「かわいい」を目指す女の子のためのメイク投稿サイト MAKEY(メイキー) おすすめのコスメや初心者にも分かりやすいメイクのやり方を紹介

キャンメイクの赤シャドウで遊ぶ!アイメイク3パターン紹介

プチプラの王道といえば、キャンメイク。なかなか手を出しづらいカラーシャドウもキャンメイクならば安く使いやすく、持っていて損はないですよね。今回はそんなカラーシャドウの中でも使いやすい赤シャドウを使ったアイメイクを3パターンご紹介します。


使いやすいキャンメイクの赤シャドウ

赤 チューリップ
出典:weheartit.com

カラーメイクって難しいですよね。普段のブラウンメイクはできるけど、カラーを取り入れるメイクは難しくてできないと思っている方も多いのではないでしょうか。カラーメイクは一歩間違えれば派手すぎてピエロのようになってしまったり、カラーの組み合わせも自分で選ぶのは難しいからと諦めていませんか?
カラーメイクはできるようになれば、トレンドメイクなどで季節ごとにトレンドカラーを取り入れたメイクや遊び心のあるメイクを楽しめるので、知っていて損はないメイクです!

今回は比較的手に入れやすく使いやすいカラーの入っている『キャンメイクのアイニュアンス 32 ショコラアップル』を使って、赤シャドウで遊べるアイメイク3パターンをご紹介します。
1つめはキャンメイクが推しているナチュラルグラデーション、2つめはワンポイントで入れる赤シャドウ、3つめは赤をしっかり主張する赤ラインシャドウです。どれも簡単なやり方ですので、ぜひ試しみてください。

赤シャドウでナチュラルグラデーション

赤シャドウ メイク
出典:makey.asia

まずはキャンメイクが公式HPで推奨しているナチュラルグラデーションに仕上げていきます。より普段使いしやすいようにナチュラルなアイメイクにしていくので、はじめての赤シャドウでも安心です。
まずは一番下のハイライトカラーを指を使ってアイホール全体に広げていきます。これでまぶたを明るく見せながら次にのせる赤シャドウの発色を高めていきます。
次に左の赤シャドウをブラシかチップを使って二重幅までに入れていきます。このあとにぼかすので、綺麗に入れなくても大丈夫です。入れ終わったら指かブラシを使って、アイホールに向かってぼかしていきます。ぼかすときにはワイパーのように左右に下から上に向かってジグザグに動かしてぼかしていくと綺麗なグラデーションに仕上がります。
次に締め色である右のブラウンカラーを二重幅の中間くらいまでに入れてから二重幅までぼかしいれていきます。
次に下まぶたには涙袋の部分にハイライトカラーを指やチップを使ってしっかりと眉下と涙袋に入れていきます。眉下に入れるときには赤シャドウをまぶたに馴染ませるようにしながら入れていってください。目尻部分には3分の1程度に赤とブラウンを混ぜて入れていきます。

これで赤シャドウを使ったグラデーションアイの完成です。

赤シャドウ メイク
出典:makey.asia

こののせ方ならば、アイラインはブラックでもブラウンでも、インラインを引くだけでも目尻を長めに引くでも、どんなアイラインも合うので、お好みでアイラインは引いてみてください。ブラックならばセクシーだけど強い女性な印象に、ブラウンならばふんわりとした可愛らしい印象に仕上がります。
マスカラはブラウンだとぼやけやすいので、ブラックを使ってしっかりと引き締めてあげてください。

ポイント赤でこなれ感を

赤シャドウ メイク
出典:makey.asia

次に赤シャドウをポイント使いしてこなれ感のある印象に仕上げていくやり方をご紹介します。ポイントは上まぶたをいつも通りのブラウン系で仕上げてから、下まぶたや目尻にだけ赤シャドウを入れていくことです。全体的に入れないことで、メイク上級者のように赤シャドウを楽しむことが出来ます。

