「かわいい」を目指す女の子のためのメイク方法投稿サイト MAKEY(メイキー) おすすめのコスメや初心者にも分かりやすいメイク方法/やり方を紹介

2017/02/08 更新

学校メイクはオルチャン高校生を目指せ!

毎日の学校メイク、そろそろ飽きてきたな~なんて思いませんか?そんな時にチャレンジしたいのが、オルチャンになれる学校メイク。韓国の高校生をイメージして、可愛いメイクをしちゃいましょう!きっとクラスでも注目されちゃいます♪


オルチャンメイクとは?

今や一般的な言葉となったオルチャン。実際、どんな意味かご存知ですか?オルチャンとは、顔という意味の「オルグル」と、再考という意味の「チャン」が組み合わさった、韓国の造語です。最高の顔、つまり美少女やイケメンを意味しています。

特にト・フェジちゃんやホン・ヨンギちゃんなどが有名なオルチャンですね。そんなオルチャンになるためのメイクが、オルチャンメイク。今や韓国女子だけでなく、日本の女優さんやモデルさん、一般女子たちも取り入れています。今回はこのオルチャンメイクを、学校メイクにアレンジしていきます。

ベースメイクはうるおい重視

オルチャンメイクの特徴の一つである、赤ちゃんのようなうるうる肌。これを取り入れていきます。まず、元の肌の状態が荒れているとなかなかきれいな仕上がりにならないので、毎日のケアをお忘れなく♪洗顔後、化粧水と乳液をたっぷりぬったら、冷風ドライヤーで余分な水気をオフ。そこにグリーンの下地をぬって、パウダーファンデーションを薄く塗ってください。しっかり肌を作りすぎないのが、学校メイクのアレンジポイント♪

アイメイクはいつものオルチャンメイクより薄めで

オルチャンメイクといえば、平行太眉ですよね。これを今回の学校メイクではそのまま使っていきます。まずアイブロウブラシで毛の流れを整えて、アイブロウペンシルで眉の上のラインを引きます。この時角度をつけすぎず、目と平行になるように描きましょう。次に下のラインを上のラインと平行になるように引き、上のラインを下のラインの眉尻につなげましょう。最後にアイブロウパウダーで柔らかく色づければ完成です。

一重さんや奥二重さんは、アイプチをしましょう。オルチャンメイクではぱっちりした二重が必須です。そしてアイシャドウは、基本的な学校メイクと同じくブラウン系を使います。ラメやパールがあまり強くないベージュをアイホール全体にぬります。次に二重幅まで明るいブラウンをぬりましょう。

次にアイラインをひきます。オルチャンメイクでは黒のアイラインをガッツリ引きますが、今回のメイクはあくまで学校メイク。ダークブラウンを選びましょう。粘膜をうめるように少しずつひき、目じりは平行に伸ばします。そこから「く」の字になるように下まぶたにつなげましょう。この「く」の字のようなメイクは、オルチャンメイクならではのテクニックです。

チークはほんのりのせるだけ

チークが濃いと、一気に「厚化粧」感が出てしまうもの。それでは学校メイクにそぐわないので、あくまでうっすら、ほんのりのせるだけを意識しましょう。使うのは、パウダータイプのチーク。ブラシにとったら、少しずつ頬にのせていきます。楕円になるように、顔の中心から外側に向かってブラシを動かしましょう。

うるうるリップでかわいく

オルチャンメイクでリップといえば、グラデーションですよね♪今回は学校メイクなので、あくまで薄めの色でグラデーションを作りましょう。唇全体をリップクリームで調子を整え、唇の中心に色をぬります。それを綿棒でたたくように広げ、唇の真ん中が濃い目、外側が薄めになるようにしましょう。学校メイクなのでグロスはぬらずに完成です。

オルチャンメイク風学校メイクをしよ!

フンニョメイクやオルチャンメイクのまとめ

いま一番人気のオルチャンメイクをチェック♡

学校メイクにオルチャンメイクを取り入れれば、濃すぎず可愛くなれるメイクが完成します!毎日のメイクだからこそ手を抜かず、しっかり可愛くなりたいですよね♪ぜひ明日から、このメイクを試してみてください!

一緒に読まれるまとめ記事
まとめ記事に関するキーワード