「かわいい」を目指す女の子のためのメイク方法投稿サイト MAKEY(メイキー) おすすめのコスメや初心者にも分かりやすいメイク方法/やり方を紹介

切開ラインやつけまでデカ目をGETしよう!

目頭切開ラインを描いたり、つけまつげを使ったり。ちょっとしたテクニックで、整形級のデカ目をGETしちゃいましょう!目元を印象的に見せるためのコツを、ご紹介していきます。


目頭に切開ラインをアイライナーで描く

切開ライン
出典:makey.asia

リキッドアイライナーを使って、目頭にちょんちょんと切開ラインを描いてあげると、目がかなり大きく見えます!離れ気味の目の方にもおすすめのメイク方法です。ポイントは「さりげなく描く」こと。がっつり描いてしまうと怖い感じになってしまうので、描いているか描いていないかわからない程度に、さりげなく仕上げましょう。ブラウンカラーのアイライナーを使ったり、涙袋の影や二重ラインを描くための薄い色味のライナーを使ったりすると、ナチュラルに仕上げることができておすすめです。

ヒロインメイクの「スムースリキッドアイライナー スーパーキープ / 02ビターブラウン」

ヒロインメイクの「スムースリキッドアイライナー スーパーキープ / 02ビターブラウン」は、繊細なラインも引きやすいリキッドアライナーなので、切開ラインを描くのにもぴったりです♪ブラックとブラウンの2色展開ですが、切開ラインを描くならブラウンがおすすめ。ウォータープルーフタイプでにじみにくいのに、落とすときはお湯でするんと簡単にオフできます。

ケイトの「ダブルラインフェイカー」

ケイトの「ダブルラインフェイカー」は、二重のラインをくっきりはっきりと見せることができるリキッドライナー。絶妙な淡いブラウンカラーのライナーで、涙袋の影や切開ラインをナチュラルに描きたいときにも活躍します。こういう色味のリキッドライナーはあまりないので、一本持っておくとかなり重宝すると思いますよ。

芯がしっかりしているつけまつげで二重を作る

つけま
出典:girlydrop.com

芯がしっかりしているタイプのつけまつげを使うと、一重でも二重のラインが出現したり、もともと二重の方は二重ラインがくっきりしたりすることがあります。「ぱっちり二重になりたいけど、アイプチやテープなどを使うのは嫌」「上手く使えない」という方は、つけまつげで二重を作る方法にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

D-UPの「アイラッシュ RICH 800シリーズ」

芯がやわらかいタイプのつけまつげだと二重ラインはできにくいので、芯が硬めでしっかりしているタイプのつけまつげを選びましょう。D-UPの「アイラッシュ RICH 800シリーズ」は、ボリューミーなデザイン&しっかりめの芯が特徴的なつけまつげです。しっかりと目元を盛ることができるので、ここぞというときに使うのも◎。かなりしっかりめの硬め芯なので、くっきり二重も作りやすいと思いますよ。

スプリングハートの「スプリングハート アイラッシュ」

ナチュラルなメイクに合わせるなら、ナチュラルなデザインのものを選ぶと良いですね。スプリングハートの「スプリングハート アイラッシュ」は、芯はしっかりめですがデザインはナチュラルなので、華美になりすぎずデイリー使いもしやすいと思います。つけまつげ用のグルーもセットになっているので、つけまつげ入門にもぴったり♪

接着しないタイプのアイテムでくっきり二重に

アイプチ
出典:makey.asia

二重用コスメというとまぶたの皮膚を接着して二重を作るタイプのものが主流かと思いますが、まばたきをしたり目を閉じたりするとまぶたがひきつったりして「ばれないかな?」と心配になることもありますよね。そんな方におすすめしたいのが、接着しないタイプの二重コスメです。まばたきをしても自然で、まぶたのひきつり感も感じにくいため快適に使えると思いますよ。

ラクオリの「リキッドフィルム」

ラクオリの「リキッドフィルム」は、最近かなり人気がアップしている二重コスメになります。二重にしたいところにこちらを塗って乾かすと、やや硬めの皮膜のような感じになり、目を開けたときにそれがまぶたの皮膚に食い込むことで二重ができるという仕組みです。オフするときはお湯で簡単に落とせるので、まぶたに負担をかけにくいと思いますよ。

ローヤル化研の「ローヤルプチアイムII」

ローヤル化研の「ローヤルプチアイムII」も、先にご紹介したアイテム同様、接着しないタイプの二重コスメになります。保湿成分であるヒアルロン酸が配合されているところも、お肌にやさしい感じがして嬉しいですね。自然な二重を作りやすいと人気があります。

ぷっくり涙袋をつくって縦幅を強調

涙袋
出典:makey.asia

涙袋をしっかり強調してあげると、目の縦幅がアップするので目が大きく見えます♪もともと涙袋があるタイプの方はもちろん、涙袋が無いタイプの目の方でも、涙袋用コスメなどを使うことで、ぷっくりとした涙袋が「ある」ように見せることができますよ。明るいカラーのシャドウなどを涙袋に乗せて明るく見せるだけでも可愛いですし、涙袋の影をライナーなどで描いてしっかりと強調してあげても◎です。色々な方法を試して、自分に合った涙袋メイクを見つけてみてくださいね!

