「かわいい」を目指す女の子のためのメイク方法投稿サイト MAKEY(メイキー) おすすめのコスメや初心者にも分かりやすいメイク方法/やり方を紹介

2018/02/09 更新

コロッとかわいいキャンメイクのネイル!カラーとアートの方法をご紹介

キャンメイクと言えばプチプラメイクブランドとして有名ですが、セルフネイルをする人からネイルのカラーリングが豊富で本格的な仕上がりになると人気が高いです。ここでは、キャンメイクからリリースされているネイルのカラーリングを中心に特徴などを紹介するので、セルフネイルアートに興味のある人はぜひチェックしてみてください。マスキングテープを使い時間をあまりかけずにできる簡単ネイルアートのやり方も説明します。


容器もコロッとかわいい!キャンメイクのネイルは2種類

キャンメイクのネイルは2種類リリースされています。カラフルネイルズは、濡れたような発色とツヤ感が大きな魅力で、摩擦に強いのが特徴です。何と言っても37色のカラーバリエーションでプチプラなので、何色も揃えやすく、気分やコーデに合わせていろいろなネイルアートにしたいなどの人には使いやすい商品でしょう。その上、プチプラブランドとは思えないお洒落なパッケージデザインが印象的です。コロンとしたクリスタルのようなボトルとシルバーキャップがキラキラしてジュエリーを思わせる可愛さがあります。

もう一種類のエフェクトネイルズは、初心者にも扱いやすくリムーバーを使わずにネイルを落とせる6色展開の「ピールオフカラーズ」や質感が粉砂糖を思わせる3色展開の「ザラザラカラーズ」、きらめくグリッターとフレークが個性的な3色展開の「ポップフレークカラーズ」のラインナップです。ナチュラルネイルに飽きてしまった人にエフェクトネイルズはオススメで、セルフネイルを楽しむ人の遊び心を刺激します。

カラーバリエーションが豊富すぎる!カラフルネイルズをご紹介

カラフルネイルズの豊富なカラーバリエーションの中からいくつかのオススメカラーを紹介します。女の子らしいピンク系ではマイルドなミルキー感が特徴の「78キャンディーピンク」と明るくて華やかなサーモンピンクが特徴の「47マシュマロピンク」がオススメです。キャンディーピンクは少しだけ青みがかっていて上品な印象をしています。

ヌーディ―で大人なネイルを楽しみたい人にはベージュ系の「71スキンベージュ」や、スタイリッシュなグレージュで落ち着いた印象を好む人なら「62スモーキーベージュ」がオススメです。やや明るめの美しい発色で肌なじみが良いのでベージュ系初心者ならスキンベージュは使いやすい色でしょう。ややくすんだ色味が人気のビンテージカラーで差がつくネイルにしたいなら、くすみピンクが印象的な「94アンティークピンク」がオシャレです。ピンク系でもパープルに近く、青みが強いので大人っぽく感じられます。「93ワインレッド」もビンテージカラーで青みがかった濃い赤色をしていて、その名の通りレディなワイン色が華やかです。

自宅で簡単!ネイルアートに使えるカラフルネイルズ

単色でも使えますがネイルアートに使い勝手が良いカラーをカラフルネイルズから数色紹介します。「77オフホワイト」は優しい発色が肌なじみの良いホワイトです。清潔感があって合わせるカラーを選ばず使いやすそうな色をしています。スタイリッシュでエレガントなフレンチネイルや、重ね塗りをして濃い目に塗ればマリンテイストなデザインのネイルなど幅広く使えるでしょう。「19ゴールド」はキラキラとしたラメが華やかなラメカラーです。アクセントカラーとしても使えますが、発色が良いので単色で使っても美しく仕上がるでしょう。細かいラメと大粒のラメが入っているのが特徴で重ね塗りをするとよりゴージャスな印象になります。

