「かわいい」を目指す女の子のためのメイク方法投稿サイト MAKEY(メイキー) おすすめのコスメや初心者にも分かりやすいメイク方法/やり方を紹介

日本とは異なる最新流行情報も♡2018年版『韓国メイク』のやり方紹介!

韓国メイクと言えばオルチャンメイクのイメージが強いですが、実はその情報…古いんです。今回は最新の流行情報と共に、2018年版『韓国メイク』のやり方をご紹介します。比較的ナチュラルになっているので、ぜひ気軽に挑戦してみてください。


オルチャンメイクはもう古い…?

韓国メイクと言えばオルチャンメイクのイメージが強いですが、実際の韓国ではもうオルチャンメイクは古いメイクになりつつあるそうです。日本でメイクのトレンドが変わっていくように韓国のメイクトレンドも変わっており、現在は韓国メイクは昔のオルチャンメイクとは少し違った雰囲気になっている印象があります。

2018年版韓国メイクのやり方
出典:makey.asia

今回はそんな2018年版『韓国メイク』のやり方をご紹介していきます。オルチャンメイクとは重視しているポイントが変わってきているので、オルチャンメイクに苦手意識を持っている方でも挑戦しやすいメイクになっているかと思います。日本とは異なる最新の流行情報を知っておくとメイクを楽しむきっかけにもなりやすいので、興味のある方はぜひ参考にしてみてください!

ベース・アイメイク・リップが特徴的!

2018年版韓国メイクのポイントとなるのがベースメイク・アイメイク・リップで、今までのオルチャンメイクよりもナチュラルな雰囲気に変化しています。他のポイントメイクはそんなに変化しておりませんが、よりナチュラルな雰囲気に仕上がるように工夫してあるので、普段メイクとしても取り入れやすいかと思います。

美白はそのままに自然なツヤ感が人気!

韓国メイクというとクッションファンデでツヤツヤの美白肌のイメージがありますが、現在はもう少し落ち着いた自然なツヤ肌が人気となっています。韓国コスメブランドからもマット系のクッションファンデが発売されていたり、フェイスパウダーを重ねてツヤを抑えていたりする方も増えてきているようですね。

クッションファンデだけで美白にしようとすると日本人の顔では白浮きしやすいので、まずはコントロールカラーを仕込んで、顔に明るさを出しながら美白に見せるのがオススメです。ブルー・パープル・ピンク系のカラーを使用して、顔の中心にだけ仕込んでナチュラルに顔に明るさを出してあげましょう。

クッションファンデをON
出典:makey.asia

次に肌色に合わせたクッションファンデを、顔全体に叩き込んでいきます。この後にシェーディングでフェイスラインは引き締めてあげるので、クッションファンデをフェイスラインにまで入れて大丈夫です。これだけでカバーしきれなかった部分はコンシーラーを使用して、しっかりとカバーしてあげましょう。

メイク崩れが気になる方やテカりが気になる方は、フェイスパウダーで軽く抑えてあげましょう。ツヤ感を損なわないように、ふんわりとしたブラシを使用して置くようにぽんぽんっとのせてあげます。最後に余分な粉を払ってあげると、より綺麗なツヤに仕上がるのでぜひ試してみてください。

平行太眉は変わらず!眉尻は自然に下げて

平行太眉は変わるず定番
出典:makey.asia

韓国メイクの特徴とも言える『平行太眉』は、変わらず定番となっています。ただ、ナチュラルに見えるように直線的過ぎず、眉尻側は自然に下げるように変化しているようです。さらに、今回はよりナチュラルに見せるために、ペンシルとアイブロウパウダーを使い分けて描いていきます。

まずは髪色より明るめなペンシルを使用して、アウトラインを描いていきます。髪色に合わせたペンシルで平行太眉を描くと主張が強すぎて普段メイクとしては取り入れにくいので、明るめなペンシルで描いていくことが重要です。最初に上下眉頭から眉尻まで直線的に平行に引いていきます。次に眉山から眉尻に向かって自然に下げつつ、だんだんと細くなって自然にフェードアウトするようにしてあげたら、全体的に中を埋めてあげましょう。

このままだと眉だけ明るすぎるので、髪色に合わせたアイブロウパウダーを使用して、眉の色味を整えてあげましょう。のせる時には眉の中間から眉尻、眉頭に向かって馴染ませるようにのせて、眉の中間が一番濃くなるようにしてあげるとナチュラルな眉に仕上がります。眉の色味に合わせて眉マスカラも忘れずに塗りましょう。

アイラインで横に、マスカラで縦にデカ目に♡

縦にも横にも大きな瞳に
出典:makey.asia

次にアイメイクです。昔の目尻側をくの字で囲んだタレ目ラインではなく、少し太めなタレ目ラインとアイシャドウの入れ方でナチュラルなタレ目に見せます。さらに、ビューラーとマスカラで目の縦幅を出すようにして、縦にも大きいデカ目に見せてあげるのがポイントとなります。

アイシャドウはオレンジ系×ラメ♡

アイシャドウはオレンジ系
出典:makey.asia

まずはオレンジ・コーラル系のカラーを、ベースとして上下まぶた全体に広げていきます。出来るだけ肌なじみが良い、淡いカラーをチョイスして主張し過ぎないようにしましょう。次にオレンジがかったブラウンを二重幅に入れていきます。目を開けた時に少しカラーが見えるように、二重幅から少しはみ出す程度に上にぼかし広げてあげるのがポイントです。目の横幅が出るように、目尻側を長めに入れていきましょう。

