「かわいい」を目指す女の子のためのメイク方法投稿サイト MAKEY(メイキー) おすすめのコスメや初心者にも分かりやすいメイク方法/やり方を紹介

桜色で滲む儚さを…♡黒髪さんに似合う『色素薄い系メイク』のやり方紹介!

ふわふわ透明感のある『色素薄い系メイク』って憧れますよね。ただ、黒髪だとなぜだかうまくいかないことが多いですよね。今回はそんな黒髪さんにも似合う『色素薄い系メイク』のやり方をご紹介します。桜色をメインに使った春らしいメイクになっているので、ぜひ参考にしてみてください!

ちゃっぷ ちゃっぷ

淡く儚い雰囲気に…♡

女の子らしいふわふわしたい時にオススメなメイクが『色素薄い系メイク』ですが…黒髪さんがやると、「メイクが濃くなり過ぎる」「可愛い雰囲気にならない」など、うまくいかないことが多いですよね。黒髪は重い印象になりやすいため、色素薄い系メイクのような淡いメイクはバランスが取りにくく、「私には向かない…」と諦めていた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

黒髪さんに似合う色素薄い系メイク
出典:makey.asia

今回はそんな方にもオススメしたい、黒髪さんに似合う『色素薄い系メイク』のやり方をご紹介します。今回はピンクではなく『桜色』をメインに使用して、ふんわりとしながらも自然な儚さを演出。さらに、黒髪に合わせてポイントを抑えて、大人女子でも挑戦しやすいメイクなっているかと思います。興味のある方はぜひ参考にしてみてください!

明るめなグラデカラコンをチョイス♡

メイクの前にまずカラコンからご紹介します。色素薄い系メイクと言えば、明るめなカラコンが欠かせませんよね。ただ、ブルー・グレーなどの奇抜過ぎるカラーはメイクのイメージが変わってしまうので、ブラウン系のカラーをチョイスするのがポイントです。ナチュラルにするなら少し明るいブラウン系を、橋本環奈ちゃんのようにするならヘーゼル系のカラーをオススメします。

さらにカラコンのフチはくっきりとしている方が、カラーと相まってちゅるんっとした瞳を演出しやすくなるかと思います。フチから中心に向かって自分の瞳と自然に馴染むようなカラーをぜひ探してみてください。また、明るめなカラコンでサイズが大きすぎると、フチが透けて黒目との境目が見えてしまう場合があるので、自分の瞳に合ったサイズをチョイスすることも大切です。

ベースは透明感が命!厚塗りに気を付けて

色素薄い系メイクの時には『透明感』が重要になってくるので、化粧下地にはラベンダー系のコントロールカラーを使用して透明感を仕込み、他のベースメイクも薄く薄く塗り広げるようにするのがポイントです。透明感というとブルーのイメージが強いかもしれませんが、ブルーだと顔が白くなり過ぎる場合があるので、今回は肌なじみの良いラベンダー系のカラーをオススメします。

コンシーラーとパウダーは控えめに
出典:makey.asia

コンシーラーを使用する場合にも、広範囲に広げないように細かくのせてカバーしてあげましょう。コンシーラーはファンデーションよりもカバー力がある分、どうしても厚塗り感が出やすいのでのせ過ぎないようにするのがベストです。フェイスパウダーをのせる場合にものせ過ぎには注意して、崩れやすい部分やテカりやすい部分だけを軽く抑える程度にしましょう。

アイブロウは気持ち細めに!

黒髪さんの色素薄い系メイクは特に『アイブロウ』が重要になってきます。通常だと明るめのカラーで太めにふんわりと仕上げますが、黒髪さんはもう少ししっかりめにつくってあげることによって、髪色とのバランスが取れて顔がぼんやりとした印象になるのを防ぐことが出来ます。カラーはダークブラウン系かオリーブ系のカラーをオススメします。

細かい部分を描き足したら全体はふんわりと
出典:makey.asia

まずはペンシルか濃いめなアイブロウパウダーで、平行気味に眉の下側と眉尻側を描き足していきます。あまり太くならないように気持ち細めにして、自分の眉の形を整える程度にしましょう。次に髪色に合わせたパウダーで、眉頭部分を少し開けて全体の隙間を埋めていきます。眉頭まで均一にパウダーを入れると不自然になりやすいので、眉頭は明るいパウダーかブラシでふわっとぼかし広げるようにしましょう。

桜×ブラックでぼやけない目元に

アイシャドウは2色でシンプルに
出典:makey.asia

アイメイクはアイシャドウの『桜色』とアイラインの『ブラック』がポイントです。アイシャドウはベースとなるベージュ系のカラーをアイホールに広げてから、メインの桜色を二重幅と下目尻に入れてあげましょう。あえて締め色は入れず、アイシャドウはこの2色だけで完成です。ベースとして仕込むカラーは、お手持ちのアイシャドウパレットのもので大丈夫なので、今回は単色の桜シャドウをオススメします。

