「かわいい」を目指す女の子のためのメイク方法投稿サイト MAKEY(メイキー) おすすめのコスメや初心者にも分かりやすいメイク方法/やり方を紹介

2017年のトレンド♡美少年風ジェンダーレスメイクのやり方

2017年流行しているジェンダーレス。ヘアスタイルやファッションのみならず、メイクもトレンドです。今回は誰でも出来るジェンダーレス風メイクの方法をレクチャーします!


ジェンダーレスとは?

ジェンダーレス 女子
出典:makey.asia

最近流行しているジェンダーレスについてご存知ですか?
ジェンダーとは、「性別」という意味を持っていて、レスとは「~がない」といった意味があります。
合わせてジェンダーレスとは、「男女の性別差をなくす」という意味になります。
ファッションやメイク界のジャンダーレスは少し意味が変わって、「男女の境目が無い」というニュアンスで使われています。
2017年はファッションやヘアスタイルなどあらゆる部門でジェンダーレスがトレンド入りしています。

ジェンダーレス 女子
出典:makey.asia

ジェンダーレスな仕上がりにするために、全体的な仕上がりに清潔感を出すことが大切です。
また、顔立ちが女性らしいほど男性に近づけるように眉や彫を強調しましょう。
パーツごとに気を付けるポイントをまとめるので、メイク前にチェックしてみて下さい。

ジェンダーレスメイクのポイント

素肌感を残したナチュラル肌

素肌感 ベースメイク
出典:makey.asia

女性らしくするためには、美しいマット肌にしたりツヤ感を出したりベースメイクに力を入れますよね。
ジェンダーレスメイクの場合は、なるべく素肌感を残してすっぴん風の肌に仕上げましょう。
普段使っているファンデよりも健康的なカラーを使用すると中性的な雰囲気が出やすいです。
そばかすなどは全部カバーせずあえて残すくらいの方がナチュラルに見えますよ。
気になる場合はハイライトを使って光で飛ばしましょう。

立体感を出すシェーディング

シェーディング
出典:makey.asia

シェーディングとハイライトは、顔に立体感を出すために重要な工程です。
ハイライトはパール入りのものよりマットなタイプの方がより自然に馴染みます。
小顔にしたい部分と鼻筋の横、眉の下にさりげなく影を付け、ハイライトで鼻を高くみせましょう。
肌のムラが気になる部分にハイライトを乗せるときれいに見える効果もあります。

キリッとした太目の眉

太眉
出典:makey.asia

眉はどんなメイクでもお顔の雰囲気を大きく変えるパーツです。
女性らしくするためにはアーチ型や平行眉にしますが、ジェンダーレスメイクの場合は、自分の眉の形を生かしましょう。
眉の形に添って少し太目に書いていき、きりっとした印象に仕上げます。
無理に男性らしさを出そうとせず、すっぴん眉のように仕上げるのがポイントです。

アイメイクはカラーレス

カラーレスアイメイク
出典:makey.asia

目の周りに色が付いているとどうしても女性らしらが際立ってしまいます。
ジェンダーレスな雰囲気を出すためには、なるべく色を使わずシンプルにメイクしましょう。
アイシャドウはブラウン系のみ、アイラインもポイントを絞って使います。
マスカラは塗ってもOKですが、ビューラーをかけずに伏し目がちのまつげにする方法がおすすめです。

チークはさりげなく

チーク さりげなく
出典:makey.asia

ピンクや赤などの可愛らしい色を使うより、ヘルシーなオレンジ系やベージュ系を使用しましょう。
肌なじみが良いためそんなに目立ちませんが、さりげなく血色をアップしてくれます。
頬の真ん中に入れるより、少し外側に入れて小顔効果を狙いましょう。

色を使わないナチュラルリップ

ナチュラルリップ
出典:makey.asia

リップもアイメイクと同様、色が付いているとしっかりメイク感が出て女性らしく見えてしまいます。
すっぴんでも血色が気にならない方は透明グロスを極薄く塗る程度でもOKです。
血色が悪ければ色付きリップのナチュラルなものやティントを使って自然に仕上げましょう。
リップコンシーラーで軽く色を押さえて中性的に見せる方法もあります。

