「かわいい」を目指す女の子のためのメイク方法投稿サイト MAKEY(メイキー) おすすめのコスメや初心者にも分かりやすいメイク方法/やり方を紹介

クマはメイクで隠す!プチプラコスメで出来る『種類別クマの隠し方』紹介♡

目元やお顔の印象を左右する『目の下のクマ』。今回はそんな目の下のクマをメイクでキレイに隠す『種類別クマの隠し方』についてご紹介していきます。オススメのコンシーラーについても紹介しているので、ぜひそちらも参考にしてみてください♡


気になる『クマ』…!

メイクの中でも「しっかりと隠したい!」と思っている方の多い『目の下のクマ』。クマがあるだけで、顔色を悪く見せてしまったり、お疲れ顔・老け顔の原因になるので、出来る限りしっかりとカバーして、健康的で可愛らしい目元にしたいですよね。しかし、ただファンデーションやコンシーラーをのせるだけでは、キレイにカバーしにくいのが難点…

今回はそんな方向けに、クマをメイクでキレイにカバーする『種類別クマの隠し方』をご紹介していきます。自分のクマを理解し、何を重ねればキレイにカバーすることが出来るのか、プチプラでゲットできるオススメのコスメについてもご紹介していくので、クマに悩んでいる女性の参考になるかと思います。気になる方はぜひチェックしてみてください♡

自分のクマは『茶クマ』『青クマ』『黒クマ』…?

一口に『クマ』と言っても、『茶クマ』『青クマ』『黒クマ』と種類があり、それぞれで原因やキレイにカバーするためのコスメ・隠し方も変わってきます。まずは自分のクマがどれなのか理解することから始めていきましょう。見分け方は簡単で、鏡さえあれば自分ですぐにチェックすることが出来るので、ぜひ試してみてください。

まず、目の下を『あっかんべー』をするイメージで軽く引っ張ってみて、クマが薄くなったと感じる場合は『冷え・寝不足・目の酷使などによる血行不良』が原因の『青クマ』。次に、鏡はそのままに顔だけ上を向けたときにクマが薄くなったと感じる場合は、『顔のむくみ・たるみなどによる目元の影』が原因の『黒クマ』。そのどちらでもクマに変化がない場合は、『紫外線や摩擦による色素沈着』が原因の『茶クマ』の可能性があります。

目周りの皮膚は薄くデリケートなので、生活習慣・乾燥・刺激などの負担によってクマは結構簡単にできてしまいます。今回はすぐクマを隠すために、メイクでカバーするやり方をご紹介していきますが、時間がかかっても良いから元からクマを治したい・薄くしたいと考えるのであれば、それぞれのクマができる原因を改善するために、生活習慣やスキンケアを見直してあげることをオススメします。

『茶クマ』は『肌色に近いカラー』でカバー!

種類毎に分けて、クマをキレイにカバーするためのポイントをご紹介していきます。まず、『茶クマ』をキレイにカバーするためには、できるだけ『肌色に近いカラー』をチョイスしてあげるのがポイント。茶クマに濃いカラーやコントロールカラーを使用すると目元の影っぽくなりやすく、明る過ぎるカラーを使用すると茶クマをカバーできないだけでなく、肌に馴染まず浮いて見えてしまうのでNG。自分の肌色とほぼ同じくらいか、少しだけ明るいくらいがBEST<です。

気になる部分にだけピンポイントにのせて
出典:makey.asia

コンシーラーをのせる時には、クマが気になる部分にだけピンポイントにのせるようにしましょう。肌色に近いカラーを広めに広げてしまうと、厚塗り感が出やすく隠してます感が出てしまうので、茶クマとそうでない部分の境目を分からなくするようにカバーしてあげると、厚塗り感なくナチュラルだけどキレイにカバーすることが出来ます。

『青クマ』は『オレンジ・ピンク系』で青みを軽減!

次に『青クマ』をキレイにカバーするためには、『オレンジ・ピンクがかったカラー』をチョイスしてあげるのがポイント。青クマを軽減するためには反対色となるオレンジ・ピンク系が適しているので、カラーニュアンスのあるコンシーラーをチョイスするか、コンシーラーを塗る前にコントロールカラーを仕込んであげるのがオススメ。丁度良いコンシーラー・コントロールカラーが見つからない場合には、クリームチークや赤リップで代用してもOKです。

三角ゾーンに広めに
出典:makey.asia

のせる時には目の下に少し広めにのせてあげて、顔の中央にしっかりと血色感と明るさを与えてあげるのがポイントです。顔の中央三角ゾーンに、クマが気になる位置から3本の線を引くように広げてから、しっかりと肌に馴染ませてあげましょう。カラーをしっかりと発色させるというよりも、顔の内側からにじみ出る様な血色感を仕込むようにしてあげると、肌をキレイに仕上げてくれます。

『黒クマ』は『明るいカラー・パール』で飛ばして!

