「かわいい」を目指す女の子のためのメイク方法投稿サイト MAKEY(メイキー) おすすめのコスメや初心者にも分かりやすいメイク方法/やり方を紹介

自分に合う方法が見つかる!アイテム別・ばれない二重の作り方◎選&綺麗に仕上げるコツ

二重メイクはいろいろな方法があり、どれが一番自分に合っているのか見つけるのはとても大変ですよね。 1つの方法しか試したことがない方も、色々な方法を試して理想の二重を手に入れましょう。 今回は二重コスメ別におすすめの使い方や綺麗に仕上げるコツをまとめてご紹介します!


二重コスメの特徴と瞼に合わせた使い方

メザイク

メザイクは細い両面式のアイテープを瞼に食い込ませて二重を作る方法です。
接着面が少なくても、ぐっと食い込ませることでぱっちりとしたラインになりやすく、目を閉じても自然な二重を作れます。
重たい一重の場合は綺麗にラインを作りにくかったり、慣れるまでコツが必要なのが難点です。
瞼が薄めの方や、元々二重で幅を広げたい方におすすめ。

絆創膏

絆創膏を使う方法は、あらかじめメザイクのように細くカットして同じように瞼に食い込ませて二重を作ります。
医療用なので肌に優しく、肌色が目元に同化して以外とばれにくいのがメリットです。
使用する前に自分でカットするのが面倒ですが、100均一でも購入できるのでコスパはバツグン。

片面式アイテープ

瞼側だけに粘着力があり、シールのように張って二重を作る方法です。
目を閉じても瞼が突っ張らず、二重の癖付けとしても使いやすいのがメリットです。
ただし目を閉じた時にテープが浮いて見えたり、メイクが馴染みにくいこともあるため、自然に見せるにはコツが必要です。

両面式アイテープ

裏表どちらにも粘着力があるタイプのアイテープを使いラインを固定する方法です。
瞼の中にテープが隠れるので片面式よりは目立ちにくく、幅の細いものを選べば自然に仕上がります。
ノリタイプのアイプチに比べて、張り付けるだけなので汚くなりにくく二重メイク初心者さんにもおすすめ。

張り付けないアイプチ

瞼に塗って乾かすと固くなり、折り込まれて二重ラインを作れるアイプチです。
片面テープのアイプチを液体にしたような使い心地でテープよりも肌に密着するためばれにくいのが特徴。
乾かすとテカリがでるため上手くメイクでカバーが必要ですが、慣れるともっともばれにくい仕上がりになります。

ノリタイプのアイプチ

二重メイクとして昔からある一番オーソドックスな方法です。
ノリで瞼をくっつけるため、上手く仕上げないと目を閉じた時に不自然になりがちで、最近は他の方法に切り替える方が増えています。
重たい一重さんでも、ノリタイプのアイプチならがっつり接着できるので確実に二重を作れます。
使い続けていると瞼が伸びてしまうこともあるようなので目元のケアをしっかり行いましょう。

メザイクを使ったばれない二重の作り方

一番基本的なメザイクを使った二重の使い方。
瞼に油分が残っていると端から剥がれやすいため、洗顔をしてから行いましょう。
食い込ませた時に、ラインとなる部分より少し長めの部分でカットすると剥がれにくくなります。

メザイクを使う前にアイプチを塗ってより剥がれにくくする方法。
ノリを塗ったら半分乾き状態までしっかり乾かし、完全に乾くまえに素早く貼ることで綺麗に仕上がります。
メザイクの幅を狭くするほどばれにくくなるため、ぎりぎりのラインを研究してみてください。

絆創膏を使ったばれない二重の作り方

絆創膏を細くカットしてメザイクのように二重を作る方法。
基本的にはメザイクと同じやり方ですが、選ぶ絆創膏によってもかなり仕上がりが変わります。
動画のように透明なものや自分の肌に近い色のもので、穴が開いていないタイプがおすすめです。
瞼だけでなく指の油分で粘着力が落ちてしまうため、手もしっかり洗っておきましょう。