こちらはかなり淡い発色で、ツヤ感透明感を目元に与えてくれるようなアイシャドウです。指やチップでしっかりめにのせれば淡く桜色に発色してくれますが、ぼかし過ぎるとカラーはまぶたに馴染んでラメ感だけが残るので、上まぶたには指やチップで、涙袋にはブラシでと使い分けもしやすいかと思います。

こちらはクリームシャドウですが、ヨレにくくパウダーのようにサラッとした質感に変化してくれるシャドウになっているので、クリームタイプが苦手と言う方でも使いやすいかと思います。1度塗りだと淡い発色ですが2度塗りすることで発色が高まるので、カラーを強調した方にはこちらがオススメです。チップも付属されているので、下目尻など細かい部分にも塗りやすいですよ。

このままだと目元がぼやけるので、アイライナーにはブラックを使用して目元をしっかりと引き締めていきましょう。目の際はまつ毛の隙間を埋めるだけで、黒目の上辺りから目尻にかけてだけ細く引いていきましょう。垂れさせるよりも目の流れに沿って流すかちょっと跳ね上げるようにすると、意外とナチュラルでメイクのバランスが良くなるのでオススメです。

マスカラは目元が引き締まり過ぎないようにビューラーをせずにブラックのマスカラを軽く塗っていきます。根元を中心に塗って毛先にはあまり塗らないようにするのがベストです。さらに下まつ毛にはピンクブラウン系や赤みブラウン系のカラーマスカラを塗っていき、目元に赤みをプラスしてより色素薄い系の目元を演出してあげましょう。

チークはあえて淡く広めに

続いてチークは主張し過ぎず、淡く広めに入れて透明感と女の子らしいふんわり感を演出していきます。色素薄い系メイクだと目の下の濃いめチークが印象的かもしれませんが、今回は目元にカラーを入れているので、チークまで濃くすると顔の主張が強くなり過ぎるのでオススメしません。

淡いパウダーチークふんわりしたブラシに取り、小鼻と黒目の延長戦が交差するあたりより少しだけ高めの位置を始点にくるくると外側に向かって広げながら楕円状に入れていきます。チークの外側は特に念入りにぼかし広げて、肌と自然に溶け込むようにしてあげて自然な血色感と透明感が出るようにしましょう。入れ過ぎた場合はフェイスパウダーで軽くおさえてあげると、より肌なじみが良くなるのである程度は入れ過ぎても大丈夫です。

桜のような赤ピンクのグラデを♡

唇の色味を桜色で整えて
出典:makey.asia

最後にリップはグラデリップにしていきます。桜色だけだとぼやけ過ぎるし赤だと色素薄い系メイクの雰囲気が出ないので、グラデーションにしてあげることによって、黒髪さんにピッタリの可愛い口元を演出できるのでオススメですよ。まずは桜色のリップを唇全体に薄く広げておきましょう。

オススメはこちらです。サラサラとしたグロスのようなテクスチャーで唇にうるおいを与えながら、ティント効果で色モチも良い優れものです。しっかりと発色しますがこちらはナチュラルなカラーなので、ナチュラルメイクの時にもリップを塗る前のベースとしてもイチ押しです。

唇の内側にだけ赤リップ
出典:makey.asia

その上からレッドリップを重ねてグラデーションにしていきます。唇の内側に狭めに塗ったら、指や綿棒を使って唇の外側に広げていきましょう。濃さが足りない時には同じ工程を繰り返して、好みの濃さへと調節してあげましょう。外側に広げる時には1㎜くらい開けて桜色を全部赤で潰さないようにするのがポイントです。

オススメの赤リップがこちらです。かなり発色が良く唇全体にのせるとグラマラスなメイクになりますが、ぼかしたり今回のようにグラデリップとして使用するとナチュラルにカラーがフェードアウトしてくれて、自然な唇に仕上がるのでオススメです。少し香りが強いので、コスメの香りが苦手な方はテスターで試してからの購入をオススメします。

黒髪さんもぜひ色素薄い系メイクにチャレンジ!

これで黒髪さんにも似合う『色素薄い系メイク』の完成です。桜色をメインに使って滲むような儚さを演出しながらも、顔がぼやけないように黒や赤でしっかりと引き締めたメイクになっているので、色素薄い系メイクが似合わないと悩んでいる黒髪さんにもオススメです。ぜひチャレンジしてみてください♡

一緒に読まれるまとめ記事
まとめ記事に関するキーワード