ラブドロップスの「涙袋ウルミライナー」

ラブドロップスの「涙袋ウルミライナー」は、ペンシルタイプの涙袋用コスメです。芯がやわらかいので目元に負担をかけることなく、するすると涙袋のラインを引くことができます。パール感たっぷりなので、目元を明るく見せてくれる効果もありますよ。涙袋をぷっくり強調させたいときにはもちろん、目元をぱっと明るい印象にしたいときにもおすすめです♪

キャンメイクの「ライティングリキッドアイズ」

キャンメイクの「ライティングリキッドアイズ」は、リキッドタイプの涙袋用コスメで、比較的薄付きなのでナチュラルに涙袋メイクをすることができます。主張しすぎないので、ナチュラルメイクに合わせても浮きにくいですよ。美容液成分が配合されているところも嬉しいポイントです♪

色々な方法でデカ目を目指そう♪

デカ目を作るのに役立ちそうな方法をご紹介してきましたが、いかがでしたか?ぜひ色々な方法を試して、自分に合ったメイク方法を見つけてみてくださいね。

一緒に読まれるまとめ記事
  • 冬のデートにぴったり♡キラキラメイク!

    クリスマスにイルミネーション、バレンタインなど…。冬はデートにぴったりなイベントが盛り沢山ですよね♡ラメのアイシャドウを使えばイルミネーションなどの光に反射して華やかな目元になること間違いなし!

  • 【学生用】ぷっくり涙袋の簡単3STEPと人気な書き方・作り方4選!

    どんなメイクにも必要不可欠な「涙袋」♡ヒアルロン酸をいれて整形する方法もあれば、日頃からマッサージをして自力で自然な涙袋をつくるやり方もあるけど、手軽に簡単な涙袋メイクが習得できればオールOK♪MAKEYでとっても人気な簡単にできる「涙袋」のメイクを紹介していきます♡ぜひ参考にしてみてね!

  • 黒髪にも似合う!クール可愛いギャルメイクのやり方!

    いつものメイクとは印象を変えたいときにオススメなギャルメイク。普段、濃いめのメイクはできないという方や、休日にメイクを楽しみたいという方にぜひ挑戦していただきたいです。今回は黒髪の方でも似合うギャルメイクのやり方をご紹介します。

  • メンヘラメイクが流行!?メンヘラメイクで「病みかわいい」をゲットしよう♡

    メンヘラメイクが女子の間で流行しています。病みかわいいやゆめかわいいとしても話題のメンヘラメイクはどのようなものなのでしょうか?メンヘラメイクの特徴やメイクのやり方・おすすめプチプラアイテムもご紹介します。

  • 2017年-2018年大人ギャルメイク!ナチュラルに仕上げるポイントとアレンジ集

    最近は、盛りまくるギャルメイクよりも、ナチュラル感がある大人っぽいギャルメイクがトレンドとなっています。大人ギャルメイクならカッコいいファッションも着こなしやすく、コンプレックスを上手く隠しながらメイクを楽しめます。今回は大人ギャルメイクのポイントとアレンジ例をまとめてご紹介します♪

  • 自然で大人っぽい仕上がり!裸眼ギャルメイクのやり方

    カラコンは簡単に黒目を大きく見せることができる便利なアイテムです。その反面コストがかかったり、目が不自然になったり、ドライアイの人にはきつかったりとデメリットもあります。今回はカラコンを使わなくてもしっかり盛れるギャルメイクのやり方をご紹介します。

  • 忙しい朝でも大丈夫!泣いた翌日の腫れ目をすぐに治せる方法

    悲しいことがあったり、ドラマや映画を見て号泣した次の日は、目が腫れあがってしまうことがあります。そのまま出かける訳にもいかないし、目元が腫れているとメイクのノリも悪いですよね。今回は泣いた後の腫れ目を治す方法と予防についてご紹介します。

  • 【ハーフ顔完璧】ハーフメイクの「黒髪」「北欧風」「童話風」「ギャル系」もポイントはこれ!簡単メイク術大公開♡

    彫りが深くてかわいくて、でも大人っぽく見えるハーフ美人顔。はっきり大きな目にすっきり通った鼻筋、透明感のある透き通った肌で上品な太眉の外国人風メイクに憧れる女性は多いはず。テレビでも中村アンさんや長谷川潤さんやローラさん、黒木メイサさんなど、人気のあるモデルやタレントさんがたくさんいます。色素薄めの北欧系ハーフから、ナチュラル黒髪、カラーぱっきり濃いめのギャル系ハーフまでやり方を完全網羅していきます。

まとめ記事に関するキーワード