「かわいい」を目指す女の子のためのメイク方法投稿サイト MAKEY(メイキー) おすすめのコスメや初心者にも分かりやすいメイク方法/やり方を紹介

2018/06/02 更新

太陽を味方に♡カラーで魅せる『夏のデートメイク』のやり方&コスメ紹介!

デートメイクだから男性受けする可愛いメイクにしたいけど、夏っぽいカラーも楽しみたい!今回はそんな方にピッタリの、ナチュラルにカラーで見せる『夏のデートメイク』のやり方とおすすめのコスメについてご紹介していきます♡

ちゃっぷ ちゃっぷ

夏のデートメイクが難しい…!

夏のデートメイクが難しい
出典:girlydrop.com

デートメイクの時にはピンク系の可愛いメイクをしたくなるけど、ピンクは春っぽいイメージが強いし…。夏っぽいカラーを主張したメイクをしたいけど、カラーメイクは男性受けが悪くなりやすいし…。暑い日差しでメイク崩れはしやすいし…。夏のデートメイクって難しいですよね。

夏のデートメイクのやり方紹介
出典:makey.asia

今回はそんな夏のデートにピッタリな、カラーで魅せる『夏のデートメイク』のやり方と、プチプラでゲットできるおすすめコスメについてご紹介していきます。夏らしいオレンジカラーをメインにしていますが、全体的にナチュラルにしてバランスを取ることで、男性受けを良く、夏らしさも楽しめるメイクになっています。興味のある方はぜひ参考にしてみてください♡

メイクする時は窓際で!

まずメイクで太陽を味方につけたい時には、窓際など自然光が入る場所でメイクをするようにしましょう。どうしても蛍光灯などの『室内灯』と太陽光などの『自然光』だと、影の入り方光の強さが変わってくるので、家でメイクしていた時には「いい出来!」と思っていても、外に出た時に「あれ?」っていう事にならないように、外に出たときに近い状態の『自然光』の下でメイクすることが重要です。

日焼け止めを塗っておくとなUVカットを忘れずに
出典:girlydrop.com

ただ、紫外線カットを施してない窓の側でメイクをしていると、太陽光の当たっている部分だけまばらに日焼けしてしまう場合もあるので、窓に紫外線カット効果があるシートを張るか、メイクをする前に日焼け止めをしっかりと塗っておくことをおすすめします。

カラーマスカラでワンポイントカラー♡

アイメイクはついつい「デカ目にしたい!」「カラーを主張したい!」と力が入りやすいポイントですが、夏のデートメイクではあえて頑張り過ぎずにヌケ感を出すことが重要です。今回はカラーマスカラでさりげないカラー主張をしていきたいので、アイシャドウ・アイラインは控えめなカラー・質感のものをチョイスするようにしましょう。

まずはアイシャドウはシンプルに1色だけで仕上げていきます。カラーは主張しないけど太陽光を反射して自然な明るさを出してくれるような、ラメ感が綺麗なベージュや明るいブラウンカラーがおすすめ。また、夏場のメイク崩れが気になる方は密着力の高いクリームシャドウをチョイスしてあげると、メイクのモチが変わってくるので、パンダ目などのメイク崩れが気になる方はぜひ試してみてください。

のせる時には引っ張るようにのせると目元のダメージになったり、色ムラ・ラメのムラができやすいので、ぽんぽんっと優しいタッチで、まぶたに置くようにしながらアイホールに広げてあげましょう。目元に深みを出したい方は、目の際からアイホールに向かってぼかすようにしながら広げてあげれば、1色だけでもナチュラルなグラデーションを演出することが出来ます。

べた付きの少ないクリームシャドウをチョイスしていればそのままでも大丈夫ですが、クリームシャドウのべたつきが気になる場合は、フェイスパウダーやパウダーシャドウのハイライトカラーを上から重ねてあげましょう。まぶたにべた付きを残したままだと、アイランが引きにくくなったり、マスカラがまぶたに付きやすくなってしまうので、メイクノリやメイクモチを良くするためにはパウダーでセットしてあげるのがおすすめです。

アイシャドウがシンプルな分、アイラインで少しデカ目効果を出していきます。ただ、あくまでも主役はマスカラなので、主張し過ぎないペンシル・ジェルライナーをチョイスするのがポイント。まつ毛の隙間が気になる方はまつ毛の隙間や粘膜部分を埋めてから、目尻側だけ目の流れに沿って長めに伸ばして、アイラインの終わりが潰れてしまわないように、先の細いアイライナーを使用するか、アイライナーブラシで整えてシャープに仕上げてあげましょう。

カール力のあるブラックマスカラを上まつ毛に
出典:makey.asia

次にビューラーをして、上まつ毛にだけブラックのマスカラを塗っていきます。メインのカラーは下まつ毛に塗っていくので、上まつ毛は控えめで大丈夫です。ただ、目の縦幅を強調できるように、カールだけはしっかりとさせるのがポイント。カールキープ力の高いマスカラをチョイスするか、手持ちのマスカラとカールキープしてくれるマスカラ下地を組み合わせることをおすすめします。