ラメとホログラムが入った次の2色はセルフネイルをより楽しく、可愛く味付けできるカラーです。「87ストロベリーミルク」は透け感があるホワイトをベースに、ピンク系のラメやホログラムが入ったラブリー感のあるネイルで、ポイント使いなどで活躍しそうな印象があります。「82カラーバルーン」も透け感があるホワイトがベースでイエローやピンク、ブルーなどのカラフルなラメやホログラムが入っていてアクセントカラーとして使いやすそうです。

ストロベリーミルクもカラーバルーンもポイントネイルにマッチしますが、ベースにも色が付いているので、重ね塗りをすると単色でも十分楽しめます。

カラフルネイルズを使った「三角ネイル」

「三角ネイル」は爪先部分へ逆三角形の形にネイルを塗って、エッジが効いたオシャレな印象に仕上げられます。まず爪にベースコートを塗りましょう。ネイルを塗る前にベースコートを塗っておくと発色やツヤが長持ちしやすく、爪の表面が滑らかになってダメージを抑えるのでネイルアートを楽しむなら塗るようにしてください。ベースコートを塗ったらマスキングテープを用意しましょう。マスキングテープは爪の長さよりも余裕のあるサイズにカットして使うと扱いやすいのでオススメです。カットしたマスキングテープを一つの爪につき2枚使用して、V字型に貼り付けてください。するとマスキングテープが貼られていない部分が逆三角形になっているでしょう。この部分にネイルを塗りますが、仕上がりをイメージして自分が作りたい三角形の形になるまで修正するとお気に入りの三角が作りやすくなります。マスキングテープを貼り終えたら自分が好きなネイルを塗っていきます。この時、見えている爪の部分にのみ塗るのではなく、マスキングテープの上から塗ってしまうと上手く仕上げられるので、テープへのはみ出しを気にせずにネイルをのせましょう。塗り終えたらネイルをよく乾燥させてからそっとマスキングテープを剥がしてください。仕上げにトップコートを塗って三角ネイルは完成です。初心者でも簡単にできるので、これからネイルアートを楽しみたい人にもオススメなネイルと言えます。

カラフルネイルズを使った「ボーダーネイル」

「ボーダーネイル」も前述した三角ネイルと同様にマスキングテープを使ってボーダーを作ります。まずベースコートを塗ってからマスキングテープを爪へ貼り付けてください。この時、マスキングテープを上手く使って自分好みのボーダーを作るようにします。例えば、爪の中心部へクリアなボーダーを作ったり、爪先と爪の付け根部分にマスキングテープを貼って中心部へネイルのボーダーを作ったり、様々なパターンがマスキングテープの貼り方ひとつでできるので試してみましょう。また、縦じまと横じまや斜めのボーダーも作れるので工夫してみると楽しいです。マスキングテープを貼り終えたらネイルを塗ってよく乾かします。ネイルの塗り方は三角ネイルと同じでマスキングテープへはみ出して塗りましょう。ネイルが乾いたらマスキングテープをそっと剥がして、トップコートを塗れば完成です。三角ネイルと同様に誰でも簡単に楽しめるボーダーネイルはデザインパターンも変化させやすくバイカラーネイルなどにも応用できます。

キャンメイクのネイルカラーで華やかな指先に!

キャンメイクのネイルはカラーバリエーションの豊富さと、使いやすさが備わっています。セルフネイルを楽しみたい人はより多くのネイルカラーを揃えたいでしょうが、プチプラで購入しやすくボトルデザインも可愛いキャンメイクならコレクションしやすくオススメです。ベースカラーだけでなくアクセントに使えるものや、ベースコートやトップコートもリリースされています。また、発色が良くツヤ感のある仕上がりが長持ちするのも特徴で、プチプラとは思えない美しい爪をキープできるのも魅力です。ネイルリムーバーが必要ではなくさっと剥がせる「ピールオフカラーズ」はベースに使用すればネイルをやり直したい時にすぐに修正できるなど、利便性が高いものもあってネイルアートがより楽しめる工夫がされています。キャンメイクのネイルカラーは若い人を中心に幅広く愛されている、ネイルアートにはもってこいのシリーズです。

一緒に読まれるまとめ記事
まとめ記事に関するキーワード