次に『黒クマ』をキレイにカバーするためには、『肌色より明るいカラー・パールが入っているカラー』をチョイスするのがポイント。黒クマは目元の影が原因で出来るクマなので、ハイライト効果もあるような明るいカラーをのせて、光で影を飛ばしながら肌のハリ感を演出してあげる事をオススメします。ただ、ラメ感の強いものをのせるとアイシャドウが崩れたように汚く見えてしまう場合があるので、ラメ感のあるものは避けるようにしましょう。

ハイライトをのせる位置にも
出典:makey.asia

のせる時には目の下だけでなく、Tゾーン・Cゾーン・あご先など、ハイライトをのせる位置にものせてあげて、顔全体にハリとツヤを与えてあげると、クマを飛ばしながらイキイキとした健康的な肌に仕上げる事が出来ます。のせ過ぎるとメイク崩れの原因になってしまったり、テカリのように見えてしまうので、明るく見せたい位置にだけぽんぽんっとのせるようにしてあげましょう。

クマを綺麗に隠すためのコツ!

まだクマをカバーしきれないという方向けのコツもご紹介していきます。難しいテクニック不要簡単にできるので、強いクマにお悩みの方、人気のコンシーラーを使ってみても効果が得られない、と悩んでいる方はぜひこちらをチェックしてみてください。

コンシーラーを触り過ぎない

目の下のコンシーラーをカバーする時にはぽんぽんっと叩き込むのが基本ですが、肌に馴染ませようと触り過ぎていませんか? コンシーラーを触り過ぎるとせっかく肌にのせたものが指やスポンジに移って薄れてしまうので、のせた位置は触り過ぎないようにしながら、コンシーラーの周りを肌に馴染まるようにぼかしてあげるのがポイントです。

スポンジで余計な油分をOFF

このままだとコンシーラーと肌との密着が甘くすぐに取れてしまうので、密着力を高めながら余計な油分を取るために、仕上げにスポンジでぽんぽんと叩き込みながら馴染ませてあげましょう。このひと手間で仕上がりもモチも変わってくるので、ぜひ試してみてください。

チークをちょい高めに♡

チークをちょい高めに
出典:makey.asia

次にコンシーラーでカバーするのではなく、チークでクマを目立ちにくくしてくれるやり方です。チークをクマにかかるくらい高めの位置にふんわりとのせてあげると、顔に明るさを出しながらクマの色味を抑えてくれるので、コンシーラーだけではなくぜひチークののせ方も試してみてください。高めのチークが苦手という方は、チークの境目がクマにかかるくらいでも大丈夫なので、いつもより少し高めにしてあげるのがオススメです。

プチプラでゲットできるオススメコンシーラー3選♡

最後にプチプラでゲットできるオススメのコンシーラーについてもご紹介していきます。乾燥しやすい目の下に使いやすくクマをキレイにカバーしてくれるようなものだけを厳選してご紹介していくので、ぜひ良いコンシーラーをお探しの方はこちらもチェックしてみてください!

どんな肌にも自然にフィットし、気になる部分をしっかりとカバーしてくれるリキッドコンシーラー小さめのチップでピンポイントにのせることができ、伸ばしやすくヨレにくいのも魅力的。全5色展開とプチプラのコンシーラーの中では珍しくカラー展開が多いので、自分の肌トーンやクマの種類に合わせてピッタリのカラーを見つけやすいかと思います。

肌当たりのよいまん丸スポンジヘッドでぽんぽんと叩き込むだけで、肌悩みをなかったことにしてくれるコントロールカラータイプのコンシーラー。美容液成分配合で、メイクしてる間にもうるおいを与えて肌をケアすることができます。通常のコンシーラーのようにベージュでカバーするのではなくカラーで肌悩みをぼかしてくれるので、厚塗り感を出したくない方にイチオシですよ。

