「かわいい」を目指す女の子のためのメイク方法投稿サイト MAKEY(メイキー) おすすめのコスメや初心者にも分かりやすいメイク方法/やり方を紹介

2018/04/24 更新

【奥二重必見】アイラインは3つのポイントさえ押さえればよい

奥二重の方の万年の悩み、アイラインの引き方について詳しくご紹介していきます。奥二重だからって関係ない!簡単なポイントを抑えるだけで、アイラインを引いてもナチュラルな目元に仕上がりにできます。これでグッとメイクの幅が広がるがず♡

あさきゆめみし あさきゆめみし

アイライン引きたいのに、、、

引き算メイク アイライン 奥二重
出典:weheartit.com

拝啓奥二重の皆様。アイラインを引きたいのに、まぶたに隠れてしまう、キツイ目になってしまう、まぶたや涙袋に当たってパンダ目になってしまう、などなど、困った経験をしたことはありませんか?でも大丈夫!アイプチしなくたって自然なメイクをすることができます。今回はそんな問題を解決するべく、いくつかのポイントを紹介しますね!もちろん目の形によって雰囲気は変わるものなので、とりあえずはアイラインを引く突破口として、参考にしていただけたらと思います。

うわさの引き算メイク

奥二重の方々にぜひ試していただきたいのは、目尻だけのアイラインです。
目頭が一重になってて嫌だ、、、と思ったことのあるそこのあなた。しかしそのラインは、言い換えれば天然のラインがあるということです。すでに天然のラインが入っている奥二重にとって、あと必要となるのはなんでしょうか?そう、目尻のラインだけです。いらないものを排除すればよりシンプルで自然な仕上がりになります。

How to do...♡

目の一番山になっているポイントと目尻のちょうど真ん中あたりからラインを引きます。このとき、ラインは極力細く描くようにして下さい。

奥二重 メイク アイライン
出典:twitter.com

ラインを引き進めたら、目尻から約1mmを残して、実際の目より上に続きのラインを引きます。こうすることで、元の目より大きい輪郭ができるので、目を大きく見せることができます。
目尻の部分は、お分かりの通り少し上にはねあげればネコ目メイクに、平行に引けばナチュラルに、下に下げればタレ目メイクに仕上がります。ちなみに奥二重には平行に引くナチュラルメイクが似合います☆

ワンポイントプラスして、、、!

アイラインと目尻の隙間を埋めるように、下の目尻1mmほどのところから茶色のシャドウを入れると、ナチュラルな大きい目に仕上がります。少しの工夫が大きな印象の差を生み出してくれます!
また、目尻にポイントカラーを入れる際には、自分の二重幅の二倍の範囲に色を入れると奥二重でもちゃんと映えるメイクになります。

お悩み解決Q&A!

まぶたにラインがつくよ、、、

>>>①ラインを極力細く引いてください。

一番要因になりがちなのは、ラインを太く引きすぎること。アイラインが太くなると、その分二重のラインが見えにくくなってしまいます。さらに腫れぼったいまぶたが上からのしかかり、せっかく引いたラインをさらっていきます。
奥二重にとって貴重な二重幅。何としても死守しましょう。
だけどラインを細くしたら目立たないんじゃないかな、と思うかもしれません。安心してください!存在感のないラインだとしてもきちんと見映えは変えてくれます。

目元が黒ずみます、、、

>>>②リキッドタイプを使いましょう。

初心者は特に、失敗してもそんなに目立たなく、ラインを引きやすいペンシルタイプを使うことが多いと思います。しかしその簡単さが故に、時間が経つとペンシルの粒子が移動し、どうしても目元にじんわり広がっていきます。奥二重の方々は特に、ラインとまぶたがこすれる頻度が多くなるので黒くなりがちです。
そんな奥二重の強い味方が、リキッドタイプです。最近では筆が硬めになっているので、ラインの幅を一定に保つのも簡単になっています。アイラインを引くことに慣れてきたらぜひ使ってみてください。

KATEのこの種類は、筆がかたく、間違えて太くなっちゃった!という失敗ともおさらばできます。色は濃く出過ぎないので、初めて使う方でも安心です♡リキッドにシフトしようかなと考えている方、より使いやすいアイライナーをお探しの方、試してみてはいかがでしょうか?

印象がきつくなります、、、

>>>①ラインを細く引きましょう。(2回目)

>>>③茶色のアイライナーを使ってみましょう。

つぶらな瞳に黒くてしっかりとしたラインを引くと、どうしても強い印象を与えます。もちろん意図的にクールビューティーな仕上がりにするのもありです。しかし、ナチュラルに仕上げたいのにうまくいかない、、、と悩んでいるのであれば!!ぜひ茶色のライナーを使ってみてください。色の違いだけでガラリと雰囲気が変わります。
また、黒のライナーで引く場合、線を細くするだけで十分印象が変わってきます。ラインが細くなることで二重幅が見えるようになり、柔らかい印象を与えることができます。

おわりに、、、

いかがでしたか?
今回は奥二重のアイラインの引き方にフォーカスして方法をご紹介しました。起こりがちな問題だけ触れてみましたが、お役に立ったでしょうか?目尻だけに細くなるべくリキッドでという3点を頭に入れて、ぜひ実践してみてください!少しずつ方法を変えて、自分に合う方法を見つけてみてくださいね☆ 敬具

一緒に読まれるまとめ記事
まとめ記事に関するキーワード