「かわいい」を目指す女の子のためのメイク方法投稿サイト MAKEY(メイキー) おすすめのコスメや初心者にも分かりやすいメイク方法/やり方を紹介

2017/12/31 更新

トレンド上昇中♡今っぽ囲み目メイクのやり方

囲み目メイクは、今年注目度がアップしているメイク♡目を囲むようにするアイメイクは、ぱっちりデカ目に見えますよね。そこで今回は、今っぽさがカワイイ、おすすめの囲み目メイクのやり方をご紹介します。


ナチュラルが今っぽい♡トレンド囲み目メイクのやり方

囲み目メイク やり方
出典:makey.asia

トレンド上昇中の囲み目メイクは、ナチュラルに仕上げるのが、今っぽいメイクに仕上げるコツ。アイラインを濃く書くとちょっと不自然に見えてしまいがちです。アイシャドウを目の周りを囲むように塗って、ぱっちりとした今ドキ囲み目アイメイクにしちゃいましょう♡

囲み目メイク やり方
出典:makey.asia

ナチュラルに見える囲み目メイクのアイシャドウは、ブラウンやベージュなど、肌馴染みの良いカラーがおすすめ♡きらきらのラメで華やかさをアップしましょう♪赤みのあるブラウンは、あたたかみがあって、冬のトレンド感もアップしてくれますね。

キャンメイク「ジュエリーシャドウベール」

キャンメイクの「ジュエリーシャドウベール」は、微細なラメと大きめのザクザクラメがセットになったアイシャドウです。カラー展開は、使いやすいシルバーとゴールドの2色ですので、他のアイシャドウに重ねる際も馴染みやすく、その日の気分やなりたい印象に合わせて使い分けられるのも魅力です。パーティーメイクやデートメイクに華やかさをアップしてくれます♡

囲み目メイク やり方
出典:makey.asia

アイラインは、目のキワに沿って、太く書きすぎないようにしましょう。今っぽいナチュラルな囲み目メイクは、まつ毛も上げすぎずにやさしい印象にすると、清楚でガーリーなふんわり囲み目メイクに仕上がります。マスカラは濃いめに塗ってぱっちりアイに♡

囲み目メイク やり方
出典:makey.asia

跳ね上げラインを書くときは、アイラインは、ちょっと下がりめになるように引きます。下まぶたのアイラインは、下まぶた全部に引いてしまうと、濃くなりすぎてしまうので、目尻から1/3程度まで引いて、上まぶたのアイラインとつなげましょう。ペンシルタイプのアイライナーですと馴染みやすいのでおすすめです♡

囲み目メイク やり方
出典:makey.asia

上まぶたのアイホール全体には、ゴールドやホワイトのアイシャドウを塗って、二重幅にはブラウンをのせて囲み目に仕上げます。ナチュラルに見えるように、涙袋もホワイトのアイシャドウを入れてぷっくりとさせたら、涙袋の影もブラウンでつけて、デカ目メイクに仕上げましょう♡チークはうすめに、ほんのりと血色感をアップさせる程度でOKです♪

秋冬トレンド♡ボルドーの囲み目メイクのやり方

ボルドー 囲み目メイク やり方
出典:makey.asia

秋冬トレンドの今年の秋冬は、ボルドーやバーガンディーなど、深みのあるあったかい雰囲気のカラーがトレンドになっていますよね♡ちょっと甘めでシックな雰囲気になるボルドーは、囲み目メイクにもおすすめのカラーです。

ボルドー 囲み目メイク やり方
出典:makey.asia

ボルドー囲み目メイクは、ラメ入りアイシャドウで涙袋をぷっくりとさせると、立体的でデカ目なボルドー囲み目メイクの完成です。マスカラもボルドーで合わせると、まとまりが出て、トレンド感もアップしますね。

ボルドー 囲み目メイク やり方
出典:makey.asia

ボルドーの囲み目メイクは、濃いカラーをアイホール全体にのせると、腫れぼったくなってしまうこともあるので、ラメやパール入りのアイシャドウで透明感と立体感をアップさせるのがおすすめ♡ブラウンや淡いピンクをベースにして、ボルドーを目尻のポイントに使うだけでもかわいいですよ♪