上下目尻はつながらないように
出典:makey.asia

同じカラーを下目尻にも入れていきます。三角形を意識して目尻側を太めに入れて、よりタレ目感を強調してあげます。このとき、上下の目尻はつながらないように注意してください。目尻側に隙間を開けることによって、囲み目を回避してデカ目効果を出すことが出来ます。

次に、最近韓国ではリキッドタイプのラメシャドウが人気なようなので、涙袋にはリキッドラメをのせていきましょう。手の甲で量を調節してから、少量を小指や細めのチップで目頭側2/3にのせていきます。このままだとヨレやすい方は軽くパウダーでセットして、メイク崩れを防止してあげましょう。

アイラインはジェルライナーでくっきりタレ目

ジェルライナーでくっきりタレ目に
出典:makey.asia

次にアイラインを引いていきます。しっかりと発色させたいのでジェルライナーがオススメです。まつ毛の隙間を埋めてから、黒目の終わりあたりから目尻に向かってタレ目ラインを引いていきましょう。目尻側だけ太くすることによって、主張しながらナチュラルな仕上がりにすることが出来ます。もっとナチュラルな柔らかい印象にしたい方は、まつ毛の隙間はブラウンのペンシルで埋めるのがオススメです。

お好みで下目尻の際にも少しだけブラウンのペンシルを引いて、よりタレ目感を強調しながら目ヂカラを出してあげても良いと思います。入れ過ぎるとメイクが濃くなってしまうので、まつ毛に沿って細く引く程度にするのがポイントです。

マスカラ下地とマスカラで縦に伸ばして

次にビューラーをして、中央あたりを重点的にカールさせていきます。まつ毛で目の縦幅を出していきたいので、黒目の上あたりに長さを出すようにするのがポイントです。このままだと時間が経つとカールが落ちてしまうので、マスカラ下地を使ってカールをしっかりとキープさせながら長さが出るようにしていきましょう。上下とも目頭から中央あたりを重点的に塗るようにすると、より黒目の中央あたりだけ強調しやすくなるかと思います。

マスカラは軽く
出典:makey.asia

マスカラはブラックのナチュラルなロングタイプをオススメします。マスカラ下地で黒目の中心が長くなりやすいようにしてあるので、マスカラは全体を整える程度に塗るだけで大丈夫です。下まつ毛は主張し過ぎないように軽くにして、少し幼さを演出していきましょう。

シェーディングを重視!スッキリ顔に

チークはひかえめに
出典:makey.asia

韓国メイクではチークは主張したくないので、元々の血色感がある程度ある方はチークなしでも大丈夫です。チークなしだと顔色が悪く見えてしまうという方は、ピンクベージュ系のクリームチーク頬の中央に少しだけのせてあげましょう。スポンジを使用して、かなり小さめな楕円を描くようにすると、主張なく健康的に仕上げることが出来ます。

シェーディングで小顔に
出典:makey.asia

チークが控えめな分、シェーディングでしっかりと立体感を演出してあげます。最近の韓国メイクではコントゥアリングや小顔メイクなど、フェイスメイクにかなり力を入れている方が多いようなので、自分の顔型に合わせてしっかりと引き締めてあげましょう。詳しい小顔メイクのやり方については以前ご紹介しているので、ぜひそちらも参考にしてみてください♡

2色で滲むようなグラデリップに♡

グラデリップは2本で滲むような血色感を
出典:makey.asia

韓国メイクの中でも一番特徴的な『グラデリップ』です。以前なら赤やはっきりとしたカラーだけでグラデーションにしているイメージがありましたが、2018年版では2色で滲むような血色感を演出するのがポイントです。

唇の色味を抑えて
出典:makey.asia

まずはクッションファンデで唇の色味を抑えていきます。ベースメイクの段階で抑えておいても大丈夫ですが時間を置くと乾燥しやすいので、そういう方は唇の輪郭だけぼかしておくくらいにするのがオススメです。

ピンクと赤リップのグラデを
出典:makey.asia

そして唇の輪郭よりも少し内側に、肌なじみの良いピンクベージュ系を塗っていきます。ベースとなるカラーなので、ざっくりと塗って輪郭を指などで馴染ませてあげるだけで大丈夫です。次にメインとなる赤リップを、下唇の内側にだけ塗ります。上唇には塗らず、上下の唇をすり合わせた時に色移りするぐらいのほんのりとした発色にするのがポイントです。最後にバランスを見て、濃さや境目をぼかして調節して馴染ませてあげれば完成です!

動画はこちらがオススメ!

もっと詳しく知りたい方はこちらの動画がオススメです。実際に韓国に住んでいるモデルさんやYoutuberさんたちです。韓国の方ですが日本語で話されていたり日本語字幕が付いているので、韓国語が分からないけど韓国の美容情報を知りたい!という方にオススメです。

春、出かける時のリアルメイク

【Gumhee BOX 2次販売決定!】 2018韓国オルチャンメイク❤️

Aちゃんと韓国コスメショッピングしよう

最新の『韓国メイク』を楽しんで♡

韓国メイクを楽しんで♡
出典:makey.asia

韓国の最新流行情報と共に、2018年版『韓国メイク』のやり方をご紹介しました。今までのオルチャンメイクよりもナチュラルで、挑戦しやすいメイクになっているのではないでしょうか。韓国メイクは日本とはちょっと違った流行になっているので、いつもとは違ったメイクを楽しみたいときにピッタリです! ぜひ『韓国メイク』を楽しんでみてください♡

一緒に読まれるまとめ記事
まとめ記事に関するキーワード