「かわいい」を目指す女の子のためのメイク方法投稿サイト MAKEY(メイキー) おすすめのコスメや初心者にも分かりやすいメイク方法/やり方を紹介

お出かけメイクにチェンジ♡簡単な『化粧直し』のやり方&必要なもの紹介!

学校や仕事終わりにお出かけする時に、普段メイクのままだとイマイチ気分が上がらない…。今回はそんな方におすすめな普段メイクをお出かけメイクにチェンジさせる、簡単にできる『化粧直し』のやり方とコスメやツールなどの必要なものについてご紹介していきます♡

ちゃっぷ ちゃっぷ

仕事・学校終わりにお出かけ!

仕事や学校の終わりにお出かけの予定が入ったり、お買い物に行くことって結構ありますよね。ただ、朝綺麗に仕上げたメイクでも、夕方、夜になってくると時間の経過でどうしても崩れてきてしまいますし、せっかくのお出かけには、出来れば普段メイクじゃなくて少し遊び心のある『お出かけメイク』に変えたい!と思ったことはありませんか?

今回はそんなときにピッタリの、普段メイクをお出かけメイクにチェンジさせる簡単な『化粧直し』のやり方についてと、おすすめコスメや必要なものについてご紹介していきます。お出かけ前のちょっとした時間でもパパっと化粧直しが出来る様な簡単なやり方と、合わせてプチプラでゲットできる、化粧直しに便利なおすすめコスメやツールなどもご紹介していくので、興味のある方はぜひどちらも参考にしてみてください♡

乳液やリフレッシュシートで肌を整えて!

まずは長時間のメイクで疲れ切ったお顔をリセットしていきます。化粧直しというとファンデーションやパウダーをのせるイメージが強いかもしれませんが、メイク汚れや皮脂が残った状態でパウダーが重ねると、厚塗り感が出てしまったり綺麗に化粧直しが出来ないので、最初に肌の状態をしっかりと整えてあげることが、化粧直しの中でもとても重要なポイントですよ。

メイク汚れを綿棒と乳液でOFF
出典:makey.asia

目の下の黒ずみや小鼻の毛穴落ちなどのメイク崩れが気になる部分には、綿棒と乳液を使用してメイク汚れを優しくOFFしてあげます。クレンジングでメイク汚れをオフすると肌へのダメージが気になりますが、乳液は肌へのダメージが少なく済むのでおすすめです。綿棒に乳液を馴染ませたら、肌の上でコロコロと転がすようにメイク汚れをOFFしてあげましょう。

皮脂・汗・乾燥でテカってしまったりヨレてしまっている部分は、リフレッシュシートで優しくOFF&ケアしてあげます。化粧水で保湿してティッシュオフで皮脂を抑えるのでも大丈夫ですが、リフレッシュシートならば保湿・べたつきOFFが1つで出来るので、色々持ち歩きたくない方におすすめですよ。

リフレッシュシートを使う時にはこすったりするとメイクが取れてしまうので、肌をシートで優しく抑えるようにするのがポイント。すっぴんであれば洗顔シート代わりにもなるので、時間がない朝や外出中に顔が洗いたくなった時用の洗顔シートとしても使用することが出来ますよ。

おすすめのリフレッシュシートがこちら。ウェットシートのように化粧水をたっぷりと含ませたシートでそっと抑えることで、皮脂・汗・崩れたファンデなどのメイク汚れを吸着しながら、スキンケア後のようなみずみずしい肌に仕上げてくれます。12枚入り・28枚入りと選べるので、カバンやポーチのサイズに合わせてお好みのサイズをチョイスしやすいのもうれしいですね。

パウダーファンデーションを軽く

肌の状態を整えたら、ファンデーションがはがれてしまった部分テカりやすい部分に『パウダーファンデーション』をのせていきます。化粧直しの時にパウダーファンデーションは厚塗り感が出やすいので避けがちなアイテムですが、のせ方さえ工夫すればしっかりとカバーしながら厚塗り感のない綺麗なベースメイクに直すことが出来るのでおすすめです。

まずはスポンジにパウダーファンデーションを取ったら、しっかりとカバーしたい目の下のクマや小鼻横の赤み、ニキビ跡などの気になる肌トラブルの部分からのせていき、テカリや肌のべたつきが気になりやすい部分には、スポンジに残った分だけを軽くのせるようにしていきます。こうすることで、コンシーラーを使わなくてもパウダーファンデーション1つで気になる部分をカバーしながら、厚塗り感なくテカリをふんわりと抑えることが出来ます。

おすすめのパウダーファンデーションがこちら。程よいヌケ感を出しながら気になる部分は絶妙にカバーしてくれるので、朝のメイクだけでなく化粧直しの時にもピッタリかと思います。付属のスポンジだけで簡単に、厚塗り感なくふんわりとした肌に仕上げてくれるので、良いパウダーファンデーションをお探しの方にもイチオシです。

アイブロウペンシルで眉毛をキリッと

アイブロウで顔の印象が変わる
出典:makey.asia

次にアイブロウも化粧直ししていきます。眉毛は時間が経過すると眉尻側が消えやすいですし、お出かけメイク用にキリッと眉尻側を整えてあげるだけでも、顔の印象がガラッと変わってくるので、時間があるときには出来るだけアイブロウも化粧直ししてあげることをおすすめします。

外出中はアイブロウパウダーやブラシを持ち歩くのは面倒なので、ぼかす用のスクリューブラシが付いている『アイブロウペンシル』がおすすめ。眉尻側をキリッとハンサム眉になるように書き足してあげてから、付属のブラシで眉の輪郭を軽くぼかしてふんわりと仕上げれば、アイブロウは完成です!

