「かわいい」を目指す女の子のためのメイク方法投稿サイト MAKEY(メイキー) おすすめのコスメや初心者にも分かりやすいメイク方法/やり方を紹介

今日はもう早く帰ろ!仮病メイクで風邪を演出する方法

みなさんは、仮病メイクをご存知ですか?体調はいいのにあえて具合が悪そうに見せる、ちょっと変わったメイクです。これさえマスターしておけば、いざという時に役に立つかも!?今日はもう帰りたい!なんて日にやってみてください♪


体調が悪く見える仮病メイク

普通、メイクは自分をかわいく見せたり、元気に見せたりするためにしますよね。でも、その全く逆をいくのが仮病メイクです。あえて体調が悪いかのように見せるためのテクニックを駆使し、「あの子、具合が悪いのかな?」と思わせるためのもの。

このメイクは、学校や職場、バイト先で「もう帰りたい……」となったときに活躍します。どうしてもやる気が出ない時や、その後の予定がつまっているのに時間がおしているときなどにおすすめ。ただ仮病で早退するよりも真実味が増すので、周りから怪しまれません。

仮病メイクで一番重要なのは唇

リップメイク
出典:makey.asia

パッと見た時に「具合が悪そう」と判断されるには、血色の悪い口をしていることが重要です。唇が青白いと、一発で体調不良に見えます。これを演出するには、コンシーラーが最適。唇全体にぬって色味を消し、不健康そうに見せましょう。この時、厚塗りすると唇の色が悪いのではなくコンシーラーをぬっているのがバレバレになってしまうので要注意。また、最初に色のついていないリップクリームをぬっていおくと、コンシーラーをなめらかにぬれるのでおすすめです。

仮病メイクでは青白い顔を演出して

ベースメイク
出典:makey.asia

顔が白いと、それだけで体調が悪そうに見えますよね。ということで、血色の悪い顔を作っていきます。まず、下地はブルー系がおすすめです。普段は赤みが出ているところにピンポイントで使いますが、「なんか、顔が青白いよ」と指摘されるために全体にぬりましょう。特に赤みが強いところは、ブルー系を重ねてぬったり、グリーン系をまぜてぬるのもOKです。

ベースメイク
出典:makey.asia

次に、ファンデーションをぬっていきます。いつもよりワントーン明るい色を使うと、仮病メイクのクオリティが上がりますよ。肌の色にあわず封印していたものがあれば、今こそそれを使うときです。全体に均等にぬっていきます。リキッドファンデーションやクリームファンデーションだとツヤ感がでて生き生きした表情になりやすいので、パウダーファンデーションがおすすめ。

ベースメイク
出典:makey.asia

チークは、仮病メイクで使いどころがなかなか難しいコスメです。メイク初心者さんや不器用さんは、使わない方がいいですね。その方が血の気がなくて具合が悪そうな仮病メイクの雰囲気を崩さずに済みます。しかし、メイクに慣れている方や器用な方なら、あえて使うのも一手なんです。というのも、チークを上手く使って熱が出ている表現ができるから。リキッドタイプのチークを、頬の広範囲に濃いめにぬります。この時、ピンク系やコーラル系ではなく、レッド系を使うと熱っぽさを演出できます。塩梅が難しいので、少しずつ重ねるようにぬってみてください。

仮病メイクのアイメイクのコツ

アイメイク
出典:makey.asia

仮病メイクでは、アイメイクも工夫が必要。アイブロウはほぼいつもと同じでOKですが、やや薄めに書くとぼやけた印象になって仮病メイクらしくなります。アイシャドウは、ベージュ系をぬったあとに薄くピンク系をぬりましょう。熱や疲れで目が充血している感じを表現できます。このとき、ラメやパールが入っているものだとキラキラとかわいくなってしまうので、マット系がおすすめです。下まぶたにも若干のせ、腫れぼったくしてください。

アイメイク
出典:makey.asia

仮病メイクでは、もう一つ大切なアイシャドウの使い方があります。それがクマの演出です。涙袋のところに、肌よりワントーン暗いアイシャドウをさっと入れましょう。幅が広すぎたり色が濃すぎたりすると違和感があるので、筆を使って薄めにいれるのがコツです。また、涙袋の影を書くときのように、明るいアイブロウペンシルで涙袋をかたどる形でラインをいれるのもおすすめです。

アイメイク
出典:makey.asia

目を腫れぼったくするには、二重の幅も調節するといいですね。一重でいつもアイプチなどを使っている方は、普段より狭めの幅を作り、目を重く見せるといいでしょう。アイプチを使っている奥二重さんは、仮病メイクのときは素のままでOKです。二重さんはそのままでもいいでしょう。ただ、疲れで目が三重になる方も多いので、目尻だけでもラインを足しておくといいですね。

仮病メイクのクオリティを上げるテクニック

仮病をアピールするには、メイクの他にも気をつけたいポイントがあります。そのひとつめが、ヘアスタイルです。きっちりまとめた髪やきれいに巻いた髪は、不健康な印象を与えません。あえてアホ毛や産毛を残しつつ、ぼさっとまとめるといいですね。朝からお団子などにしておいて、それをおろして髪に癖がついてしまっている状態も、疲れた印象を与えるのでおすすめ。

もうひとつのテクニックが、ファッションです。ジャケットやシャツをきっちり着こなすのではなく、しわ感のある服を着ておくといいでしょう。全体的に疲労した雰囲気が出て、仮病メイクの効果を上げてくれます。朝は普通の服を着て出勤して、家からくたくたになったカーディガンなどを持っていき、仮病を打ち明けるときに羽織るなどすると簡単です。

仮病メイクで早帰り完了!

いけないことだとはわかりつつ、仮病を使いときは多々あります。あまりに何回もすると信用を失ってしまうので、ここぞというときだけにしておきましょう。そのときは、ぜひ仮病メイクで現実味を増してください。

一緒に読まれるまとめ記事
まとめ記事に関するキーワード