「かわいい」を目指す女の子のためのメイク方法投稿サイト MAKEY(メイキー) おすすめのコスメや初心者にも分かりやすいメイク方法/やり方を紹介

メイク初心者さん向け!基本的なナチュラルメイクのやり方&コスメ紹介♡

就職・進学などの新生活に向けて、メイクを始めたという方は多いのではないでしょうか。今回はそんなメイク初心者さん向けの基本的なナチュラルメイクのやり方と、プチプラでゲットできるオススメのコスメについてご紹介しいていきます!

ちゃっぷ ちゃっぷ

初めてのメイクは不安でいっぱい…

初めてのメイクは不安でいっぱい
出典:girlydrop.com

新学期や新生活に向けて「メイクをはじめた」というメイク初心者さんは多いのではないでしょうか。今までしてこなかったことを始めるというのは不安がいっぱいで、何を揃えればいいのかどう使えばいいのか分からないことばかりですよね。

基本的なナチュラルメイクのやり方紹介!
出典:makey.asia

今回はそんな方にぜひオススメしたい、メイク初心者さん向けの基本的なナチュラルメイクのやり方オススメのコスメについてご紹介していきます。初めてのメイクという方にもわかりやすいように、できるだけ詳しくご紹介するので「メイクについて全く知らない!」という方でも参考にしやすいかと思います。最後に慣れてきた方向けのちょっとしたプラスαもご紹介するので、ぜひそちらもチェックしてみてください!

オススメのコスメブランドは『キャンメイク』!

まず用意するコスメ(化粧品)ブランドとしてオススメなのが『CANMAKE(キャンメイク)』です。ドラッグストアやプラザ・ロフトなどの身近なお店でゲットしやすく、高品質だけどプチプラ(低価格)という、メイク初心者さんにイチオシのブランドになっています。最初は色々なブランドのコスメを使用せず、一つのブランドに絞った方がメイクのバランスが取りやすくなるのでオススメです。

今回ご紹介するコスメはそんな中でも特に使いやすいもの人気のものだけをチョイスしているのでメイク初心者さんでも安心です。ただ、『肌色』や乾燥しやすいなどの『肌質』は人によって異なるので、どんなカラーにするかは必ず自分の目で見て、手の甲などで試してから購入することをオススメします。

スキンケアも忘れずに!
出典:girlydrop.com

また、メイクをするためには『スキンケア』が欠かせません。メイクをする前には洗顔・化粧水・乳液などでしっかりと保湿をしてからメイクを、寝る前やお風呂前には必ずメイクをクレンジング(メイク落とし)してから、再び保湿をしっかりとしましょう。ここを怠ると肌はボロボロになってしまうので、必ず忘れないようにしてください!

化粧下地・ファンデーション不要の『BBクリーム』

まずはベースメイク(肌をきれいに見せるメイク)からご紹介します。本来は化粧下地・ファンデーションなど色々と塗り重ねなければならないのですが、今回はそんな工程を1本で済ませてくれる『BBクリーム』を使用していきます。BBクリームは元々医療用に使用されていたファンデーションで、傷を隠すためのカバー力(肌をきれいに見せる力)が強く高い保湿効果があるので乾燥しやすい方にも向いているクリームです。

顔に5点置きしてからスポンジで
出典:makey.asia

のせるときには手の甲にパール1粒分くらい出してから、反対の指で少しずつ取りながらおでこ・鼻・両頬・あごに点を置くように5点置きをします。そして『メイクスポンジ』を使用して、顔の中心を重点的に塗ってから顔の外側に馴染ませてあげて、全体的に薄く広げてあげましょう。スポンジを使用することで薄く・均一に・綺麗にファンデーションを広げることができるので、メイク初心者さんにはスポンジをオススメします。メイクスポンジは100円ショップでも購入できるので、ぜひチェックしてみてください。

こちらはこれ1本で乳液・美容液・UVカット(日焼け止め)効果・化粧下地・ファンデーションの効果がある多機能なBBクリームです。UVカット効果が高いので、こちらを使用するときには身体にも日焼け止めを忘れずに塗ってあげないと、顔だけ白くなるので注意してください。

これ1本でもカバー力があるので肌を綺麗に見せてくれますが、目の下のクマニキビ跡などカバーしきれていない部分には『コンシーラー』を使用していきます。ファンデーションよりもカバー力が高いものなので、ファンデーションでカバーしきれなかった部分も綺麗に隠してくれますよ。リキッド(液体状)・スティック(固形)・パレット(多色)など色々と種類がありますが、メイク初心者さんには扱いやすい『スティック』がオススメです。

