「かわいい」を目指す女の子のためのメイク方法投稿サイト MAKEY(メイキー) おすすめのコスメや初心者にも分かりやすいメイク方法/やり方を紹介

重ねるだけで透明感UP♡人気の『プチプラ ブルーグロス』6種紹介!

1本持っていると何かと便利な『ブルーグロス』。ただ様々なブランドから出ていて、何が違うの?どれがいいの?と分からないという方も多いかと思います。今回はそんな方向けに、プチプラでもゲットできる人気のブルーグロス6種についてご紹介していきます♡


持っていると便利なブルーグロス♡

人気のデパコスブランドRMKから発売され、爆発的人気コスメになった『ブルーグロス』。手持ちのリップカラーに重ねるだけで簡単に透明感をUPさせて、通常のグロスをのせるよりもリップカラーの肌馴染みを良くし、ぷるんっとセクシーな唇に見せてくれます。なので、たくさんのリップカラーを購入しなくても、様々なリップメイクを楽しめるようになるのが魅力です。ただ、RMKのブルーグロスはラメがザクザクに入っているタイプなので、「少し苦手だな…」という方も多いかと思います。

今回はそんな方におすすめしたい、プチプラでゲットできるナチュラルな『ブルーグロス』をご紹介していきます。透明感はしっかりと出しながらラメが控えめなので普段使いもしやすく、ドラッグストアやバラエティショップで手軽に安くゲットできるので、コスメにあまりお金をかけたくない方にもおすすめです。それぞれに違った特徴や仕上がりを楽しめるようになっているので、ぜひ自分にピッタリのブルーグロスをゲットしてみてください♡

ナチュラルピンク×ブルーラメで単品使いも!

まずは単品使いも出来る様な、ピンク系のグロスにブルーラメが入ったタイプのブルーグロスです。通常のブルーグロスは単品使いすると青みが強すぎて不健康そうに見えてしまいやすいですが、こちらはピンク系でしっかりと血色感も出るので、重ね付けするだけでなく、単品使いしても可愛らしい唇を演出することが出来ますよ。

ミシャ

唇のph値(酸性・アルカリ性)に応じてピンクカラーに変化していくタイプのグロスです。宝石パウダー配合で光を反射して立体感を出し、カラーの上に透明なコーティング膜を形成することにより、カラーの発色を長時間キープしてくれるティント効果もあります。アプリケーターがリップブラシタイプになっているので、口角や唇の山などの細かい部分にも塗りやすいのも魅力的ですね。

塗ってすぐは透明に近いクリアピンクですが、重ね塗りしたり時間を置くことで発色が高まっていくので、しっかりとした血色感を出すことが出来ます。ラメのサイズが小さくザクザク入っているわけではありませんが、光を反射することでしっかりとブルーに光ってくれるので、毎日使いしやすいような透明感を出してくれると思います。

エチュードハウス

グロスのツヤリップオイルのうるおいを同時に叶えてくれるオイルイングロスです。オイルが入っていることによりべたつかず、軽くさらっとした使用感が魅力。透明感のあるナチュラルな色づきで、甘くキュートでみずみずしいチェリーのような可愛いリップに仕上げてくれます。

ミシャよりも控えめなクリアピンクになっているので、単品使いするには少し物足りなさを感じるかもしれませんね。その分、他のリップカラーに重ねた時に色味を変えにくいので、しっかりと保湿をしながらナチュラルな透明感をプラスできるようなブルーグロスをお探しの方におすすめです。

ラメ・パールなし!ブルーカラーで透明感を

次にラメやパールが入っていないブルーによるカラーチェンジをしっかりと楽しめるようなブルーグロスを紹介していきます。単品使いするのは難しいですが、しっかりとブルーによる透明感をお求めの方、ラメ入りグロスが苦手な方におすすめです。

スージーニューヨーク

色を引き締め、深みを与え、ベストなバランスに仕上げてくれる『スパイス』のようなリップグロスです。高発色オイル・うるおい成分配合により、鮮やかな発色・ツヤ・輝きでメイクを完成させてくれます。スージーオリジナルの『スプーンチップ』を採用し、ひと塗りでたっぷりの液を塗りやすいような形状になっているのも魅力的ですね。

こちらはほんのり緑がかった淡いブルーカラーで、濡れたようなツヤ感と透明感を強調するだけでなく、唇の赤みを少しだけ抑えてリップカラーの馴染みも良くしてくれるようなグロスになっています。赤リップやオレンジリップのような濃いリップカラーと組み合わせれば、カラーはそのままに自然な透明感も楽しめるのでおすすめですよ。

