「かわいい」を目指す女の子のためのメイク方法投稿サイト MAKEY(メイキー) おすすめのコスメや初心者にも分かりやすいメイク方法/やり方を紹介

「夏に向けて押さえておきたい」メイク直しの必需品7つとその方法

我流が主流のメイク直し。ここでは、ぜひおすすめしたいスマートなメイク直しの方法をご紹介していきます。やりやすい方法を取り入れて、その時々に合ったメイク直しを確立してみては?!♡

あさきゆめみし あさきゆめみし

正しいやり方、ご存知ですか?

メイク直し アイライン
出典:weheartit.com

メイクにつきものと言っても過言ではないメイク直し。
みなさんは美しく直せていますか?
直したいだけなのに、ファンデーションが厚塗りになったりむらができたりする。アイラインやマスカラが目の周りにくっついて黒ずむ。そんな経験はありませんか?
今回は、よりスマートなメイク直しの方法をご紹介していきます。部分ごとに書いてあるので、ぜひそれぞれ参考にしていただけたらと思います!

最低限必要なもの

綿棒、乳液、パフ、ティッシュ、
ファンデーション、リップバーム、口紅

最低限これらのアイテムがあればばっちりメイク直しすることができます。
普段からポーチに入れて持ち歩くと安心です^^

それでは、スタート☆

崩れたところのメイクを落とす

綿棒乳液をとり、よれたり崩れてしまっている部分をふき取っていきます。全部は面倒なので、気になる部分だけで大丈夫です。
上から塗り直せばいいのでは、、、?と思う方もいらっしゃるかもしれません。おっしゃる通り。しかし、上から足していくだけではメイクがどんどん厚塗りになっていくだけなので、やはりきちんと一回リセットしてから直すのがおすすめです。

マスカラやアイラインで目の周りが黒くなってしまった時にも、一度このように綿棒でメイクを落としてからやり直すときれいに仕上がります。黒ずみの上からファンデーションを塗り直しただけではうっすらと黒くなっているのが見えてしまいますからね!

このとき、口紅もよれているようでしたら一緒に落としていきます。
唇の場合は、綿棒にリップバームをとり、保湿しがてら口紅を落としていきます。

テカリをティッシュオフ!

時間が経つとテカリが気になってきますよね。そんなときは、ティッシュでオフ!え、あぶら取り紙は?と思うところですが、人によっては必要な油分までふき取ってしまうことがあるのでティッシュでふき取る方が無難です。試しに一度やってみてください。思っていたよりきちんと皮脂を落としてくれます。

ファンデーションをもう一度

崩れたメイクを消し去ったところで、いよいよ直していきます。いつもと同じように、先ほど落としたところにファンデーションを塗っていきます。持ち運びやすさ、手軽さを考えると、ここではクッションファンデがおすすめです!

仕上げにリップ!

ファンデーションを塗り直している間に、一番最初に塗っておいたリップバームが唇に浸透していきます。べたつかず、乾燥せず、ちょうどよい塩梅に仕上がっているはずです。そこに口紅を塗っていきます。

先にリップバームを塗り、しばらく時間をおいて浸透させてから口紅を塗る、というやり方は普段のメイクにも応用できます。メイクの前にリップバームを塗っておくと、最後に口紅を塗るころにはうるうるの唇になります!

フルメイク直しの完成

以上がおすすめしたいメイク直しの全貌です。
毎度毎度すべての行程をこなさないで、気になる部分だけ直しても全然問題ないです!ぜひ参考にしてみてください。

直すタイミングは?

一般的には、、、?

どのタイミングでメイクを直したらよいでしょうか?
一番メイクが崩れやすいと言われているのが、食事のときです。たしかに咀嚼やおしゃべりで顔全体が動くので、よれやすいというのは納得ですよね。
食後にメイクを直すことが一番無難なタイミングと言えます。

そもそもなんで崩れるの?

どうしてメイクが崩れてしまうかわかりますか?
みなさんメイクを落とすときだいたい使うものと言えば、クレンジングオイルです。メイクを落とすには“油分”が必要になります。

このメカニズムはときに望まぬ結果をもたらします。

顔に浮いてくる油分といえば“皮脂”です。つまり、活動していくうちに浮いてきた皮脂がメイクを崩す原因となるのです、、、。

メイク直し
出典:weheartit.com

そこで、食事のあと以外でも、運動したあとはもちろん、少し汗をかいたとき顔に脂が浮いてきたな、、、というときにもメイク直しをするのがよいでしょう!

予防も大事

メイクが崩れれば直せばいい、というのは当たり前ですが、なるべく崩れないような努力をすることも大切です!何より楽です。
落ちにくいファンデーションの塗り方について書いた記事も合わせてぜひお読みください!

ファンデーションが持続する方法とは!?

これであなたも、美しさUP♪

参考になったでしょうか?
以上が、おすすめしたいメイク直しの方法です。乳液をつけた綿棒で気になる部分を落とし、テカリが気になる場合はティッシュでふき取り、唇はリップバームと口紅で直します。必要な部分に、必要な手直しだけ与える、ということを念頭に、スマートなメイク直しになっているはずです!
取り入れやすいところだけでも参考にしていただけたら幸いです。

一緒に読まれるまとめ記事
まとめ記事に関するキーワード