気になる部分にだけコンシーラーをON
出典:makey.asia

コンシーラーは気になる部分にだけ少量のせるようにして、あまりのせ過ぎないようにするのがポイントです。のせ過ぎると厚塗り(ファンデーション塗っています!というケバい仕上がり)に見えてしまったり、時間が経ったときにメイクが汚く崩れ(メイクが浮く・ヨレる・取れるなど…)やすくなるので注意してください。のせたらスポンジを使ってぽんぽんっと肌に向かって優しく垂直に叩き込んで、ファンデーションとの境目がくっきりとしないように馴染ませてあげましょう。

カバー力が高く、気になる肌悩みをしっかりとカバーしてくれるコンシーラーです。保湿成分が配合されているので、乾燥が気になる季節にも安心して使用できます。カラーバリエーション(色展開)が豊富なので、自分の肌にピッタリのカラーを選んでみてください。

パウダー前にクリームチークを仕込んで

次にチークをのせていきます。チークを塗ることによって顔に血色感明るさを与えてくれるので、女性らしく暖かみのある雰囲気に仕上げることが出来ます。今回は特にナチュラルで肌なじみの良い『クリームチーク(練りチークとも言います。保湿力が高くツヤっとした仕上がりになります。)』を使用していくので、メイク崩れしにくく自然な血色感を演出しやすいかと思います。

チークもスポンジでぽんぽんと
出典:makey.asia

クリームチークは基本的には指でのせていくものですが、メイク初心者さんには『スポンジ』をオススメします。スポンジの綺麗な面でクリームチークを軽くつけたら、ニコッと笑ったときにぷくっと盛り上がる部分から、顔の外側に向かって楕円を描くように叩き込んでいきましょう。擦るとベースメイクがヨレるので、ぽんぽんっと叩き込んでいくのがポイントです。チークが広範囲過ぎたり濃すぎるとメイクのバランスが取りにくいので、ほのかに色味が出てるかな?くらいで十分です。

こちらはリップにもチークにも使えるジェルタイプ(油分が少なくべたつかないのに、みずみずしい使用感)で、肌にじゅわっととろけるように馴染んでいってくれるので、メイク初心者さんにも扱いやすく、メイクに慣れた頃にも活躍してくれるようなチークです。

ベースメイクの最後に、メイクが崩れやすい方や脂性肌さん(顔に汗・皮脂が出やすい方)は、仕上げのフェイスパウダーをのせてあげましょう。フェイスパウダーをのせることによって、皮脂や汗を抑えて肌表面をサラッと仕上げてくれるので、メイク崩れを防いだりテカり(汗・皮脂による肌のギラつき)を抑えてくれる効果があります。乾燥肌の方や季節によっては肌に必要なうるおいまで奪ってしまう場合があるので、自分の肌の状態を確認しながら使用していきましょう。

キャンメイクのパウダーと言えば『マシュマロフィニッシュパウダー』が有名なのですが、色付きのパウダーは塗り方を間違えると厚塗り感が出やすいので、メイク初心者さんには色のつかないこちらのパウダーをオススメします。肌をふんわりと優しくセットしてくれますし、コンパクトなのでメイク直しの時にも便利ですよ。

アイブロウはパウダーがオススメ!

次にアイブロウ(眉)を描いていきます。アイブロウにもペンシル(鉛筆型)やパウダー(粉状)など色々種類がありますが、メイク初心者さんには『パウダータイプ』がオススメです。アイブロウパウダーは2~3色入っているものが多いのでグラデーション眉をつくりやすく、比較的扱いやすく簡単に自然な眉に仕上げることができます。

アイブロウは眉尻が濃く、眉頭が薄くなるように
出典:makey.asia

まずは濃い色のパウダーを付属されているチップ(目の細かいスポンジ)に取り、眉の中間から眉尻側(顔の外側・眉の終わり)を描いていきます。ここをしっかりと描くことにより、眉の形がはっきりとして清潔感を出すことが出来ます。次にブラシの方で明るい色のパウダーを取り、眉の中間から眉頭側(顔の中心側・眉のはじまり)の眉毛の隙間を埋めるように、ブラシを左右に動かしながらのせていきます。このとき、眉頭が濃いと野暮ったい印象に見えたり不自然になりやすいので、眉の中間あたりを重点的にのせて、眉頭はブラシに残ったパウダーをふわっとのせる程度にするのがポイントです。

