「かわいい」を目指す女の子のためのメイク方法投稿サイト MAKEY(メイキー) おすすめのコスメや初心者にも分かりやすいメイク方法/やり方を紹介

つけまなし・カラコンなし!ナチュラルに魅せる『デカ目メイク』方法紹介♡

目が小さいのがコンプレックスという女性は多いですよね。今回はそんな方にぜひオススメしたい、つけまとカラコンを使用せずに目を大きく見せる『デカ目メイク』方法をご紹介します。ぜひ参考にしてみてください!

ちゃっぷ ちゃっぷ

目が小さい…

目が小さい』事にコンプレックスを感じている女性って多いですよね。パッチリとした大きな瞳は女性にとっては憧れの的で、メイクをするときには出来るだけデカ目になるようにメイクをしているかと思います。ただ、デカ目メイクはやり方を間違えると逆に目が小さく見えてしまったり、ギャルメイクのような印象になりやすいので「うまくいかない」と悩んでいる方は多いのではないでしょうか。

ナチュラルなデカ目メイク方法をご紹介!
出典:makey.asia

今回はそんな方にオススメしたナチュラルに魅せる『デカ目メイク』方法をご紹介します。つけまやカラコンは使わず、元々の自分の目の形や自まつ毛を活かしながら、ナチュラルに大きく見せるメイク方法になっています。デートメイクなどあまりメイクしている感を出したくない時にもオススメなので、ぜひ参考にしてみてください!

カラコンなし!二重幅は欲張らずに

まずデカ目メイクといえば『カラコン』が必須なイメージがありますよね。ですが、目の調子が悪くコンタクトを付けれないという方や、男性の中にはカラコンが苦手という方もいらっしゃるので、今回のデカ目メイクではカラコンを使用せずに、デカ目に見えるようなメイクにしていきます。

二重メイクをしっかりとすることで、目の縦幅を強調!
出典:makey.asia

また、二重メイクの時に欠かせない『二重メイク』ですが、アイシャドウに膨張色系のカラーを使用していくので、目元が腫れぼったく見えないように一重さん・奥二重さんは二重メイクをしておいた方が良いかと思います。二重をつくることによって目の縦幅が出て目が大きくパッチリとして見えるので、ナチュラルにデカ目を見せたいときには二重メイクをオススメします。ただ、欲張り過ぎるとメイクが崩れ始めた時に汚く見えてしまったり、違和感のある仕上がりになりやすいので二重幅は欲張り過ぎないようにしましょう。

アイブロウはパウダーでしっかりと!

アイブロウは形はしっかりと、パウダーでふんわりと
出典:makey.asia

デカ目メイクの時には関係ないと思われがちですが、アイブロウも重要なアイメイクの一部です。デカ目メイクの時には、出来るだけしっかりとアイブロウをつくってあげた方が目元とのバランスが良くなります。ただ、濃すぎたり太すぎると野暮ったくなるので、形はしっかりとさせながらパウダーでふんわりとした眉にしてあげるのがポイントです。

まずは髪色に合わせたアイブロウパウダーで、毛の足りない部分を補うようにしながら眉のアウトラインを整えていきます。形は平行眉か少し角度のあるハンサム眉だと今っぽくなるかと思います。次に少し濃いめのアイブロウパウダーで毛の生えている辺りを中心に、眉の中間から左右に向かって軽く馴染ませてあげましょう。これによって毛の存在感を強調して、しっかりとした印象にすることができます。ただ、やり過ぎると眉全体が濃くなってしまうので、バランスを見ながら入れていきましょう。

アイシャドウはツヤ感&透明感が重要♡

アイシャドウは目の縦幅も横幅も出すようにしながらナチュラルに見えるように、カラーは主張しないようにしていきます。元々の目が大きいような自然な仕上がりにしたいので、入れ方はもちろんのこと、カラーや質感のチョイスがとても重要になってきます!オススメのコスメについてもご紹介するので、ぜひそちらも参考にしてみてください。

オレンジ・ピンク系のグロスシャドウをベースとして

まずはピンク・オレンジ系の膨張色をアイホール全体に広げていきます。出来ればリキッド・クリーム系のしっとりとしたアイシャドウを使用して、自然なツヤを出しながらアイシャドウベース代わりにもしていきましょう。のせるときは少量をまぶたに薄く広げるようにすると、二重幅に溜まったりしにくいメイクの崩れを防止することが出来ます。リキッド系のアイシャドウがない場合は、通常のパウダーアイシャドウやチークで代用しても大丈夫です。

オススメのアイシャドウがこちらです。しっとりと濡れような上品なツヤを楽しめるグロスシャドウです。チューブタイプで細かい量調節がしやすいですし、薄く広げると淡いカラーラメを楽しめるので、カラーを主張し過ぎたくない今回のようなメイクの時にピッタリです。カラーを楽しみたい方は重ね塗りすると発色が高まるので、お好みで調節してみてください。

淡いブラウンのシャドウを重ねて

カラーシャドウ単色だけだとまぶたが腫れぼったくなりやすいので、淡いブラウンカラーを上から重ねていきましょう。のせるときは目の際からアイホールに向かってぼかしながら広げていき、単色でグラデーションに仕上げていくのがポイントです。これでナチュラルなデカ目効果を出すことが出来ます。上手くできない、濃くなってしまうという方は二重幅にざっくりと入れてから上に向かってぼかすようにすると、失敗なく入れやすくなるかと思います。