アイメイクの最後に、メインとなるカラーマスカラを下まつ毛に塗っていきます。下まつ毛全体にカラーを塗るのではなく、まずはベースとしてブラウンのマスカラを塗って乾かしてから、目尻1/3程度にだけピンポイントでカラーを入れていきましょう。こうすることでナチュラルだけど、横を向いたときにカラーが綺麗に見えるので、デートメイクの時にも可愛くカラーを主張できますよ。

おすすめコスメ

みずみずしいひんやりとしたテクスチャーで、べたつきを感じずに心地よく使用できるので、夏に使用するアイシャドウとしてイチオシ。

ブラック・ブラウン・ネイビー・モーヴブラウンとカラーバリエーションが豊富。どのカラーをチョイスしても可愛らしくておすすめ。

カールキープ力が高く、まつ毛を白くしないので、どんなカラーのマスカラとも相性良く使いやすいかと思います。

プチプラとは思えないカールキープ力ロング効果があるマスカラです。ウォータープルーフで落ちにくいので、パンダ目が気になりやすい夏場にもピッタリ!

ブラウンとカラーの2色がセットになったカラーマスカラで、上下でカラーを変えたり重ねてカラーニュアンスを変えることで、さりげないおしゃれを楽しむことが出来ます。落ちにくいウォータープルーフなのにお湯でするんっと落ちるので、まつエクの方にもおすすめ。

チークは崩れにくいクリームチークを

チークは汗をかいても肌にしっかりと密着し色が残ってくれるような、クリームタイプのチークをチョイスしましょう。クリームチークはつけるのに失敗すると色ムラが出来てしまったり、指が汚れてしまったりと扱いが難しいイメージがありますが、そういう方は『スポンジ』を使用してのせてあげることをおすすめします。

スポンジに直にクリームチークを適量取り、頬の中央より少しだけ高めの位置からぽんぽんと楕円状にのせていきます。こうすることで、手を汚すことなく綺麗にチークをのせることができますし、付け過ぎを防ぎながら滲み出る様なぽわんっとした自然なチークを演出することが出来ますよ。

クリームタイプのチークをのせるときは、フェイスパウダーの前にのせることをおすすめします。パウダーの上にクリームタイプのものをのせてしまうと肌への密着力が薄れてしまうので、ファンデーションの後・パウダーでセットする前に仕込んでおくようにしましょう。

おすすめコスメ

みずみずしい質感で、内側からにじみ出る様なジューシーな仕上がりを叶えるリキッドチークです。リップにもチークにも使用できるので、簡単にメイクに統一感を出せます。パキッとしたオレンジカラーが夏にピッタリ。

体温でじゅわっととろけて、スーッと肌に馴染んでいってくれるジェルタイプのチークです。紫外線予防効果もあるので、メイク直しや紫外線によるダメージが気になる方にもおすすめ。オレンジっぽくもピンクっぽくも見える絶妙なカラーで、肌馴染み抜群です!

オレンジ×グロスでツヤぷるリップに♡

次にリップは、チークと同じオレンジ系にしていきます。しかし、ただオレンジを唇全体にしっかりとのせてしまうと、男性受けが悪くなってしまうので、オレンジの上にグロスを重ねてカラーを唇に馴染ませつつ、ツヤぷるっとした可愛らしい口元を演出してあげるのがポイントです。

まずはチークで使用したクリームチークを、リップのベースカラーとして指で唇全体にぽんぽんっと仕込んでいきます。こうすることで簡単にメイクの中で統一感を出すことが出来ますし、用意するコスメが少なく済むので、コスメを増やしたくない方、オレンジカラーはあまり使わないという方にもおすすめです。

最後に透明に近いリップグロスを唇全体に重ねてあげましょう。オレンジリップの上にオレンジを重ねると口元が重たくなりやすいので、リップグロスはあえてクリアタイプで、透明感みずみずしさだけをプラスしてあげるのがポイントです。お好みでブルーグロスイエローグロスを使用してもかわいいかと思います。

おすすめコスメ

唇をケアしながら、体温が上がったような自然な色気血色感を演出してくれるリップグロス。ベビーピンクはカラーがほぼ発色せず、どんなリップカラーとも組み合わせやすいのが魅力。

夏は太陽光を味方につけてもっと可愛く♡

夏は太陽光を味方につけてもっと可愛く
出典:makey.asia

これでカラーで魅せる『夏のデートメイク』の完成です。太陽を味方に付けて、自然なツヤ感・カラーを楽しみつつ、メイク崩れもしにくいように配慮したメイクになっています。ぜひ夏のデートメイクに悩んだときには、このメイクに挑戦してもっと可愛くなって、デートをもっともっと楽しんでみてください♡

一緒に読まれるまとめ記事
まとめ記事に関するキーワード