「かわいい」を目指す女の子のためのメイク投稿サイト MAKEY(メイキー) おすすめのコスメや初心者にも分かりやすいメイクのやり方を紹介

コスプレやイベントに!可愛い系男子になる男装メイク!

男装ってどうすれば良いのかわからない、メイクってするの?と悩まれる方のために、今回はかわいい系男子になる男装メイクをご紹介します。イベントなどでただのコスプレじゃつまらないと感じる方にもオススメです。ぜひ参考にしてみて下さい!


メイクでかわいい系男子に!

男装メイク
出典:twitter.com

普段のメイクではなかなかする機会はない『男装メイク』。
したとしても男の子の恰好をするだけで、メイクまではしませんよね。でも、男装メイクを知っていればハロウィンなどのイベントの際にも、友達とアニメキャラクターのコスプレをするときにも、しっかりとなりきることができるし、なれるキャラクターの幅を広げることができるので知っておいて損はない情報になります!

男装メイク
出典:makey.asia

今回はそんなイベントやパーティでも役立つ、男装メイクをご紹介します。男装メイクと言っても分類はたくさんありますが、今回はかわいい系男子になれる男装メイクをご紹介します。女性らしさを活かしながら男装していくメイクなので、比較的簡単なメイクになっています。初めての男装メイクと言う方も、すぐに男装メイクをマスターしたい方もぜひ参考にしてみてください。

ベースメイクは透明感のあるマット肌に

男装メイク
出典:makey.asia

ツヤ感のある肌は健康的な印象になりますが、男性的な印象にしたいならばマット肌がピッタリです。男装メイクというと健康的な肌色にするイメージもありますが、可愛い系男装メイクでは透明感のある白肌に仕上げることで儚げな可愛らしさを出していきます。

まずはブルーの化粧下地を顔全体に薄く広げてから、スポンジで叩き込むかティッシュオフをしていきます。このひと手間で色ムラを整えながら顔が白くなり過ぎるのとメイク崩れを防いでくれます。次にコンシーラーを使っていきます。アイメイクの時に涙袋をつくっていくので、その時に邪魔にならないようにクマはしっかりとカバーしてください。他にもニキビや赤みなど気になる部分にコンシーラーを付けて、指で叩き込んでからスポンジで馴染ませていきます。
ファンデーションにはパウダーファンデーションを使っていきます。リキッドファンデでも大丈夫ですが、できるだけマットな仕上がりになるものを選んでください。顔の中心から外側に向かって、優しく滑らせるようにパウダーをのせていきます。小鼻の横や目の下などの細かい部分にはスポンジの角を使って、塗り残しのないようにしっかりと塗っていきましょう。

これでベースメイクは完成です。

男装メイク
出典:twitter.com

次にアイブロウを描いていきます。可愛い系男子の眉は太眉でキリッと上がっている印象があるので、アイブロウペンシルとパウダーを使ってつくっていきます。
まずはアイブロウペンシルを使って眉の下部分を描いていきます。眉頭から眉山部分までほぼまっすぐ描いて、そこから眉尻まで自然に下げていきます。角度を付け過ぎないように注意しながら流すようなイメージで描きます。そのまま眉山から眉尻部分の上部分も決めて、塗りつぶしていきます。あとはアイブロウパウダーを使って全体的にぼかしていきます。いつもよりも濃いめのカラーを使うと、男性らしい濃い眉に仕上げることが出来ます。
最後に仕上げとしてスクリューブラシでぼかしてからはみ出した自眉毛部分をコンシーラーで潰していきます。男性的な眉を女性が描こうとすると、眉尻下部分は余りやすくなってしまうのでリキッドのコンシーラーをアイブロウマスカラを塗る様に表と裏に付けて、ぽんぽんと馴染ませてあげれば目立ちにくくなります。

これでアイブロウは完成ですが、ノーズシャドウも入れていきます。かわいい系男装メイクでは顔の丸みを残したいのでシェーディングを入れませんが、ノーズシャドウは入れていきます。鼻の付け根部分に重点的に入れてから鼻先に向かって入れていきます。小鼻の横部分にも軽く入れて横に向かってぼかして、自然な影に見せていきます。また、眉頭部分から眉の下部分にも入れて、眉と目の距離を近づけながらホリ深に見せていってください。

アイメイクは涙袋とタレ目がポイント!