ボルドー 囲み目メイク やり方
出典:makey.asia

こちらは、ブラウンベースのボルドーの囲み目メイク♡ベースのアイシャドウはブラウンですと、ボルドーも馴染んで取り入れやすくなりますよね♪二重の幅と、涙袋にボルドーのアイシャドウを入れると、ナチュラルなボルドー囲み目メイクになりますよ。

ボルドー 囲み目メイク やり方
出典:makey.asia

モードな秋冬メイクは、ボルドーに合わせて、チークも濃いめのピンクにするのがおすすめです。目元がボルドーとラメで華やかな分、リップは深みのある落ち着いたカラーで、マットなテクスチャーのものにすると、バランスも良くなりますし、シックで大人っぽいボルドー囲み目メイクに仕上がります。

ヘルシーなオレンジ囲み目メイクのやり方

囲み目メイク やり方 オレンジ
出典:makey.asia

オレンジカラーも注目されているカラー♡落ち着いた印象になるベーシックなブラウンに比べると、明るいフレッシュなあたたかみのあるカラーで、トレンド感の囲み目メイクができちゃいます。腫れぼったくならないようにラメやパールのアイシャドウを使ったり、グラデーションをつけて立体感をアップさせるのがおすすめです。

M・A・C「プロ ロングウェア ペイント ポット/レーイン ロー」

M・A・Cの「プロ ロングウェア ペイント ポット」は、しっとり濡れツヤまぶたが叶う、クリームタイプのアイシャドウ。まぶたにぴたっとフィットするので、重ね塗りもしやすくて、リッチなツヤ感のある目元に♡カラー展開も19色と豊富で、オレンジメイクには「レーイン ロー」のカラーがおすすめ♡ラメで上品な光沢感もアップしてくれます。

囲み目メイク やり方 オレンジ
出典:makey.asia

オレンジの囲み目メイクは、アイホール全体にふんわりとオレンジをのせたら、二重幅には少し濃くなるようにオンすると、立体感がアップ。デカ目メイクになるように、オレンジとも馴染みやすいブラウンのアイシャドウも目のキワに重ねて引き締めると、さらに目が大きくぱっちりと見えますね♪下まぶたも、目尻から1/3にブラウンをのせましょう。

ナチュかわ♡ピンクの囲み目メイクのやり方

ピンク 囲み目メイク やり方
出典:makey.asia

ふんわり可愛いピンクの囲み目メイクは、ガーリーな甘さで、デートメイクにもおすすめ♡囲み目はピンクでグラデーションを作ったら、目のキワはブラウンのアイシャドウで引き締めるとナチュラルに仕上がります。クリームタイプのコスメでまとめると、うるおいのある、ツヤ感のあるメイクになりますね。眉もマスカラでふんわりとさせて、全体を優しい雰囲気に♡

MISSHA(ミシャ)「 M クッション ファンデーション(モイスチャー)」

MISSHA(ミシャ)の「 M クッション ファンデーション(モイスチャー)」は、今注目のクッションファンデーション♡SPF50、PA+++で、美容成分やオイルが配合されているので、しっかりうるおって、キレイなツヤ肌を演出してくれます。ピンクメイクは、ベース作りも重要♡うるツヤ肌は、ほんのりと血色感のあるとろ甘メイクにマッチします♪

今年の冬はトレンドの囲み目メイクでぱっちりアイ♡

囲み目 メイク やり方
出典:weheartit.com

いかがでしたでしょうか。今回は、今年の秋冬のトレンドになっている、囲み目メイクを今っぽく見せる、おすすめのメイクのやり方をご紹介しました。囲み目メイクはデカ目効果ばっちりのぱっちりアイを叶えてくれるメイク♡ぜひ今年の冬は、トレンドの囲み目メイクを楽しんじゃいましょう♪

一緒に読まれるまとめ記事
まとめ記事に関するキーワード