まずは上下まぶた全体にハイライトカラーを入れてから、二重幅にブラウンを入れていきます。ブラウンとハイライトカラーとの境目がくっきりとしないように、ブラシや指を使ってぼかして馴染ませてあげてください。上まぶたはこれで完成です。
次に下まぶたには赤シャドウを全体的に入れていきます。赤シャドウは白目をキレイに見せてくれる効果もあるので、これでうるんだ瞳に見せることができます。ポイントは涙袋の部分からはみ出さないようにすることです。範囲を広げ過ぎると酔っぱらいのような赤ら顔に見えてしまうので、塗る範囲には注意しましょう。このままでは下まぶたの赤が主張し過ぎるので、目尻3分の1程度のまつ毛の際部分にブラウンシャドウを入れて、ナチュラルに引き締めれば完成です。

このアイメイクのときにはアイラインをあえて引かず、ブラウンのシャドウをアイライナーブラシにとり、目の際に細く引いていくことでヌケ感が出て可愛らしい目元に仕上がるのでオススメです。マスカラもカールさせ過ぎずにしながら、ブラックのマスカラを軽く塗るだけがオススメです。赤シャドウを主張したヌケ感のあるこなれ感フェイスに仕上がります。

赤メイク シャドウ
出典:makey.asia

次に目尻側にポイント使いするやり方もご紹介します。
先ほどと同じく上下まぶた全体にハイライトカラーを入れてから、赤のシャドウを上下目尻に3分の1~2程度に入れていきます。二重幅からはみ出さないように、黒目の外側くらいまでのせるとぼかした時に綺麗な印象に仕上がります。赤シャドウをのせたら何もついていないブラシや指を使って、目頭の方に向かってぼかしていきます。目の中央あたり、黒目の幅くらいまでぼかせば十分です。目尻からのグラデーションに仕上げることで、セクシーな雰囲気にできるので大人っぽいメイクをしたいときにピッタリです。
このままだと赤だけで目元がぼやけるので、ブラウンのシャドウを使って赤シャドウをのせた部分よりも内側にブラウンをぼかしいれていって、自然な陰影をつくります。これものせ過ぎると赤シャドウをつぶしてしまうので注意しながら入れてください。

このアイメイクの時には跳ね上げでもタレ目ラインでも似合うので、お好みで引いてみてください。マスカラもブラウンや思い切って赤マスカラを目尻部分にぬってみるのもオススメです。

印象的な赤ラインに

赤ライン メイク
出典:makey.asia

最後は赤シャドウをアイラインのように使っていきます。
まずは上下まぶた全体にハイライトカラーを入れて、赤シャドウをアイライナーブラシやチップの先端にとり、黒目の終わり辺りから目尻に向かってまつ毛の際に引いていきます。跳ね上げても垂れさせても大丈夫ですが、幅が太くなり過ぎないように注意してください。そして黒目の終わり辺りから目頭に向かって赤シャドウが乗っていない部分はブラウンのシャドウを同じブラシにとり、同じように目の際に引いていきます。下目尻3分の2程度にもブラウンをぼかしながらふんわりと入れれば完成です。

赤シャドウ メイク 女性
出典:makey.asia

赤シャドウでせっかくアイラインを引いているので、邪魔をしないようにブラウンのペンシルを使ってまつ毛の隙間を埋める程度にしましょう。まつ毛もカールさせ過ぎず、セパレートさせるくらいにして軽くマスカラを塗る程度にすれば、赤ラインを主張した印象的な目元に仕上がります。

赤シャドウで遊びましょう!

プチプラのキャンメイクコスメを使ったメイクまとめ

キャンメイクのおすすめコスメをチェック♡

いかがでしたでしょうか。キャンメイクの赤シャドウで遊ぶアイメイク3パターンをご紹介しました。赤シャドウは季節を問わずに使いやすいので、1つ持っていて損はないアイシャドウです。キャンメイクならばプチプラなので手軽に手に入れやすくなっています。ぜひお近くのドラッグストアやバラエティショップでゲットしてみてください!

一緒に読まれるまとめ記事
まとめ記事に関するキーワード