下目尻にも同じカラーを
出典:makey.asia

同じカラーを下目尻2/3程度にも入れていきます。あまり主張したくないので、細く入れてからぼかして馴染ませてあげましょう。下目尻に広く濃いカラーを入れてしまうと逆に目が小さく見えてしまうので、淡いカラーを入れてあげるのがオススメです。このあとアイラインでも目元を引き締めていくので、この段階で物足りなさを感じても入れ過ぎないようにしましょう。

アイシャドウはそんなに主張したくないので、透明感のあるアイシャドウがオススメです。こちらはパールのツヤ感透明感のあるブラウンで自然な陰影を演出しながら、目元に明るさを出すことができます。特に02はニュアンスピンクの肌馴染みのよいカラーになっているので、ナチュラルメイクの時にイチ推しのカラーです。

涙袋はパールのツヤ感を

涙袋にハイライトカラーをON
出典:makey.asia

次に涙袋にハイライトカラーを入れていきます。涙袋をぷっくりと見せることで、二重メイク同様、目の縦幅を大きく見せることが出来るので、デカ目メイクの時には涙袋をしっかりと主張してあげるのがオススメです。細めのチップに取り、目頭から黒目の終わりくらいにまでのせていきましょう。

涙袋の影をプラスして涙袋をさらに強調
出典:makey.asia

ハイライトだけでなく、アイブロウペンシルやパウダーなどのマットなブラウンを使用して涙袋の影も入れていきましょう。濃すぎるとクマや汚れのように見えてしまうので、出来るだけ明るめなカラーをチョイスするのがオススメです。黒目の下あたりを中心に入れ、綿棒やチップを使って軽く左右にぼかしてあげると、自然な影っぽく仕上がるかと思います。

アイラインはブラック×ブラウンのペンシルで!

次にアイラインを引いていきます。今回はナチュラルメイクということでペンシルタイプがオススメです。さらに、ブラックだけだと主張が強すぎて、ブラウンだけだと目元がぼやけてしまうので、2色のアイライナーを使い分けていきましょう!

ブラックでまつげの隙間を

まずはブラックのアイライナーを使って、まつ毛の隙間を埋めていきます。まつ毛の隙間を埋めることによって、目ヂカラが出て目元をくっきりと見せることができます。一気に引こうとするのではなく、ちょんちょんっと少しずつスタンプするように引いていくと、失敗が少なくキレイなインラインに仕上がりますよ。

ブラウンで目尻と黒目の下に

次にブラウンのアイライナーで、先ほど引いたブラックのアイラインよりも少し上を意識して、目の際に細く引いていきます。このとき、黒目の上部分を少しだけ太く引いてあげて、より目を縦に大きく見せてあげましょう。目尻側は目幅を少し出す程度にはみ出させます。ペンシルだと目尻を長めに引いても主張し過ぎないのでオススメです。

黒目の下だけ隠しラインを
出典:makey.asia

さらに、カラコンをしなくても目が大きく見えるように、黒目の下部分に隠しラインを入れていきます。これをすることで黒目が大きく見えるので、カラコンをしないデカ目メイクの時はぜひ試してみてください。これはあくまでも主張し過ぎないように、下まぶたを少し引っ張りながら粘膜部分に少し入れる程度にしましょう。

アイシャドウのブラウンで馴染ませ

ペンシルタイプはどうしても滲みやすいので、上からアイシャドウの一番濃いブラウンで軽く馴染ませて、滲みを防止してあげましょう。引っ張るようにのせるとアイラインがぼやけてしまうので、アイラインの上に置くようにチップの先端や先の細いアイライナーブラシをぽんぽんっと使用するのがポイントです。

マスカラ下地をメインに!マスカラは軽く

つけまつ毛なしで自まつ毛を盛るときには、マスカラ下地が重要になってきます。マスカラ下地でしっかりとまつ毛のベースを整えておき、通常のマスカラは軽めに塗るとダマや束になるのを防ぎながら、バサッとしたまつ毛に仕上げることが出来ます。

ビューラーで目の縦幅を

まずはビューラーでまつ毛を綺麗にカールさせていきます。上げ過ぎると不自然ですが下がっていると目幅を出しにくいので、指に力を入れ過ぎないように少しずつ上げてあげるのがポイントです。ホットビューラーをお持ちの方は、そちらの方が綺麗なカールをつくりやすいかもしれませんね。直角に上がり過ぎないように注意して、自然なCカールを目指しましょう。

マスカラ下地をしっかりと

次にマスカラ下地を塗っていきます。マスカラ下地を塗ることで、色は付きませんがカールキープ・長さUP・ボリュームUPが出来るので、マスカラを重ね塗りするよりもナチュラルに盛れるのが魅力です。ただ、一口にマスカラ下地と言っても繊維入りのもの・色付きのもの・コームタイプなど色々と種類があるので、自分にピッタリなものをチョイスしてみてください。

マスカラは目尻側を重点的に

マスカラ下地がしっかりと乾いたのを確認してから、ブラックのマスカラを塗っていきます。マスカラは黒目の上あたりから目尻側を中心に塗っていき、目頭側はあまり主張しないようにします。こうすることで目尻側が長く、目を大きく見せることが出来ます。下まつ毛は軽くにして、逆にボリュームを出し過ぎないようにしてヌケ感を出していきましょう。

ナチュラルデカ目に♡

ナチュラルにデカ目をゲット♡
出典:makey.asia

これでナチュラルに魅せる『デカ目メイク』の完成です。つけまもカラコンも使用していませんが、目の縦幅も横幅もしっかりと出すようなメイクとなっています。濃いメイクは苦手だけどデカ目にしたい方、デートメイクの時に少しでも目を大きく見せたいときにもオススメです!ぜひ挑戦してみてください!

一緒に読まれるまとめ記事
まとめ記事に関するキーワード