「かわいい」を目指す女の子のためのメイク方法投稿サイト MAKEY(メイキー) おすすめのコスメや初心者にも分かりやすいメイク方法/やり方を紹介

プチプラで使いやすい!キャンメイクのおすすめハイライト

メイクの最強アイテムと言えばハイライトではないでしょうか。一見無くてもいいような地味なアイテムに見えがちですが、入れ方次第で小顔や美肌効果を演出することができます。ハイライトに高いコスメを使う余裕が無いと思っている方でも、キャンメイクのハイライトならプチプラなので、メイク初心者でも気軽に挑戦することができます。そこで今回はキャンメイクのハイライト5種類をご紹介します。


自然なツヤ感ならクリームハイライター

キャンメイクのクリームハイライターは自然なツヤ感を実現するハイライトです。

白地にゴールドのリボンが描かれたケースはまるで宝石のような高級感があり、全くプチプラには見えません。このクリームハイライターは自然なツヤ感と立体感を演出するクリームタイプのハイライトです。その秘密は微小なパールを豊富に配合していること。細かいパールが光の反射で輝き、肌をきれいに見せてくれます。クリームなのにサラッとしていて、軽い使用感です。肌にしっかりと密着して、長時間きれいな状態をキープすることができます。
使い方はまず指でクリームハイライターを取り、Tゾーン、Cゾーン、あご、上唇の上、眉の下に順に入れることで立体ツヤ肌を作ることができます。ルミナスベージュはライトベージュベースに細かいパールが入っているので、よりナチュラルな質感にしたい方やイエローベースの肌の方におすすめです。一方、ルミナスアクアはブルーベースのハイライトのため、色白の方やよりハイライトを強調したい方におすすめです。またくっきりと立体感を出したい場合はファンデーションの上からONし、ナチュラルにしたい方は仕上げパウダーの前に仕込むことで二通りの使い方ができます。クリームハイライター1つで肌のくすみを飛ばして、まるで美肌加工したような肌に近づくことが可能です。

見た目の可愛さだけじゃない!1つで4色のグロウフルールハイライター

キャンメイクのグロウフルールハイライターは、パウダー部分に花とリボンが浮き彫りになっているとても可愛いデザインです。

もちろん見た目の可愛さだけではなく中身も優秀で、肌につけるとパウダーとは思えないような驚きの密着感と透明感が出ます。キャンメイクが開発したやわらかなパウダーはとろけるように肌に密着し、粉っぽくならずに透き通るような透明感と発色を実現します。透け感のあるツヤとソフトフォーカス効果でぼかし込むので、ふわっとした肌感を出したい方におすすめです。さらにグロウフルールハイライターの特徴は4色を混合して使うことです。使い方は簡単で、ブラシで円を描くようにクルクルと混ぜ、頬の高い部分などツヤを出したいところにのせます。さらにTゾーンにのせると立体感、目の下にONすると透明感を出すことができます。肌のことも考えられて作られているため、コラーゲンやヒアルロン酸などの保湿成分、ローズマリー葉成分やローズヒップ油などの植物性美容成分も配合されています。鉱物油・石油系界面活性剤・香料・アルコールフリーなので、敏感肌の方も安心して使用することができるアイテムです。

携帯にも便利!カラーコントロールハイライター

次は、ポケットレスキューとしてメイクの上からのお直しにも使えるキャンメイクの万能ハイライト、カラーコントロールハイライターです。

偏光パール配合の肌馴染みの良いピンクカラーのハイライトで、目の周りのクマやくすみをリタッチして透明感をアップしてくれます。ピンクの可愛いチューブ型ハイライターなので、いつでもどこでもお直し可能です。朝どんなに完璧にメイクしたとしても、夕方になるとどうしてもメイクが崩れたり、肌がくすんでしまうものです。カラーコントロールハイライターをメイク崩れで目立ってしまったクマやくすみ付近の目の下やまぶた、Tゾーンに薄く伸ばすだけで簡単にメイク直しができます。ポンポンと指の肌で叩き込むと、ハイライトがより肌に馴染んでしっかりと密着します。チューブの先端は分量が調節しやすい先細チューブになっているので、出し過ぎてしまう心配もありません。気になるほうれい線の部分に馴染ませても、ナチュラルにカバーすることができるのでおすすめです。さらにSPF32PA+++と紫外線対策もばっちりで、肌に優しい美容保湿成分も配合されています。