眉の長さについてですが、眉尻は小鼻(鼻の横)から目尻(目の外側)の延長線上あたりが、自分の顔にあった眉の長さと言われています。さらに、眉山(眉の一番高い部分。ここから眉尻に向かってだんだんと細くなっていく)は目尻の上あたり眉頭は小鼻の上あたりを目安にすると眉のバランスが良くなりますよ。形はお好みですが、剃刀やハサミを使用して普段からしっかりと形を整えたり、眉のお手入れをしておくとアイブロウメイクが簡単になるので日頃から気を付けておきましょう。

ナチュラルなブラウン系アイブロウパウダーが揃っているので、自分の髪色に合ったカラーをチョイスしてみてください。ふんわりとした粉質がぼかしやすく、眉だけが濃くなるのを防いでくれます。眉がしっかりとしている方は、2色を混ぜて眉の隙間を全体的に埋める程度でも大丈夫です。

アイメイクは目をはっきりとさせる程度に

アイメイクはシンプルに
出典:makey.asia

次にアイメイク(目元のメイク)です。アイシャドウ・アイライナー・マスカラを使用していきます。アイメイクをすることで目ヂカラを出したり、目を大きく見せる効果がありますが、最初はあまり濃くし過ぎずにシンプルに、目元をはっきりとさせる程度にするのがオススメです。

アイシャドウは3~4色ベージュカラー・ブラウンカラーを使用してグラデーションをつくり、ナチュラルに目元をはっきりとさせていきます。ブラウンは肌なじみがとても良くグラデーションがつくりやすいですし、ファッションや場面(仕事・学校・デート)を問わずに使用しやすいので、はじめてのアイシャドウパレットにはベージュ・ブラウン系がオススメです!

アイホールに一番明るいカラーを

①まずはベースカラー(左上の一番明るいカラー)をアイホール(まぶたの骨より内側)全体に指で広げていき、まぶたのくすみや影を飛ばして明るい目元に見せていきます。下まぶたには付属のチップを使って、同じカラーを涙袋部分にも入れて上げましょう。

メインカラーを二重幅より少しはみ出す程度に

②次にメインカラー1(右上の少し濃いカラー)かメインカラー2(左下の1より濃いカラー)をチップに取り、二重幅(目の際から二重になっているラインまで)から少しはみ出すくらいまで入れていきます。下目尻から目の中間あたりにも同じカラーを三角形を意識して入れ、より目を大きく見せてあげましょう。1の方がよりナチュラルに、2の方が少し濃いメイクに仕上がるので、気分に合わせて使い分けてみてください。

目の際に細くラインカラーを

③最後にラインカラー(右下の一番濃いカラー)をチップの先端に取り、上まぶたの目の際に細く入れてあげます。濃いカラーを目の際に入れることで、目をグッと引き締めることができますが、このままだとそれぞれの色の境目がくっきとし過ぎるので、指をワイパーのように左右に動かしながら上に向かってぼかしていきましょう。力を入れ過ぎたりやり過ぎるとグラデーションが崩れてしまうので、指に力を入れずに軽いタッチでぼかすのがポイントです。これでアイシャドウは完成!

カラーバリエーションが豊富なので自分に合ったカラーを見つけやすく、メインカラーが2色入っていることによって、1つのパレット(多色入りアイシャドウ)で色々なパターンのメイクを楽しむことができるアイシャドウです。

アイシャドウを入れ終わったら、次にアイラインを引いていきます。アイラインはアイシャドウを入れた後に入れることで、滲み・パンダ目(崩れたアイラインで目の周りが黒くなる現象)防止になります。アイライナーはクレンジングが簡単なお湯落ちタイプで、くっきりとしたラインを引きやすいリキッドライナーをオススメします。

まつ毛の隙間を埋めるように目の際に細く
出典:makey.asia

まずはまつ毛の隙間を埋めるように目の際に細く引いていきます。目線だけ下に向けるように鏡を見てまつ毛の根元を見やすい状態にしてから、アイライナーを横にしてまつ毛の根元にスタンプをするように少しずつ引いていきましょう。ひじを机やひざで固定しながら引くと、手ブレを防いでまっすぐな線を引きやすくなりますよ。目尻側は目の幅より3㎜くらいはみ出させ、少しだけ目の横幅を強調してあげればアイラインは完成です。

