「かわいい」を目指す女の子のためのメイク方法投稿サイト MAKEY(メイキー) おすすめのコスメや初心者にも分かりやすいメイク方法/やり方を紹介

夏にオススメ!毛穴・皮脂に負けない『透明感ベースメイク』のやり方紹介♡

季節はもう夏!メイク崩れが気になる季節になってきましたね。今回はそんな夏にぜひオススメしたい毛穴・皮脂にも負けない『透明感ベースメイク』のやり方をご紹介します。メイク初心者の方でも簡単に出来るようなベースメイクになっているので、ぜひ参考にしてみてください♡


メイク崩れが気になる季節に…

5月に入り、季節はすっかりになりましたね。ファッションも衣替えをして気分を一新しいたり、レジャーに出かけて思い出作りという方も多いかと思いますが、そんな夏に気になるのが『メイク崩れ』。楽しいことが多い反面、エアコンによる乾燥や汗や皮脂によるベースメイクのヨレが気になるのが夏の嫌なところですよね…。

今回はそんな夏のベースメイクにお悩みの方にオススメしたい『透明感ベースメイク』のやり方をご紹介します。夏に気になりやすい汗・皮脂などによるメイク崩れをしっかりと防止しながら、厚塗り感なく気になる毛穴や肌トラブルはしっかりとカバーした、ナチュラルなベースメイク方法になっています。プチプラでゲットできる人気のベースコスメについてもご紹介していくので、興味のある方はぜひ参考にしてみてください♡

朝のスキンケアでしっかり水分補給!

ベースメイクが崩れる原因として、『乾燥』が考えられます。乾燥することによってファンデーションのひび割れや厚塗り感を出してしまったり、肌を潤そうと汗や皮脂を過剰に分泌して、ドロドロメイク崩れやテカりにつながってしまうのです。なので、メイクの前にしっかりと保湿しておくことが、メイク崩れを防止するためにとても重要なポイントですよ。また、しっかりと保湿をしておくことによって、メイクノリを良くしてくれるので、厚塗り感のない透明感ベースメイクにも仕上げやすくなります。

メイク前には水分補給をしっかりと
出典:girlydrop.com

朝のスキンケアで重視したいのが『水分』による保湿です。クリームなどの油分が多すぎるとべたつきやベースメイクのムラに繋がりやすいので、朝のスキンケアでは乳液にするかクリームは少量にするのがポイントです。代わりに化粧水をたっぷりとお肌に浸透させてあげたり、時間のある朝にはフェイスパックでリラックスしながら保湿してあげるのがオススメです。

また、夏場は肌表面の温度が上がりやすいので、ひんやりとしたテクスチャーの化粧水や美容液がオススメです。ひんやりとしたスキンケアを取り入れることで、毛穴をキュッと引き締めてくれたり、肌の火照りを鎮めてくれるので心地よくメイクがしやすくなりますよ。

プチプラ大容量の化粧水です。かなり水っぽいシャバシャバしたテクスチャーなので、肌にグングン浸透していってくれます。顔だけでなく身体にも使えて、肌に馴染むとひんやりとしてくるので、お風呂上りや日焼け後で肌をクールダウンさせたいときにもオススメです。

同じシリーズから美容液も発売されています。保湿ジェルが肌にたっぷりと潤いを浸透させながら、べた付かずにひんやりとした仕上がりになります。うるおいを肌に与えるだけでなく、肌にうるおいを閉じこめておくような効果もあるので、メイク前には乳液代わりとしても使いやすいかと思います。

化粧下地には崩れ防止タイプを

化粧下地は自分の肌に合わせて崩れを防止してくれるようなタイプをチョイスしましょう。乾燥肌の方は保湿力の高い化粧下地を。脂性肌の方は皮脂テカリを防止してくれる化粧下地を。混合肌の方や小鼻やおでこだけ部分的にテカる・崩れるという方には、ピンポイントでメイク崩れを防止してくれる部分用化粧下地がオススメです。