おすすめのアイブロウペンシルがこちら。スクリューブラシが付属しているだけでなく、削る手間がない繰り出し式になっているので、持ち歩き用のアイブロウペンシルにピッタリです。また、ペン先が楕円芯になっているので、毛を1本1本書き足すように細くも、ふんわりとさせるために太くも描けるのが魅力的ですね。

キラっと目元にチェンジ♡

アイメイクもお直し
出典:makey.asia

次にメイク崩れが気になりやすいアイメイク。化粧直しをするときにアイシャドウを足し過ぎると、グラデーションがうまくいかなかったり目元の影になりやすいので、極力締め色やブラウン系の暗いカラーは使用せずに、キラキラとラメ感の綺麗なハイライトカラーをふんわりと重ねてあげるのがおすすめです。

目頭・涙袋・まぶたの中央など
出典:makey.asia

のせる位置は涙袋・まぶたの中央・目頭のどれかにするのがポイント。のせ過ぎるとギラつきすぎてメイクのバランスを取りにくくなるので、ピンポイントにのせて上品に目元に明るさを与えてあげるようにしましょう。

カラーシャドウをのせてもかわいい
出典:makey.asia

また、ラメだけでなくカラーシャドウをのせるのもおすすめです。ピンク・オレンジ系ならば女の子らしいカワイイ目元に、パープル・ブルー系ならばクールな目元など、目尻にふんわりとのせるだけでも目元の印象が変わるので、女子会やちょっとしたイベントなど、目元にインパクトが欲しい方はぜひカラーシャドウもチェックしてみてください。

おすすめのアイシャドウがこちら。クリアな発色上品な輝きが魅力のシングルアイシャドウです。シングルアイシャドウはコンパクトですし、指でもささっとのせることが出来るので、ポーチの中に1つ入れておくと便利かと思います。

アイラインをプラスしてあげてもGOOD
出典:makey.asia

アイシャドウだけでなく、お好みでアイラインもプラスしてあげましょう。ナチュラルに仕上げたい場合は、目の流れに沿って目尻側だけ書き足してあげて、目元をくっきりと華やかにしたいのであれば、目の際に細く引いてから目尻側は少し跳ね上げてあげるのがおすすめです。

パウダーチークでふんわり血色感を

仕事後や学校後だと、メイクが崩れているだけでなく顔が疲れている場合が多いので、チークをのせ直して顔をパッと明るくしてあげましょう。朝メイクするときに使用したものと同じチークでも大丈夫ですが、化粧直しの時には発色は控えめ透明感のある赤系チークや、明るめなピンクコーラル系のチークをチョイスすると、ふんわりとした血色感を与えて顔のくすみや影をパッと飛ばしてくれるのでおすすめ。

のせる時には濃くなり過ぎないように、ブラシに取ったらすぐ頬にのせるのではなく、手の甲で軽く粉の量を調節してからのせるようにしましょう。頬の中心が一番濃く周りに向かってぼかし広げ>るように

おすすめのチークがこちら。パウダーなのに粉っぽくならず、クリームチークのようにしっとりとした質感ツヤ感が魅力的なパウダーチーク。中央のメインカラーだけでなく、チークをぼかしたり色味を調節しやすい淡いカラーもセットになっているので、メイク初心者の方でも扱いやすいかと思います。小さいけどふんわりとしたブラシも付属させれているので、メイクブラシを持っていない、持ち歩きたくないという方にもピッタリ!

ちょい濃いめリップで華やかさUP♡

リップはチーク同様、顔の明るさや華やかさを出すために重要なポイントになってくるので、しっかりと塗り直してあげるようにしましょう。カラーはお好みで大丈夫ですが、化粧直しの時にはチークと同系色にしてメイクに統一感を出すか、少し濃いめなカラーをチョイスして華やかさをUPさせてあげるのがイチオシです。

おすすめのリップがこちら。適度な保湿力発色ツヤ感が魅力のリップで、これ1本でササっとリップ直しを済ませることが出来ます。カラーバリエーションも豊富なので、自分にピッタリのカラーを見つけやすいのもうれしいですね。ただ、色モチはあまり良くないので、こまめに塗り直すティントタイプをチョイスするのがおすすめ!

日中にお出かけするなら日焼け止めスプレーを!

