「かわいい」を目指す女の子のためのメイク方法投稿サイト MAKEY(メイキー) おすすめのコスメや初心者にも分かりやすいメイク方法/やり方を紹介

2018/02/09 更新

キャンメイクのティントリップは種類も豊富!カラーの特徴と仕上がりまとめ

色持ちがよく、食事をしても落ちないと大人気のティントリップ。外出先で塗りなおしが必要ないのは、優秀リップの証です。今回は、キャンメイクのティントリップをご紹介。タイプの違う2つの種類と豊富なカラーバリエーションに注目が集まり、全色買いをしている人も続出しています。仕上がりの感じや、使い方など、ぜひ参考にしてみてください。


キャンメイクのティントリップには2種類ある

キャンメイクのティントリップは2種類。「リップティントシロップ」と「リップティントジャム」で、それぞれカラーバリエーションがあり、特徴も違います。

リップティントシロップは、ベタつきやヌルつきを抑えた、サラッとしたテクスチャーです。つけた後、唇に染みこむように発色して、ほんのりと血色がよくなるナチュラルなカラーを演出してくれます。食事をしても色落ちしにくいので、こまめに塗りなおしをする必要もありません。美容保湿成分配合で、SPF15・PA+と紫外線対策ができるのもうれしいポイントです。

リップティントジャムは、名前の通りジャムのようなぷるぷるしたテクスチャーをしています。このぷるんとした液で唇を染め上げると、すっぴん唇のようなサラサラの質感に変化。ウォーターベース処方なので、ベタつく心配もありません。ジャムのようにクリアに発色して、じんわり血色感のある唇に仕上がります。重ねて塗ることでしっかり発色するので、グラデーションリップにもおすすめです。

愛らしいカラーが勢ぞろい!リップティントシロップ

リップティントシロップは4色展開で、ピンク系が2種類、レッド系が2種類あります。唇を主張するのは苦手だけれど、少し色味を足したいという人にはピッタリのカラーバリエーションです。

[01] サクラシロップ…自然に仕上がるライトピンク
桜色にふさわしい、淡いピンクです。ほんのり発色するので、色味よりもツヤがほしい人におすすめです。

[02] ストロベリーシロップ…血色感を引き出してくれるシアーレッド
唇によく馴染む、透け感のあるレッドなので、赤いリップが苦手な人でも大丈夫。美容家の間でも人気の一色です。

[03] アザレアシロップ…しっかりと色付きするレッドピンク
少し青みのある鮮やかなピンク色です。青みのある色を使うと肌に透明感が出るので、[01]の桜色では物足りない人におすすめです。

[04] ポピーシロップ…顔色を明るく見せてくれるイエロー系レッド
黄みのあるレッドで、顔色をくすませずキレイに発色します。オレンジ系の明るいメイクが好きな人にはピッタリです。

大人の女性にも人気!リップティントジャム

リップティントジャムは全3色展開。リップティントシロップに比べると、パキッとしっかり発色するのが特徴です。リップを主役にした、こなれメイクを楽しむ人のための色が揃っています。

[01] チェリージャム…血色感を引き出してくれるシアーレッド
しっかり発色する赤リップです。手持ちのリップに重ね塗りをしたり、唇の中央に塗ってぼかしたりと、グラデーションリップとして活用すると、よりこなれ感が出ます。

[02] マンゴージャム…ジューシーに仕上げてくれるホットオレンジ
パキッとしたオレンジ色の発色がキレイなリップです。イエローベースの肌をしている人や、オレンジ系のメイクが好きな人の顔周りを華やかに彩ってくれます。

[03] プラムジャム…落ち着いた印象を与えるダークレッド
[01]のチェリージャムに比べて大人っぽいレッドで、同じ赤系ですが深みがあります。落ち着きのある発色をするので、リップティントジャムを1色買って試したいという人におすすめです。

どう塗ればいいんだろう… ティントリップの使い方とは?

