌に仕上げるためにも間違えないように注意してください。

化粧下地

化粧下地
出典:makey.asia

まずは最初に化粧下地を塗っていきます。パウダーファンデーションを使用する時には、顔の凹凸や毛穴をしっかりと埋めて肌表面をなめらかにべたつきのないサラッとした状態にするものをチョイスすると、ファンデーションをムラなく均一に広げやすくなるのでおすすめです。塗り過ぎたりべた付くもの塗ってしまうと、ムラの原因になってしまうので気を付けてくださいね。

コンシーラー

コンシーラー
出典:makey.asia

次にファンデーションをのせる前に、コンシーラーをのせていきます。パウダーをのせた後に油分のあるものをのせてしまうと、密着力・カバー力低下・ムラの原因になってしまうので、パウダーをのせる前にしっかりと仕込んでおきましょう。

パウダーファンデーション

パウダーファンデーション
出典:makey.asia

最後に顔の中心から外側に向かってパウダーファンデーションをのせていきます。パフやスポンジならば力を入れずに滑らすように、ブラシならば毛穴を埋めるようにブラシをくるくると動かしながらのせていきましょう。小鼻や目の下など細かいところまで塗り残しのないように、スポンジを折り曲げたりブラシの角度を変えてしっかりとのせてあげてください。これでベースメイクが完成! 少ないステップでサッと済ませることが出来ますよ。

人気のプチプラ『パウダーファンデーション』3選!

プチプラでゲットできる人気のパウダーファンデーションを3選ご紹介していきます。カバー力の高いモノから素肌感の残るナチュラルなものまであるので、ぜひ自分に合ったパウダーファンデーションをゲットしてみてください。

プロが仕上げたようなきめ細かい美肌に仕上げるパウダーファンデーション。毛穴・色ムラ・ニキビ跡を自然にカバーしながら、素肌のような軽やかな透明感を演出してくれます。カラーは全4色展開色白さん向けのカラー展開になっているので、肌が白くて合うファンデーションがないと悩んでいる方にもおすすめですよ。

時間が経っても透明感のあるなめらかな肌をキープするパウダーファンデーション。シミやくすみはしっかりカバー 余分な皮脂は吸着スーパーヒアルロン酸で保湿毛穴落ちも防いでくれるので、お値段以上の実力を発揮してくれますよ。500円程度とかなり安くゲットすることができるので、はじめてのパウダーファンデーションとしても挑戦しやすいと思います。

テカリ・毛穴・肌トラブルが目立たないサラサラ肌を長時間キープしてくれます。ふわふわとした仕上がりなのにしっかりと肌に密着してくれるので、メイクモチが良いのが魅力的。ケース込みで2000円以上とプチプラにしてはやや高めではありますが、化粧下地不要で用意するコスメが少なく済むので、かなりコスパは良い方だと思います。

ぜひ『パウダーファンデーション』で美肌に♡

いかがでしたでしょうか。『パウダーファンデーション』の特徴と使い方についてご紹介しました。今回の記事で、少しでもパウダーファンデーションの魅力に気付く方が増えてくれたらうれしいです。ぜひパウダーファンデーションで時短に美肌仕上げを楽しんでみてください♡

一緒に読まれるまとめ記事
まとめ記事に関するキーワード