目の形やまつ毛の量によってはまつ毛の隙間が埋まりきっていない場合があるので、そういう時にはアイライナーを縦に持ち、目の下側から差し込むように筆先でちょんちょんっとまつ毛の隙間を埋めてあげましょう。また、アイラインが滲みやすい方はアイライナーがしっかりと乾いたのを確認してから、アイシャドウのラインカラーをもう1度チップの先端に取り、アイラインの上に置くようにのせてあげて滲みを防止してあげましょう。

こちらは滲みにくいウォータープルーフ(水・皮脂・汗に強いので滲みにくい。ただ、クレンジングしにくい)でありながら、お湯でオフ(お湯で馴染ませることで落ちる。クレンジングの手間が少ない。ものによっては滲みやすい)出来る優れもので、滲みにくいのにオフ(メイクオフ。メイクを落とすこと)しやすいアイライナーです。適度にしなるフェルトタイプなので、目の際にもしっかりとスタンプしやすいかと思います。

アイメイクの最後に、ビューラーをしてまつ毛をカールさせてからマスカラを塗っていきます。まつ毛をカールさせてマスカラを塗ることによって、まつ毛を長く・濃く・太く見せ、目をパッチリと大きく見せてくれます。ビューラーは根元、中間・毛先と軽いタッチで挟んでいき、目頭・目尻に上げ残しがないように左右に傾けながら何度か挟んでいきましょう。

マスカラを塗ってアイメイクは完成
出典:makey.asia

マスカラは根元から毛先に向かってスーッとそのままブラシを動かし、まつ毛全体に液を塗っていきましょう。塗り過ぎると束(まつ毛とまつ毛がくっつく)になってしまったり、ダマ(マスカラが塊で付くこと)になるので、液が多すぎる時にはティッシュでブラシに付いた余分なマスカラ液を落としてから塗ったり、何度も塗り重ねないようにしましょう。下まつ毛にはブラシを横にしたり縦にしたりして、同様に根元から毛先に塗っていきましょう。

こちらもウォータープルーフでありながらお湯落ちのマスカラです。まつ毛のボリュームを出しながら繊細に、ナチュラルに仕上げてくれるのでメイク初心者の方でも扱いやすいマスカラです。

リップで血色感をUP

次にリップを塗っていきます。チークの時に使用したリップ&チークジェルでも大丈夫ですが、外出中の塗り直しのしやすさを考えるとスティックタイプをオススメします。塗るときにはリップスティックを唇の上で少しそのまま置き、体温でとかしながら左右に向かって塗っていきましょう。口を少し半開きにして、口角や輪郭に塗り残しがないように注意していきましょう。

リップが濃すぎる時やべたつきが気になるときには、ティッシュを唇の上にのせ軽くプッシュして、余計な油分やカラーを落としてあげる『ティッシュオフ』がオススメです。こするとリップが取れ過ぎてしまうので、ティッシュにキスするように軽く抑えるのがコツです。

リップバームの保湿力ルージュ(口紅)の発色を併せ持つリップスティックで、グロスのようなツヤ感やUVカット効果もあるので、これ1本でリップメイクを完了することが出来ます。カラーバリエーションが豊富で、テスターでしっかりと自分に合う色をチョイスしやすいです。

慣れたらちょっと₊α…♡

アイシャドウやリップのカラーを変えて
出典:makey.asia

メイクに慣れてきた方はちょっと₊αしていつもとは違ったメイクを楽しんでみるのもオススメです。メイク初心者の時にはどうしてもいつも同じメイクになりがちですが、のせ方やカラーを変えることで、お顔の印象はガラッと変わるのでぜひ試してみて頂きたいです。

ナチュラルメイクの時には、アイシャドウは目の際から上に向かってグラデーションにした『縦のグラデーション・横割りグラデ』が定番ですが、少し華やかな印象にしたいときには目頭から目尻に向かって濃くなっていく『横のグラデーション・縦割りグラデ』がオススメです。縦のグラデーションは可愛らしい印象に仕上がりやすいですが、横のグラデーションは黒木メイクさんや菜々緒さんのようなクールビューティー系に仕上がります。

アイラインの太さや長さをチェンジ♡
出典:makey.asia

また、涙袋やまぶたの中央にだけラメを入れてあげたり、アイラインを太くしたり長くしたりすることでまた目元がパッと華やかにデカ目効果をさらにUPさせることが出来るので、目が小さいのが悩みという方はぜひ試してみて頂きたいです。ただ、目元を主張するとナチュラルメイクではなくなるので、メイクする場面はしっかりと考慮した方が良いですね。

濃いリップもグラデでナチュラルに
出典:makey.asia

ナチュラルにメイクの印象を変えたい方は、リップカラーを変えるのがオススメです。少し濃いカラーに変えることで、パッと顔を華やかに大人っぽく仕上げてくれます。濃いカラーが似合わない…と思っている方でも、唇にもグラデーションをつくってあげる『グラデリップ』にしてあげることで、濃いカラーをナチュラルに使いこなせるようになるので、ぜひ挑戦してみてください。

メイクを楽しんで!