ティントリップをキレイに仕上げる塗り方をご紹介します。リップティントシロップとリップティントジャムは、タイプの違うリップなので、使い方にも違いをつけて工夫するのがオススメです。

リップティントシロップ
1.コンシーラーを使って、唇の色味を消しておく(発色をよくするコツです)
2.唇の中央部分にリップティントシロップを適量塗る
3.全体になじませるために、唇の上下をすりあわせる
※ 時間とともに発色するつくりなので、色味が足りないと思っても重ねずに5分ほど置いてみてください。

リップティントジャム
1.リップグロスのように、適量を唇にぬる
2.発色して、色が定着するまで数分待つ
3.ツヤがほしい人は、リップクリームやグロスをプラスする。
※ リップティントシロップに比べてマットな仕上がりになるリップなので、ツヤを出したい場合は、お手持ちのアイテムで調整してみてください。

リップティントシロップの発色は?

リップティントシロップは、サラサラとしたテクスチャーで、ほんのりと発色するナチュラルカラーです。付け始めは色味が足りないと感じることがあるかもしれませんが、時間の経過と共に発色がよくなる特徴があるので、つけた後は数分待つようにしてください。鏡を見ていると、唇に染みこむように、だんだんと色味が出てくるので、重ね塗りしたいのをじっと我慢して、自然に仕上げるのがコツです。

よりしっかりと発色させたいという人は、リップティントシロップを塗る前に、コンシーラーを使用することをオススメします。コンシーラーで唇の色味を消しておくことで、シロップ本来の色が出やすくなります。
リップティントシロップには、サクラシロップとアザレアシロップの2色のピンクがありますが、ほんのり付けたい人はサクラシロップ、よりはっきりピンク色にするのが好きな人はアザレアシロップを選ぶのがオススメです。自分の好みや肌の色に合わせて、発色を調節できるようになると上級者になれます。

リップティントジャム!唇に色っぽいつやを

リップティントジャムは、ぷるぷるのジャムに似たテクスチャーで、リップティントシロップに比べると、はっきり発色するのが特徴です。塗ってから少し時間を置くことで色味が濃くなるのはリップティントシロップと同様ですが、仕上がりの質感はサラサラでマット感があります。まるで唇を染め上げたかのようにクリアな発色になるので、大人メイクにピッタリです。リップを主役としてメイクをするのもよし、はっきりとしたアイメイクに合わせてゴージャスに仕上げるのもよし、楽しみ方が色々あります。

発色がよいので、リップティントジャムだけでも十分こなれ感は出ますが、ツヤのある唇が好みの人は、お手持ちのグロスなどを重ね塗りすると、より色っぽく仕上がります。もともと大人っぽい色味が揃っているリップティントジャムですが、ツヤ感をプラスすることで女性らしさをアップさせるのもテクニックのひとつです。グラデーションリップにも向いているので、お手持ちのアイテムと合わせて自分だけのカラーをつくり出せたらプロ級です。

豊富なカラバリで迷っちゃう!似合うカラーを見付けよう

キャンメイクの大人気ティントリップ、「リップティントシロップ」と「リップティントジャム」をご紹介しましたが、いかがだったでしょうか。タイプの異なる2種類に、それぞれカラーバリエーションがありますから、どれを買うか迷うのも、楽しみのひとつとなりそうです。どちらのタイプの何色が気になりましたか?

メイクといっても人それぞれ。普段、唇はリップクリームを塗る程度という人はシロップから、リップは必ず塗りたいという人はジャムなど、自分のメイクに合わせて似合う色を見つけてみてください。リップひとつで顔色が良くなったり、印象が変わったりと、新しい自分に出会えるのがメイクのすごいところ。キャンメイクのティントリップはプチプラなので、悩んだら何色か合わせて買えるというのも魅力です。女子力アップのきっかけに、ぜひトライしてみてください。

一緒に読まれるまとめ記事
まとめ記事に関するキーワード