シンプルで使いやすい!定番ハイライター

簡単・手軽にツヤ感と立体感を実現することができるキャンメイクの定番、ハイライターです。

メイクの仕上げにサッとひとはけするだけで、簡単にメリハリ立体感のあるツヤ肌を演出することができます。スーッと肌に馴染んでべたつかない微粒子パウダータイプになっており、パール感もたっぷりの為、まるで肌本来のツヤが出ているように見せてくれます。くすみを消して、全体的に明るく透明感のある肌に仕上げます。使い方は付属のブラシでに適量を取り、Tゾーン・目の下・頬骨等、顔の高いところにのばします。
チークやシェーディングと組み合わせて使うと、より彫りの深いハーフ顔メイクも可能です。カラーはミルキーホワイトとベビーベージュの2色。ミルキーホワイトの方がパール感が強く、はっきりと立体感を出したい方におすすめです。ベビーベージュは少しピンクがかったベージュ系で、ハイライトとしてはありそうでなかった色です。より肌に自然に馴染むので、白浮きしたくない方や内側から発光しているような自然なツヤ感を求めている方におすすめです。シンプルで使いやすい定番のハイライターなので、メイク初心者の方にもおすすめのアイテムです。

1つで2役!便利なノーズシャドウパウダー

最後はシェーディングとハイライトが1つになった便利アイテム、ノーズシャドウパウダーです。

ふんわりとした白肌になりたいけれど、のっぺりとした印象にしたくないという方必見のアイテムです。左側のシェーディングパウダーを鼻筋サイドに、右側のハイライトパウダーを鼻筋にひとはけするだけで、すっと鼻筋が通った顔を演出することができます。繊細なパール感が絶妙なハイライトパウダーなので、鼻筋はもちろん他の部分にも使用可能です。おでこの中央の一番高く見せたいところにふんわりとハイライトを入れると、外国人のような丸みのあるおでこも完成します。コシがあって使いやすいナイロンブラシが付いているので、コスパも最強のアイテムです。どうしてもホワイト系のハイライトは白浮きが気になるという方には、シェーディングパウダーを少しハイライトパウダーに混ぜて使用すると、ナチュラルなベージュブラウンを作ることができるのでおすすめです。とりあえずハイライトもシェーディングも一度試してみたいという方にも、プチプラなノーズシャドウはおすすめのアイテムです。

自分の好みの質感や似合うカラーが選べるキャンメイクのハイライト

ハイライトを選ぶ上で重要なのは、まずどの種類にするかということです。パウダータイプは分量を調整しやすく、おでこや頬などの広範囲にも使いやすいので特に初心者におすすめです。クリームタイプは発色が良く肌にも密着しやすいので、潤いやツヤのある肌を演出できます。但し、入れ方によってはヨレたりムラができやすいので注意が必要です。とにかく一度ハイライトを試してみたいというのであればキャンメイクのハイライターやノーズシャドウパウダー、もっとツヤ感のあるきれいな肌を実現したいのならクリームハイライター、ツヤ感も欲しいけれどパウダーのような手軽さも欲しいならグロウフルールハイライター、手持ちにもう一つ化粧直し用も兼ねて購入するならカラーコントロールハイライターがおすすめです。メイクデビューにも使いやすいプチプラで、様々な質感やカラーが揃っているキャンメイクのハイライトは、誰でも満足する使い心地のアイテムが揃っています。

一緒に読まれるまとめ記事
まとめ記事に関するキーワード