メイクを楽しんで♡
出典:makey.asia

メイク初心者さん向けの、基本的なナチュラルメイクのやり方をご紹介しました。メイクの用語についてや、のせ方についても出来るだけ詳しくご紹介したので、初メイクの参考になればうれしいです! メイクを面倒・苦手と思わず、ぜひ色々な自分を楽しんでみてください♡

一緒に読まれるまとめ記事
  • メイク初心者でもOK!失敗しない簡単ナチュラルメイクのやり方とおすすめコスメ

    メイクを始めたばかりの方は、どんなメイクが自分に似合うのか、どんなコスメを買ったらいいのか迷いますよね。そんな時はまず自分の顔立ちを生かしたナチュラルメイクから始めてみましょう。今回は初心者でも失敗しらずな簡単ナチュラルメイクのやり方とおすすめアイテムをご紹介します!

  • メイク初心者向け!基本のベースメイク手順と使えるプチプラコスメまとめ

    お肌が美しいと、メイクの仕上がりにも大きな差が出ます。何となくメイクしている方は今一度ベースメイクの基本手順をおさらいしておきましょう。ベースメイクに使えるプチプラコスメもご紹介。

  • メイク初心者さんにもオススメ♪簡単メイクにオススメのプチプラコスメ♪

    メイク初心者にも簡単にメイクができちゃう簡単メイクでは、プチプラコスメがオススメです。手軽にお試しできるプチプラコスメならコスパも良くて使いやすくてオススメですよ♪

  • 初心者のための基本編♡簡単メイクができちゃうコスメ

    メイク初心者の人は、どんなコスメを使ってメイクをすればいいのかちょっとわからない、自信がない…なんてこと、ありますよね。ここでは、簡単メイクをするために必要なコスメをご紹介します♡

  • うさぎメイクのやり方徹底解説!チークをアイシャドウに!?簡単メイク方法ご紹介♪【初心者必見】

    うさぎメイクってどうやるの?血色チークが流行している中、おフェロメイクやピンクメイクとも違う泣きはらしたような無防備さがあどけなく、可愛らしいうさぎメイク♡のやり方を紹介します!

  • 【男女両ウケ♡】すっぴん風メイクのやり方

    芸能人の間でも流行っているすっぴん「風」メイク。まるですっぴんのような透明感のあるナチュラルな仕上がりなのですが、それはあくまでも「風」でちゃんとメイクはしているんです。メイクするとどうしても重ねていって厚くなっていきがちですよね。でも、すっぴん風メイクなら押さえるところをちゃんと押さえたメイクをするので厚くならず、まるですっぴんのような顔になれるんです!おしゃれ顔に見えるのに必要な、肩の力が抜けた自然な抜け感と透明感を手に入れ、彼や友達からの「すっぴん綺麗だね」を目指して元から美人を気取っちゃいましょう♡おすすめプチプラ&デパコス人気アイテムもご紹介します!

  • 【1000円以下】で買える優秀ティントリップ20選【プチプラ】

    唇の角質層まで浸透してしっかり染め上げるので、持ちが良いのが人気なティントタイプのリップ。最近では多くのブランドからティントリップが発売されていますよね。今回は、1000円以下でゲットできる人気のティントリップを一気に20個ご紹介します。ぜひ参考にしてください♩

  • 目頭メインに♡ナチュラルなのに印象的な『囲み目メイク』のやり方!

    カッコよく印象的な目元をつくれる『囲み目メイク』に憧れている女性は多いのではないでしょうか。ただ、印象的過ぎるあまり「似合わない」と悩みやすいメイクでもありますよね。今回はそんな方向けに、ナチュラルに印象的な目元を楽しむ『囲み目メイク』のやり方をご紹介していきます。プチプラコスメだけでも簡単にできるので、興味のある方はぜひ参考にしてみてください♡

まとめ記事に関するキーワード