3色入りのパレットコンシーラー。複数色入ったパレットタイプは単色で使ったりカラー同士を混ぜることで、あらゆる肌色・肌悩みに対応させやすいのが魅力的。ヨレにくさにこだわった超高密着処方で長時間キレイな肌をキープしてくれるので、ヨレやすい目元・口元にも使いやすいようになっています。

自分にあったクマ隠しでメイクをさらにキレイに♡

自分に合ったクマ隠しでメイクをさらにキレイに
出典:makey.asia

いかがでしたでしょうか。クマをメイクで隠す『種類別クマの隠し方』についてご紹介しました。クマをしっかりとカバーすることでお顔・目元の印象は変わってくるので、自分にピッタリののせ方やコスメについて知ることは、クマに悩む女性にとって役に立つのではないかと思います。ぜひ自分に合ったクマ隠しで、メイクをさらにキレイに仕上げてみてください♡

一緒に読まれるまとめ記事
  • ナチュラルカバー♡オススメの『プチプラコントロールカラー&選び方』紹介

    肌悩みをファンデーションやコンシーラーでカバーしていませんか?ナチュラルにカバーしたいならば、肌悩みに合わせた『コントロールカラー』を探すのがオススメです!ぜひ自分に合ったコントロールカラーを見つけてみてください。

  • 本当に使えるデパコスコンシーラー14選!

    NARSやRMK、MAC、ルナソル……などの人気デパコスのコンシーラーを集めました。本当に使えるおすすめのものばかりなので、コンシーラージプシーさんは参考にしてみてはいかがでしょうか。

  • クマの隠し方&直し方とは?健康的な目元を手に入れよう!

    クマが気になる!という方は多いのではないでしょうか。今回はクマをカバーするのに適したコンシーラーや、クマを改善するための方法などについてご紹介していきます。クマで悩んでいる方はチェックしてみてくださいね。

  • 【男女両ウケ♡】すっぴん風メイクのやり方

    芸能人の間でも流行っているすっぴん「風」メイク。まるですっぴんのような透明感のあるナチュラルな仕上がりなのですが、それはあくまでも「風」でちゃんとメイクはしているんです。メイクするとどうしても重ねていって厚くなっていきがちですよね。でも、すっぴん風メイクなら押さえるところをちゃんと押さえたメイクをするので厚くならず、まるですっぴんのような顔になれるんです!おしゃれ顔に見えるのに必要な、肩の力が抜けた自然な抜け感と透明感を手に入れ、彼や友達からの「すっぴん綺麗だね」を目指して元から美人を気取っちゃいましょう♡おすすめプチプラ&デパコス人気アイテムもご紹介します!

  • ピンク→紫のグラデが鍵♡梅雨にピッタリな『紫陽花メイク』のやり方紹介!

    雨の降り続く梅雨には、テンションが上がらず、メイクにもやる気が出ないことが多いですよね。今回はそんなときこそメイクで気分を上げる、梅雨にピッタリな『紫陽花メイク』のやり方をご紹介していきます。プチプラコスメだけでもできるので、ぜひ参考にしてみてください♡

  • 【整形メイク】別人級メイク方法&オススメのコスメをご紹介♪

    整形メイクは別人のようなメイク映えができる魅力的なメイクテクニックです。整形したのでは?と相手に思わせるほどデカ目にしたり、二重幅を広くしたり、涙袋を大きくしたり小顔に見せたりなど上手なメイクのやり方と整形メイクに合わせやすいコスメをご紹介します♪日々の大変なマッサージよりも整形メイクを覚えて、簡単に綺麗な理想のお顔を目指しましょう!

  • 童顔さんに似合う♡ナチュラルカラーでつくる『色気メイク』のやり方紹介!

    大人っぽいセクシーなメイクに憧れるけど、童顔だと似合わないからと諦めていませんか? 今回はそんな方向けに、童顔に似合う『色気メイク』のやり方をご紹介します。普段使いしやすいナチュラルカラーだけを使用したナチュラルなメイクになっているので、濃いメイクが苦手という方もぜひ参考にしてみてください♡

  • 【ブルベ夏】もう失敗しない!ブルベさんに似合う夏メイクのポイントとおすすめコスメまとめ

    日本人には少ないと言われているブルーベース。イエベの人用に作られているコスメが多いため、ブルベの方はどんなコスメを買えばいいか迷いますよね。今回はブルベの方に似合うメイクをするポイントと、ブルベさんに似合うおすすめコスメをご紹介します♪

まとめ記事に関するキーワード