「かわいい」を目指す女の子のためのメイク投稿サイト MAKEY(メイキー) おすすめのコスメや初心者にも分かりやすいメイクのやり方を紹介

2017/09/21 更新

CCクリームはナチュラルな仕上がり♪BBクリームとCCクリームの違い徹底解説!

BBクリーム、CCクリーム。名前が似ているから機能も同じ、と思うかもしれませんがカバー力や仕上がりに大きな違いがあるのです。それぞれの違いを知り、使い分けてこそメイク上手♪今回はBBクリームとCCクリームの違いを解説します。


BBクリームとCCクリームの違い、知ってますか?

BBクリーム 海外製
出典:weheartit.com

今やすっかり定番コスメになったBBクリーム。アルファベット系クリームは、BBクリームの他にCCクリームだけに留まらず、最近はEEクリームというものも登場しています。アルファベット系クリームの共通点は、化粧下地、ファンデーション、日焼け止めの三つの効果が一つに備わっているということ。ひと塗りで三つの効果が得られるので、肌にかかる摩擦ダメージが減り、肌の負担を減らせます。

ファンデーション ハイブランド
出典:weheartit.com

でも、実際BBクリームとCCクリームのハッキリとした違いがわからないという人は少なくないはず。違いを知り、自分に合うものはどちらかを見極めましょう。両方揃えてシチュエーションごとに使い分けてもいいと思います。

BBクリームとCCクリームの違い

カバー力ならBBクリーム、ナチュラルさならCCクリーム

BBクリーム ロレアル
出典:weheartit.com

BBクリームは、元々ドイツの皮膚科医が開発した、皮膚の施術後に傷跡などをカバーするために使うクリームでした。それが韓国で化粧品として再開発され、現在のような仕様になったのです。カバー力が高いので、肌の赤みやニキビ跡などが気になる方におすすめ。マットな仕上がりなので、ツヤが欲しい方はフェイシャルオイルを一滴混ぜて使うと自然なツヤ肌に仕上がります。

BBクリーム アイシャドウ チーク
出典:weheartit.com

CCクリームは、顔色の調整効果やシミ、シワなどエイジングトラブルを隠す効果があります。また、保湿力もあるので乾燥肌の方でも安心して使えます。仕上がりはBBクリームよりもナチュラルですが、顔のくすみを明るくして透明感のある肌に。カバー力はBBクリームの方が高いですが、軽やかな塗り心地で普段のナチュラルメイクにはピッタリです。

使い心地はCCクリームの方が軽やか

CCクリームを薄く塗るだけで、顔色が整えられ、シミやシワなど小さな肌トラブルをカバーできます。仕上がりはマットというより、ふんわり透明感のある仕上がり。いかにも「ファンデーションを塗っています」感が少ないので、素肌感のあるナチュラルメイクをしたい時にはCCクリームを使うと良いでしょう。

乾燥が気になるならCCクリームがおすすめ

シャネル CCクリーム
出典:weheartit.com

商品によって違いはありますが、多くのCCクリームには保湿成分が配合されています。保湿ケアをしながらベースメイクが可能です。使い心地も滑らかで軽く、肌に伸ばしやすいみずみずしさがあるので、乾燥肌でファンデーションが馴染みにくい方でも使いやすいと思います。

CCクリームでナチュラルツヤ肌を作ろう

CCクリームは薄く伸ばすのがコツ

CCクリーム 薄づき
出典:weheartit.com

CCクリームの軽やかさを最大限に生かすために薄づきにしましょう。少量でも肌全体にしっかり伸ばすためには、まずスキンケアで保湿ケアを十分に行うことが大切です。手のひらに肌が吸い付いてもっちりとした手触りになるまで、化粧水を肌になじませましょう。化粧水をつける前に、両手をお湯に浸して温めておくと、化粧水の水分が肌に浸透しやすくなり、簡単にもっちり潤い肌になります。

全体になじませた後はパフで優しく叩き込む

保湿ケアの後、CCクリームをパール1粒分くらい出し、手の甲でなじませます。なじませた後、両頬、おでこ、鼻の頭、アゴに点々とのせ、指で外側に向かって伸ばしていきます。口元、目元、小鼻など細かい部分には、手の甲に残ったクリームを薄くつけましょう。仕上げに、清潔なパフで優しくタッピングしてムラのないように整えます。

肌の赤み、ニキビ跡が気になるならBBクリームと混ぜて使う

CCクリーム BBクリーム メイベリン
出典:weheartit.com

赤み、ニキビ跡が気になる部分には、BBクリームとCCクリームを混ぜたものでカバーしましょう。CCクリームと混ぜるので、違和感なく肌になじみます。手の甲にBBクリームとCCクリームを少量出し、なじませたら綿棒で気になる部分に塗りましょう。

テカりが気になる部分にパウダーをのせてフィニッシュ!