スキンケアが肌にしっかりと馴染んだのを確認してから、化粧下地を塗っていきます。このときにまだスキンケアが肌表面に残っているな、べたつくなと感じる場合には、軽くティッシュオフして余計な油分やべたつきを取り除いてから化粧下地を塗っていくのがオススメです。

化粧下地は薄く塗り込むように
出典:makey.asia

少量を頬・おでこ・あご・鼻に5点置きしてから、顔の中心を重点的にクルクルと毛穴に刷り込むように馴染ませていきましょう。メイク崩れや毛穴が気になりやすいのは顔の中心部分なので、そこを崩れにくくしておくだけでもベースメイクの仕上がりモチはかなり変わってきますよ。肌全体に薄く広げ終わったら、手のひらで顔を包み込むようにハンドプレスしてより肌にしっかりと密着させてあげましょう。

乾燥肌の方にオススメなのがこちらです。高いSPF値で夏場の厳しい紫外線からもしっかりと肌を守りながら、ニベアの高い保湿力も兼ね備えた化粧下地効果もある日焼け止めになっています。プチプラで保湿力が高い化粧下地がないと悩んでいる方は、ぜひこちらをオススメします。

プチプラで皮脂・テカリに強い化粧下地といえば、セザンヌですよね。さらっとしたテクスチャーが肌にピタッとフィットし、肌表面をサラッとさせてくれるので次に塗るファンデーションも塗りやすくなります。肌のトーンを自然に上げてくれるピンクベージュ系と新色としてブルーも登場したので、メイク崩れを防ぎながら透明感がほしい方にイチオシです。

部分用化粧下地でオススメなのがこちらです。以前は期間限定の商品でしたが、人気のあまり定番商品に仲間入りしました。テカリや毛穴が気になる部分にブラシで塗って馴染ませるだけで、薄くヴェールをかけたかのような綺麗なサラサラ肌に仕上げてくれます。小振りなサイズ感で使い切りもしやすいので、夏場だけ使う化粧下地をお探しの方にもオススメです。

リキッドファンデーションを肌に薄く♡

メイクを崩したくない時には密着力の高いリキッドファンデーションがオススメです。毛穴や色ムラをナチュラルにカバーしながら薄くピタっと密着してくれるので、メイクを崩れにくく透明感のある綺麗な肌に見せてくれます。

ファンデーションも化粧下地の時と同様に5点置きしてから、顔の中心を重点的に塗って顔の外側に向かって馴染ませてあげます。顔の中心が綺麗に見えると肌全体が綺麗に見えるので、基本的には顔の外側にはそんなに塗らなくて大丈夫です。ベースメイクは厚く塗れば塗った分だけ厚塗り感を出し、皮脂や汗でメイク崩れしやすくなってしまうので、1つ1つを薄く広げていきましょう。

リキッドファンデーションを塗っていくのには、指よりも『水に濡らして使うスポンジ』か『ファンデーション用のブラシ』をオススメします。指だとカバー力は出ますがどうしても色ムラや厚塗り感が出やすいので、顔全体に薄く・均一に・手早く広げやすいツールを使う方がメイク崩れ防止にもつながりますし、仕上がりも綺麗になりますよ。

崩れにくいファンデーションとして、@コスメにて2017年に殿堂入りを果たしているリキッドファンデーションです。しっかりと肌トラブルをカバーしながら皮脂をコントロールして、メイク仕立てのマット肌をキープしてくれます。全6色展開とプチプラとは思えない豊富なカラー展開になっているのも、自分にピッタリのカラーを見つけやすくてうれしいポイントですね。

先ほどのものは人によって乾燥や伸びの悪さを感じる場合があるので、そういう方には保湿力が高くなっているこちらがオススメです。保湿力が高く伸びが良い分、カバー力は少し劣りますが乾燥肌の方でも使いやすく、メイク崩れもしにくいファンデーションになっています。仕上がりもセミマットなので、よりナチュラルな仕上がりにしたい方はこちらの方が向いているかもしれませんね。

肌トラブルはコンシーラーでカバー!