基本的な化粧直しは以上ですが、日中の紫外線が気になる方美白を重視している方仕上げに『日焼け止めスプレー』を重ねてあげましょう。メイク後はなかなか日焼け止めを重ねることが出来ず、「日焼け止め効果が薄れているんじゃないか」と心配な方にピッタリな紫外線対策コスメですよ。

おすすめの日焼け止めスプレーがこちら。SPF50・PA++++という高い紫外線予防効果に加え、メイク崩れ・テカリを防止してくれるので、メイク崩れが気になる方はセッティングスプレー代わりにも使用することが出来ます。

簡単な化粧直しでお出かけメイクにチェンジ!

簡単な化粧直しでお出かけメイクにチェンジ♡
出典:makey.asia

これで普段メイクをお出かけメイクにチェンジさせる、簡単な『化粧直し』の完成です!化粧直しでメイク崩れを直すだけでなく、お出かけ中の気分も高めてくれるような華やかさをUPさせるような化粧直しになっています。おすすめのコスメ・必要なものについてもご紹介したので、ぜひお出かけメイク用に化粧直しをして、学校・仕事後のお出かけもさらに楽しんでください♡

一緒に読まれるまとめ記事
  • 化粧直しの回数が増える春夏に使いたい優秀パウダーファンデーション5選

    秋冬に愛用していたリキッドファンデーションを、春夏にも使い続けようとしていませんか?汗や皮脂・湿気でメイクがヨレやすいこれからの季節は、ベタつきを抑えるサラサラ感や、化粧直しのしやすさが鍵。パウダーファンデーションを探している人はもちろん、パウダーファンデーションってぶっちゃけどうなの?と思っているリキッドファンデーション派の人にこそ参考にして欲しい優秀パウダーファンデーション5選。

  • 化粧直しにも便利♡プチプラでゲットできるオススメ『スティック美容液』!

    日中の乾燥が気になるときに、なかなか保湿が出来ないと悩んでいませんか? 今回はそんなときにピッタリの『スティック美容液』をご紹介します。化粧直しにも便利なので、ぜひチェックしてみてください!

  • 正しい化粧直し方法で夜までカワイイが続く化粧直し方法と有能アイテムをご紹介!

    朝しっかりメイクをしたのにお昼にはメイクがボロボロ!夜にはファンデーションが厚塗りになって、ゴワゴワ!ボソボソ!ドロドロ!なんていう女子必見の化粧直し方法をご紹介♪ポイントさえ押さえればもう夕方、夜までカワイイは続きます!プチプラなのに有能な化粧直しアイテムとコスメもご紹介します♪

  • 簡単カラーメイクで印象が変わる!最新トレンド顔のおすすめカラーメイク方法紹介

    最近はプチプラコスメでも様々なカラーのアイシャドウ・アイライン・マスカラが発売されています。普段メイクでも簡単にカラーメイクを楽しめるようになりましたね。ライブやイベント、パーティでも使えるカラーメイク。今回はどのカラーでどんな印象になるのか、オススメのメイク方法、使い方、商品も含めてご紹介します。

  • ほんのり色づく女の子カラー♪ピンクメイクでモテ顔に!使えるおすすめコスメを紹介♡

    春も冬もピンクメイクは大活躍!ほんのり色づいてナチュラルな発色のピンクは、女の子らしさたっぷり。デートメイクにぴったりです。今回はピンクメイクに使いたいおすすめのコスメをご紹介します。

  • 【男女両ウケ♡】すっぴん風メイクのやり方

    芸能人の間でも流行っているすっぴん「風」メイク。まるですっぴんのような透明感のあるナチュラルな仕上がりなのですが、それはあくまでも「風」でちゃんとメイクはしているんです。メイクするとどうしても重ねていって厚くなっていきがちですよね。でも、すっぴん風メイクなら押さえるところをちゃんと押さえたメイクをするので厚くならず、まるですっぴんのような顔になれるんです!おしゃれ顔に見えるのに必要な、肩の力が抜けた自然な抜け感と透明感を手に入れ、彼や友達からの「すっぴん綺麗だね」を目指して元から美人を気取っちゃいましょう♡おすすめプチプラ&デパコス人気アイテムもご紹介します!

  • 手軽にゲット♡旅行・お出かけ先でも安心な『コンビニコスメ』!

    「メイクポーチを忘れた」「今すぐにコスメが必要!」という時にも手軽にゲットしやすい『コンビニコスメ』。プチプラでありながら優秀なコスメ・コンビニでしかゲットできない限定コスメも発売されているので、気になるコンビニコスメがあるという方は多いのではないかと思います。興味のある方はぜひ参考にしてみてください♡

  • プチプラコスメでも♡ちょい濃いめな『簡単大人メイク』のやり方!

    普段はナチュラルメイク派、可愛いメイク派という方でも、たまには大人っぽいメイクがしたいという時もありますよね。今回はそんな時にピッタリなちょい濃いめ『簡単大人メイク』のやり方をご紹介していきます。プチプラコスメだけでも簡単に出来るので、ぜひ参考にしてみてください♡

まとめ記事に関するキーワード