「かわいい」を目指す女の子のためのメイク投稿サイト MAKEY(メイキー) おすすめのコスメや初心者にも分かりやすいメイクのやり方を紹介

2015/10/02

アルビノ風

使用したコスメ

Before / After

Before
After

メイクの手順

  • 1

    クリニークのCCクリームを使います。 重ねれば重ねた分厚みが出るのですが普通ファンデーションやBBクリームよりもナチュラルに仕上がる印象にあります。 これである程度ベースを整えたらチャコットのパウダー(ラベンダー)を使用して透明感を与えながら色白にします。 質感的にはセミマットぐらいまでパタパタします( ᵕᴗᵕ )

  • 2

    アイブロウはパウダーで毛と毛の間を埋める程度で大丈夫です。 その後にケイトの眉マスでもっと明るく仕上げます。 アイメイクはホワイトのシャドウをアイホール全体と下まぶたにのせます。 あとは自まつ毛をしっかりとビューラーで上げてマキアのマスカラでボリュームを出します。 これでアイメイクまでは終了です。

  • 3

    続いてチークですがまず薄いオレンジで塗りつぶされてる位置通りに赤のチークを入れます。そのあとに赤枠の範囲に余ったチークでぼかしていきます。

  • 4

    リップはベース作りの時に縁をぼかしておき うすくクリアのグロスをのせるだけです。

少しクマぽくチークを入れるといいかもです

関連するキーワード

太眉 ハロウィン 二重 色素薄い系 MAKEYハロウィンコンテスト アルビノ

小麦粉。さんの人気メイク方法

関連するメイク方法

関連するまとめ記事

  • 【2016-2017ギャルメイク】しっかり盛るけどやりすぎない!流行中のギャルメイクのススメ♪

    いつの時代も可愛いギャルメイク。 ナチュラルメイクだとなかなか盛れない!という方はギャルメイクに挑戦してみましょう。 今年流行しているギャルメイクのコツを押さえれば、 可愛くて盛れたトレンドフェイスを手に入れることができますよ♪

  • 今年のハロウィンは何になる?今注目なのは○○メイク!

    お祭りや花火大会、海にプールにスイカ割り…と盛りだくさんだった夏もあっという間に過ぎ、過ごしやすくなりましたね。次に待っているイベントと言えば、そう、ハロウィンです!

  • 儚げでナチュラルな「色素薄いメイク」が今っぽい

    「おフェロメイク」や「色っぽメイク」に飽きてきたあなたにおススメのなのが「色素薄いメイク」です。外国人やハーフの人のような色素の薄い雰囲気に憧れる女子は多いですよね。生まれつき色素が薄い雰囲気をメイクで表現しちゃいましょう。ハーフ顔に憧れがある方にもおススメです。ダークカラーを避けて、優しい色合いでメイクをするとうまく馴染みます。色素薄いメイクでアンニュイな新しい自分を見つけましょう!ベースメイクからヘアカラーまで色素薄いメイクにぴったりの方法をご紹介します。皆さんもトライしてみてくださいね!

  • ぷっくり涙袋を叶える、おすすめコスメ特集♡

    涙袋がぷっくりしていると、より可愛らしい印象になりますよね。涙袋を強調させるためのコスメや、涙袋を作るのに役立ってくれる涙袋用アイテムをご紹介していきたいと思います。

  • 二重のあの子より可愛い♡一重は美人のあ・か・し

    可愛い女性や美人な人たちはみんな二重。何で私は一重なの?と悩んでいる女性は多いですよね。実は日本人の七割は一重まぶたって知っていましたか?じわじわと、巷では一重は美人の証とも言われています。大人気の女優さんやモデルさんにも一重さんは沢山いるんです。

  • 二重メイク初心者さんへ!理想の二重幅にする整形メイクの基本・おすすめ二重コスメ

    あなたは二重ですか?それとも一重ですか?目は顔の中でも可愛さを左右する大切なパーツですよね。女の子ならぱっちりした二重を手に入れて大きな目になりたいと思います。今回は自分の目に合わせた理想の二重幅にするメイク術と口コミ評価の高い二重コスメについてご紹介します!

  • 整形級の仕上がり!切開メイクのやり方公開♪

    「できるだけ目を大きく見せたい!」という方は多いと思います。今よりももっと印象的な瞳を手に入れたいなら、切開メイクを練習してみませんか。切開メイクのコツやおすすめのアイテムなどをご紹介します。

  • 目指すは大人ギャル!きれいめギャルメイクをレクチャーします

    最近のギャルメイクは「大人め・きれいめ」な雰囲気が意識されています。ケバすぎるギャルメイクはちょっと派手すぎる……と思うかもしれませんが、大人っぽさのあるきれいめなギャルメイクなら、ギャルメイクをしたことがない方でも挑戦しやすいはず。華やかでゴージャスなギャルメイクにチャレンジしてみましょう。