ファンデーションが薄い分、クマやニキビ跡などの濃い肌トラブルは隠せていないので、そこはファンデーションを重ねるのではなくコンシーラーでしっかりとカバーしていきましょう。コンシーラーもファンデーション同様、肌に密着させやすくヨレにくい『リキッドタイプ』がオススメです。

コンシーラーを指やスポンジでぽんぽん馴染ませて
出典:makey.asia

コンシーラーはカバー力が高い分、広げ過ぎると厚塗り感やメイク崩れの原因になりやすいので注意が必要です。気になる部分にだけのせるようにコンシーラーを置き、指やスポンジを使ってぽんぽんと馴染ませてあげましょう。あまりポンポンし過ぎるとコンシーラーが薄くなってカバー力が弱くなってしまうので、ある程度叩き込んだらコンシーラーの輪郭だけぼかしてあげるように馴染ませるのがポイントです。

2018年4月に新登場したコンシーラーで、カバー力が高いのに伸ばしやすくヨレにくいようになっています。カラー展開が5色と豊富で、自分の肌色や肌悩みにピッタリのカラーを見つけやすいかと思います。またチップが小振りになっているので、今回のようにピンポイントでカバーしたいときにピッタリなコンシーラーですね。

フェイスパウダーで肌をセット

パウダーをのせる前に、スポンジで肌全体の余計な皮脂や油分、ファンデーション・コンシーラーを取っていきます。ベースメイクは塗っていく間にも皮脂やテカリはどうしても出やすく、そのままパウダーをのせてしまうとパウダーが付き過ぎたり、ムラになりやすいので、そうならないようにパウダー前にスポンジで肌を整えてあげるのがオススメです。

崩れやすい部分にだけしっかりとパウダーを
出典:makey.asia

肌の状態を整えたら、フェイスパウダーをのせていきます。夏場はしっかりとパウダーをのせていきたいので、色のつかないクリアタイプがオススメです。Tゾーンや目の下、フェイスラインなどテカリやメイク崩れが気になりやすいポイントに、スポンジやパフを使って抑えるようにしっかりとのせていきましょう。フェイスラインをサラサラにしておくと顔全体もサラサラだと感じやすく、髪がベタッと付きにくくなるので夏場にはぜひパウダーを付けておくことをオススメします。

このままだとパウダーがしっかりとのり過ぎているので、柔らかいブラシで肌を磨くようにくるくるとブラシを動かし、余分な粉を払いながらパウダーをのせていない部分にもなじませていきましょう。このひと手間があるだけで、肌表面をサラッとさせながらも肌に自然なツヤや透明感が生まれるので、どうしてもパウダーを厚く重ねがちな夏場にオススメなのせ方です。

テカリの元となる皮脂や汗をコントロールする2種類のパウダーを配合したルースパウダーです。皮脂吸水パウダーが肌表面の余分な油分を吸い取り、赤ちゃんのようなすべすべサラサラの肌に仕上げてくれます。イニスフリーは韓国のブランドで日本ではまだ表参道にしか店舗がないので、少しゲットしにくいかもしれませんが、かなり肌がサラサラに仕上がるのでオススメです。

近場のドラッグストアでゲットしたい!という方には、ベビーパウダーがオススメです。赤ちゃんの肌に使えるほど肌に優しい処方で、サラサラの肌に仕上げてくれます。固形タイプのコンパクトなベビーパウダーもあるので、ルースパウダーの粉飛びが苦手という方でも安心して使いやすく、持ち歩き用のパウダーとしてもオススメです。

夏でも綺麗な肌に…♡

夏でも綺麗な肌をキープ♡
出典:makey.asia

これで夏にオススメの『透明感ベースメイク』の完成です。気になる毛穴や肌トラブルはしっかりとカバーしながら、汗・皮脂にも負けないメイク崩れしにくいようなベースコスメ・ベースメイク方法になっています。今年の夏はぜひこのベースメイクで、透明感のある綺麗な肌をキープしてみてください♡

一緒に読まれるまとめ記事
まとめ記事に関するキーワード