フェイスパウダー ファンデーション
出典:weheartit.com

CCクリームを全体に塗ってなじませたら、テカリが気になる部分にパウダーをのせましょう。Tゾーン、まぶたにフェイスパウダーをブラシかパフでふんわりとのせ、メイク崩れを防ぎます。まぶたにパウダーをのせると、アイメイク崩れ予防に効果的です。頰はあえてそのままにして、自然なツヤ感をアピールしましょう。

すっぴん風美肌を作る♪おすすめCCクリーム

米肌(MAIHADA) 澄肌CCクリーム 3,500円

紫外線の強い夏や、一日中外にいるときは紫外線カット力の強いCCクリームがオススメです。米肌のCCクリームは、SPF50の強力な紫外線カット力と、毛穴ロックポリマー配合で気になる毛穴をがっちりカバー!肌にのせるとサラサラっとパウダリーのように変化するので、パウダーいらずのサラサラ肌に仕上がります。

プレディア ディープシー スパ CCクリーム 2,400円

海の美容成分配合で、肌に潤いを与えながら、気になるトラブルをしっかりカバー。みずみずしいテクスチャーで、軽やかな塗り心地です。ムラになりにくく、均一に肌を整えます。SPF50と紫外線カット力は強力ですが、保湿効果があるので肌に負担をかけずにケアできます。

ジルスチュアート エアリーティント ウォータリーCCクリーム 3,200円

ふんわり血色感のいい肌に仕上げるならこれ!ピンクベージュのクリームで、肌色をワントーンアップしながら、肌の赤みをカバーします。また、毛穴フォーカスパウダー配合で毛穴のカバー力も抜群。SPF30と普段使いにちょうどいい紫外線カット力なので、いつものナチュラルメイクのファンデーションがわり、または下地&日焼け止めとして使えます。

ママバター CCクリーム ラベンダー 1,500円

ホワイトベースのCCクリームで、SPF50と強力な紫外線カット力でありながら、紫外線吸収剤不使用という肌に優しい仕様がポイント!さらに、肌の奥にまで入り込む波長が長い紫外線A波もカットします。夏やアウトドアの際のベースメイクにいかがでしょうか。

ベビーピンク BBクリーム 1,000円

プチプラのBBクリームで人気が高いのがこちら。一本に乳液・美容液・クリーム・UVケア・化粧下地・ファンデーション・コンシーラー・フェイスパウダーと8つの機能が含まれる便利コスメです。ちょっと外に出るとき、コスメを多く持っていけない旅行先で活躍しそう!

ベアミネラル CR ティンテッド ジェル クリーム 3,800円

肌にできるだけ負担をかけたくない、スキンケア感覚で使えるようなクリームが欲しい人におすすめのアイテムです。ミネラル、植物由来の美容成分配合で、保湿しながら下地、ファンデーション、UVケア、スキンケアまで完成させます。みずみずしいなめらかなテクスチャーで肌に伸ばしやすく、少量でもツヤのあるヘルシー肌に仕上がります。

メイベリン ニューヨーク ピュアミネラル BB クリーム UV 1,200円

プチプラなのに高評価!伸びの良さ、カバー力ともに評価の高いメイベリンのBBクリーム。オイルフリーなのでベタつかず、水分ベース処方で肌に潤いを与えます。価格が安いので、BBクリーム初心者で一度試してみたい、という方にもおすすめです。

CCメイクで軽やかベースメイク!

BBクリームはカバー力、CCクリームは透明感のあるナチュラルな仕上がりが特徴です。それぞれのメリットに注目して、シチュエーションごとに使い分けてみましょう。休みの日は肌に負担がかからないCCクリーム、普段はBBクリームというように日によって使い分け、違いを楽しんでくださいね。

一緒に読まれるまとめ記事
まとめ記事に関するキーワード