ロレアル パリ

3種のオイルを約90%配合。ナチュラルで透け感のあるみずみずしいカラーと、元々うるおいのある唇のような程よいツヤ感を演出し、べた付かず軽やかでサラッとした付け心地になります。プチプラと言うには少し高めな価格ですが、買って損のないおすすめのグロスです。

今回ご紹介するブルーグロスの中で、一番しっかりとしたブルーカラーに発色します。唇に透明感をしっかりと出したい方や、濃すぎるカラーを抑えたいというナチュラルメイク派さんにイチオシです。保湿力もしっかりとあるので、外出中の塗り直し用としてやパパっとお出かけメイクにチェンジさせたいときにも活躍してくれるかと思います。

他とはちょっと違うブルーグロス!

次に他のブルーグロスとは少し違った、特徴的なブルーグロスをご紹介していきます。人によっては使いにくい、苦手という方もいるかもしれませんが、『こういうのを求めていた!』という方も多いようなブルーグロスばかりになっているので、良いグロスがないな…と悩んでいる方はぜひこちらをチェックしてみてください。

ケイト

プチプラ ブルーグロスの中でも定番と言えるほど人気のケイトのグロス。名前の通りにエナメルのようなツヤと発色し、立体感のある口元に仕上げてくれます。唇に塗りやすい斜めカットになったチューブタイプ汚れを拭き取りやすく、リップカラーが混ざってしまう心配なく衛生的に使いやすくなっています。

ラメ過ぎずブルー過ぎず、一番扱いやすいブルーグロスかと思います。ほんのりと唇に青みとラメ感を与えてくれるので、リップカラーやメイクに影響を与えにくく毎日使いにもピッタリ。ただサラッとタイプのグロスに慣れている方には、少しべたつきや重さを感じるかもしれませんね。

キャンメイク

こちらは保湿成分を83%以上配合してうるおいを与えながら、トウガラシ果実エキスやメントールを配合することにより、唇をぷっくりとボリューミーに見せてくれるタイプのグロスです。こちらはチューブではありませんが色移りしにくいヘラタイプになっているので、衛生面を気にされる方にもおすすめです。

ディオールのリップマキシマイザーの様に、トウガラシ成分によってぷっくりとした唇に見せてくれるプチプラグロスとして話題になったグロスですね。ただ、人によっては唇への刺激が強すぎる場合があるので、テスターをチェックしてから購入することをおすすめします。カラーやラメはかなり控えめなので、しっかりとブルーカラーやブルーラメを求めている方には物足りないかもしれませんが、ブルーグロスでぷっくり感も出したい!という方にはイチオシです。

好みのブルーグロスがない時は手作り!

好みのブルーグロスがなかった手作りで♡
出典:makey.asia

プチプラで人気のブルーグロスを6種ご紹介しましたが、まだ好みのブルーグロスがない!という方には、自分で手作りするDIYブルーグロスをおすすめします。手作りすることで好みのテクスチャー・ラメ感・濃さの物が手に入るので、自分にピッタリのブルーグロスをゲットすることができますよ。

お好みのグロスとアイシャドウで
出典:makey.asia

用意するものはお好みのテクスチャー・ラメ感の『透明グロス』と、お好みの濃さ・色味・ラメ感の『ブルーアイシャドウ』、爪楊枝やヘアピンなどの『アイシャドウを削るもの』、削ったアイシャドウを置いておく『紙皿や紙』だけです。プチプラでゲットできるものでも大丈夫ですし、特にこだわりがない場合は100均のものでも大丈夫です。

つくり方は簡単で、ブルーのアイシャドウを細かく削ってグロスの中に入れるだけです。爪楊枝やヘアピンでガリガリ削って紙や紙皿の上において、少しずつグロスに入れていきます。一気に入れると濃くなり過ぎてしまう場合があるので、色の濃さを見ながら少しずつ入れていきましょう。あとはグロスにアイシャドウがしっかりと溶け込むまで、ぐるぐるとかき混ぜれば完成です。

ブルーグロスで手軽に透明感をゲット♡

いかがでしたでしょうか。いつものリップに重ねるだけで簡単に透明感をゲットできる、人気の『プチプラ ブルーグロス』6種についてご紹介しました。それぞれで違った特徴・魅力のあるブルーグロスばかりで、自分にピッタリのブルーグロスが見つかればうれしいです。ブルーグロスは1本持っているとかなり便利なので、気に入ったものがあればぜひゲットしてみてください♡

一緒に読まれるまとめ記事
まとめ記事に関するキーワード