男装メイク
出典:makey.asia

アイシャドウはナチュラルに目元の陰影をつくるために入れていくので、発色が良いモノは避けてください。ラメなどの入っていないマットなアイシャドウかシェーディングパウダーを使っていきましょう。アイホール全体に明るいブラウンもしくはベージュ系を入れてから、目尻側3分の1にブラウンを入れて目頭に向かってぼかしていきます。あとは二重をくっきりさせるために、二重線の少し下部分にダブルラインを入れてぼかしてあげます。

次に涙袋をつくっていきます。自然な涙袋にしたいので、笑ったときに高くなる涙袋部分に明るめのコンシーラーをのせて叩き込んで馴染ませてから、涙袋の影にはブラウン系のパウダーを使って、影を描いていきます。最後にバランスをみながら綿棒などでぼかしたりしながら整えれば完成です。

男装メイク
出典:makey.asia

次にアイラインを引いていきます。上まつ毛の隙間と粘膜を黒のリキッドを使ってしっかりと埋めていきます。目尻側は目の延長線上に伸ばすように5㎜くらい流します。下目尻にはブラウンのペンシルを使って、まつ毛の隙間を埋めるように3分の2程度に入れてから、アイシャドウのブラウンを使ってぼかしていきます。タレ目に見えるように黒目の下から目尻に向かって平行に入れていくのがポイントです。濃くなり過ぎないようにぼかしながら入れましょう。
マスカラはビューラーをせずに上まつ毛のみボリュームタイプのマスカラを塗っていきます。まつ毛にボリュームがある方はマスカラなしでも大丈夫です。

これでアイメイクは完成です。

チークリップは血色感を抑えて

男装メイク
出典:makey.asia

男装メイクでは血色感はそんなに出さないので、チークとリップはなしでも大丈夫です。
もしチークをのせる場合は、ブラウン系やベージュ系を発色しているか分からないくらいふんわりとのせていきます。ピンクやレッドを付けてしまうと女性らしさが出てしまうので注意してください。

男装メイク
出典:www.cosme.net

リップはマットなピンクベージュかベージュ系のものを使います。
マットなリップは乾燥しやすいのでリップクリームを塗ってから、べた塗りはせずに指にリップをとって唇にぽんぽんとのせていきます。これで塗りすぎを防ぎながら唇の血色感を抑えます。

これで男装メイク完成です!

可愛い男装メイクのまとめ

いま一番人気の男装メイクをチェック♡

今回の男装メイクはかわいい系男子の千葉雄大さんや瀬戸康史さんを参考にしました。手持ちのコスメでつくりやすい男装メイクになっているので、ぜひイベントのときやパーティで男装メイクや男性コスプレをして、楽しんでみてください!

一緒に読まれるまとめ記事
まとめ記事に関するキーワード
  • 濃いめ 2.5次元メイク

    いつもナチュラルなメイクが多いんで、今回はがっつりメイクを紹介しました コスプレ等にもオススメ アイラインやリップはキャラクターに合わせて変えてみると楽しい!

    29159 view


    眉毛(元きちお)

  • チェシャ猫メイク

    長くなってしまいましたがかなり細かく書きました。 自分流にアレンジしながらやってみてください〜‧✩͓̊(´๑•ω•๑)ɞ₎₎✩

    37796 view


    Z

  • 色っぽメイク

    私なりの色っぽメイクをしてみました。 流行りの青みピンクなどは使わず、 誰でも気軽に簡単に出来るよう すぐ手に入る色を使いました。 少しでも参考になれば嬉しいです❤️

    17977 view


    めろん

  • 白人陶器肌/ドール血にじみリップ

    白人陶器肌のコツは色の明るい→暗いの順で重ねて行く事です。すると肌色が馴染みやすくなります。 又ウイッグや鼻プチをするとよりハーフ/外国人っぽさが出るのでオススメです(ㆁᴗㆁ✿) 基礎メイクをおさえてよりハロウィンメイクを高クオリティにしましょう_(┐「ε:)_❤

    19014 view


    RaU

  • ハロウィン グロメイク

    今回はグロ系メイクに初挑戦しました₍ᐢ ›̥̥̥ ༝ ‹̥̥̥ ᐢ₎ 少しでも参考になれば嬉しいです♡︎/ 画像はフィルターをかけているので、実物とは少し色味が変わると思います! わからないことなどあればコメントお願いします!

    23035 view


    ざんげちゃん。

  • ボーイッシュメイク

    簡単なので少しメイクが面倒な時に是非やってみてください(*´ー`*)

    24555 view


    こばしり。

  • アルビノメイク

    基本は今まで投稿したアイメイク法と変わりないですが極端な色を避け白肌を意識しました。最大のポイントは髪色に馴染むようアイライナーを使わずリキッドアイブロウを代用し、シルバーのシャドーでボカす所です。

    58763 view


    Z

  • 本格的ゴシックメイク

    トップ画像では目の下に十字架をプラスしてみました‧✩͓̊(´๑•ω•๑)ɞ₎₎✩ ゴシックドールになりきってハロウィン気分を満喫しましょうପ(⑅︎ˊᵕˋ⑅︎)ଓ

    33534 view


    Z