ジェンダーレスメイク ベースメイク編

下地 カバー力
出典:makey.asia

下地はカバー力が高く、密着度が高いものを選びましょう。
下地である程度カバーしておくことで、ファンデーションやコンシーラーが薄付きになります。
テカリが気になる方はテカリ防止タイプを使用してください。
顔全体にちょんちょんと乗せて、スポンジで叩くように伸ばします。
クマや小鼻の周りなど気になるところには重ねて乗せてカバーしましょう。

中性的 ベースメイク
出典:makey.asia

コンシーラーは、クマやニキビなどどうしても気になる部分にだけ乗せていきます。
薄付きで伸びが良い液体タイプがおすすめです。
コンシーラーを付けたらファンデーションです。
この時点である程度カバーされている場合は、フェイスパウダーやベビーパウダーで仕上げましょう。
肌のムラやすくみが気になるならパウダータイプのファンデを顔の中心から外側に向かって薄くなるように塗っていきます。

シェーディング 場所
出典:makey.asia

シェーディングは濃くなり過ぎないように最初は薄めに付けていきましょう。
上の図を参考に、小顔に見せたい部分にシェーディング、高く見せたい部分にハイライトを入れていきます。
顔の形によって入れる場所が違うので、自分の顔型をよく観察して入れて下さい。

ジェンダーレスメイク アイブロウ編

眉 整え方
出典:makey.asia

アイブロウはメイク前のひと手間が大切です。
余分な毛をカットして形を整えておきましょう。
眉が少ない場合はティントで形の下書きをするのもおすすめです。
眉メイクはパウダーとペンシルでシンプルに仕上げましょう。

きりっと眉
出典:makey.asia

まずは眉尻の形を整えるようにペンシルを足していきます。
ペンシルの後にパウダーで眉全体を埋めていき、眉頭をぼかしましょう。
少し濃いめのカラーを使うときりっとした印象に仕上がります。
眉が細い場合は、目に向かって太さを足すとよりジェンダーレスに近づきます。

ジェンダーレスメイク アイメイク編

アイシャドウ ベース
出典:makey.asia

アイメイクはシンプルに仕上げます。
アイシャドウはベースにクリーム系のカラーと、目の輪郭を際立たせるブラウンを用意します。
まずはベースとなるシャドウをアイホール全体に乗せ、
目のキワ部分にブラウンを細く入れていきます。目頭から全体に入れずに、目じり側に少し足すように入れると自然です。
下瞼にもブラウンを少し入れると目が大きくきりっとして見える効果があります。

中性的 アイメイク
出典:makey.asia

アイラインは派手になり過ぎないように、まつげの生え際に沿って細く入れましょう。
目尻のラインは気持ちはみ出す程度に留めます。
インラインを引く場合は上瞼のみしっかりと入れましょう。
まつ毛はビューラーを軽くかけ、カールがきつくならないようにします。
カールがしっかりついていると女性らしさが際立ってしまいます。
あえて伏目がちのままビューラーを塗って、目を閉じた時に綺麗にまつ毛が見えるように仕上げましょう。

ジェンダーレスメイク チーク&リップ編

チーク ナチュラル オレンジ
出典:makey.asia

最後に血色をプラスしていきます。
チークは淡いオレンジやベーシュのパウダータイプを使用します。
ぱっとみ分からないくらいにナチュラルに仕上げるのがポイントです。
頬骨に沿って入れていき、目の中心くらいでストップします。
頬の外側部分に入れることで小顔に見え、顔のパーツが引き立ちます。

ナチュラル リップ
出典:makey.asia

リップはリップコンシーラーを使って軽く色をオフします。
付けすぎるとコスプレ風になってしまうため、ほんの少しだけでOKです。
色をオフしたら、ナチュラルなカラーのリップか、透明グロスを指に取り、
ちょんちょんと馴染ませるように塗っていきます。
内側の色を濃く、外側を薄く仕上げるとナチュラルな仕上がりになります。

今年流行中のジェンダーレスメイク

ジェンダーレス 女子
出典:makey.asia

いかがでしたか?
ジェンダーレスメイクは、手軽に出来ておしゃれに仕上がるトレンドのメイクです。
ヘアスタイルやファッションも合わせてコーディネートするとよりかっこよく仕上がります。
流行中のジェンダーレスメイクを楽しんで下さいね。

一緒に読まれるまとめ記事
まとめ記事に関するキーワード