絆創膏をアイテープの形にカットして二重を作る方法。
肌色なので少し太目にしてもアイテープよりばれにくく自然に仕上がります。
カットするコツも紹介されているので、市販のアイテープのように丁寧に形を作りましょう。
一度理想の形が作れたら同じようにたくさんカットしておくと毎日のメイクが楽になります。

アイテープ(片面式)を使ったばれない二重の作り方

アイテープとのりタイプのアイプチを使って二重を作る方法。
ダイソーのアイテープは使っている方が多くコスパも良いのでとてもおすすめです。
絆創膏のような素材なのでカットする必要もなく自然に仕上がります。
仕上げにノリで止めることでモチが良くなるため必ず行いましょう。

片面式アイテープで二重の癖を付けて綺麗な二重ラインを作る方法。
メイク時ではなく自宅で出来る方法なので、少し目立ってしまうアイテープを再利用できます。
使用されているアイテープはダイソーで購入できるものなので、毎日使ってもコストがあまりかからずおすすめです。
毎日同じ線でラインを作らないと何本も皺が出来てしまうため注意しましょう。

アイテープ(両面式)を使ったばれない二重の作り方

両面式アイテープを使ったナチュラルな二重の作り方。
動画内のようになるべく細いタイプのものを使うことで目を閉じてもばれにくく仕上がります。
貼るときに指ではなくピンセットを使うことで粘着力が弱まらずしっかり貼り付きます。

両面式アイテープとスティックを使った二重の作り方。
付属されているスティックを使うことで、粘着力が弱まらず左右対称にしやすい方法です。
一重の方はもちろん、にこるんのように元々二重の方で幅を広げる場合にもおすすめ。

張り付けないアイプチを使ったばれない二重の作り方

人気のローヤルプチアイムとラクオリを使った二重の作り方。
基本的な塗り方で比較しているので、それぞれの仕上がりが見られて参考になります。
張り付けないアイプチ特有のテカリは出ますが、目を閉じても突っ張らず自然な仕上がり。
テカリをメイクでカバーすれば生まれつきのような二重になります。

ルドゥーブルを使ったナチュラルな二重の作り方。
基本的な塗り方ではなく、一部だけに塗っているのでとても自然でメイクにも良く馴染んでいます。
説明書通りに塗っても不自然になってしまう場合は、動画のように塗る範囲を変えたり、幅を変えると自然になる場合があります。

アイプチ(のり)を使ったばれない二重の作り方

ノリタイプのアイプチを細く塗って自然に二重を作る方法。
不自然になりがちなノリタイプですが、液を少なめに塗って丁寧に半乾きさせてから作ることでナチュラルになります。
汚くなってしまう場合は、幅を狭めたり瞬きしても二重が取れないラインで作りましょう。

アイラインの部分をアイプチで接着して二重を作る方法。
瞼の際を接着することでつけまつげの芯のように瞼を押し上げてくれます。
上からアイシャドウとアイラインを重ねればまったくばれない仕上がりになります。

のりタイプのアイプチがテカってしまった時に瞼に馴染ませる裏技。
ベビーパウダーやマシュマロフィニッシュパウダーが無い場合はお手持ちのパウダーで同じように試してみてください。
気になるテカリがマットになって肌に馴染むのでメイクをすればほとんど分からない仕上がりです。

自分に合った方法を見付けてナチュラル二重を目指そう

ナチュラルなでか目メイク<br/>
出典:makey.asia

いかがでしたか?
二重メイクはどんどん進化しており、最近は優秀なアイテムもたくさんは販売されています。
コツさえ掴めば整形なんてしなくても自力でパッチリ目を作れますよ。
色々な方法があるので、自分の瞼のタイプやなりたい二重をイメージして研究してみて下さいね!

一緒に読まれるまとめ記事
まとめ記事に関するキーワード