「かわいい」を目指す女の子のためのメイク投稿サイト MAKEY(メイキー) おすすめのコスメや初心者にも分かりやすいメイクのやり方を紹介

2017/01/09 更新

ゴスロリとは?メイク方法は?ゴスロリメイクを学ぼう!

日本特有の文化である「ゴスロリ」文化。今や世界でもクールジャパンの一種であると評価され、コスプレイベントや、街中でもゴスロリファッションをしている人を見かけることも多いのではないでしょうか。ゴスロリといえば、ファッションに目が行きがちですが、重要なのは「メイク」です。せっかく本物のファッションをしても、メイクが残念だと初心者に見えてしまいます。今回は、そもそもゴスロリメイクとは何なのか?について、そして、プロが見ても納得するメイク方法をお伝えします。ゴスロリ初心者の方は、ぜひ参考にしてください。


ゴスロリとは?

ゴスロリとは「ゴシックアンドロリータ」の略語です。このゴシックアンドロリータとはもともとヴィジュアル系バンドのファンが始めたファッションメイクだそうです。

ゴスロリファッション・メイクとは?

黒を基調として、宗教的モチーフ(中世ヨーロッパをイメージしたもの、ドラキュラや十字架が代表的です)をあしらった暗く病的なイメージがあるものが「ゴシック」、白やピンクを基調としたお姫様のような可愛さがあるものが「ロリータ」です。この対照的な2つのスタイルを組み合わせたものが「ゴスロリ」です。
つまり、ゴスロリファッションやメイクをする人は、自分の好みやスタンスに合わせて、ファッションやメイクを選択します。今回は、「ゴシック」「ロリータ」とメイクを分けてご紹介します。

最近はゴスロリスタイルが身近に

最近は、アニメや漫画など、ゴスロリ系キャラクターが多く登場し、日本を代表するサブカルチャーのコスプレイヤーがよくゴスロリスタイルをするようになりました。そのため、どっぷりとゴスロリの世界にはまった人だけでなく、ファッションを楽しむ、とか、かわいい格好をしたいと思う人たちちにも支持されるようになり、ゴスロリスタイルは身近なものになりました。

ゴシックメイクの特徴は?

ゴスロリメイクの特徴は、ダークな雰囲気をもった西洋人形のようにすることです。先ほどお伝えした中世ヨーロッパをイメージしたような、ドラキュラをイメージしたメイクをする人も多いです。ハロウィン限定でメイクをする人も増えていますよね。

メイクは、ナチュラルさや明るさを排除し、退廃的な暗い印象を演出します。
健康的な明るさやツヤ感をなくしたマットな肌を作ります。

ゴシックメイク

◇アイメイク
西洋の外国の人をイメージした、ブラックで濃いめのアイメイクを行います。
まずは、ゴシックメイクの基礎メイクをご紹介します。
■ツヤ感を出す白いアイシャドー(クリーム系のもの)を二重のラインより内側、眉尻の毛が細くなっているところの下部分、目尻にたっぷり塗ります。
■二重の外側にダークカラーのアイシャドウ(ブラック、グレー、濃いブラウン)を自然なグラデーションになるように塗ります。
■最後にリキッドタイプのアイライナーでアイラインを引きます。(アイライナーは漆黒に近いブラック、太目の筆で描きます)

続いて、より濃いゴシックメイクをご紹介します。
■ ブラックカラー(または濃いグレー)のアイシャドウで上まぶたに輪郭をかきます。
■大きめの粒のラメ入りのグレーを黒目の上から目尻にかけて先ほど描いた輪郭の内側にたっぷりと塗ります。
■目尻から先ほど内側に塗ったラメ入りのグレーに重ねるように、ホワイトカラーやラメパウダーでグラデーションを作ります。
■最後に上から太くアイラインをまぶたとまつげの境目に塗れば完成です。

◇リップメイク
リップメイクは、ブラックの口紅がマストです。MACコスメなど発色が良いものを選択するようにしましょう。
初めてのゴシックメイクでブラックの口紅に抵抗がある場合は、紫や真っ赤な色を選択するのも良いでしょう。

◇ベースメイク
肌のメイクは血色がない白に近い色にしましょう。日本人は黄色っぽい肌色の人が多いので、まずはベースメイクで色を消すようにしましょう。ポイントは普段使用しているファンデーションよりも2~3トーン下げた色のカラー下地+リキッドファンデーション+上からパウダーを使用することです。

ロリータメイクの特徴は?

ロリィタメイクの特徴は可愛らしい、「ドールメイク」と言われるものです。ドールメイクといえば、最近のモデルさんで、ロリィタファッションをしていない人もよく行っているメイク方法です。

まるでおとぎ話の主人公の女の子のように、甘くてかわいらしい少女のイメージに仕上げます。赤みがあるチークやリップに、広範囲のピンクチーク、ムラのない陶器のような白肌と、ボリュームたっぷりのまつげが特徴です。

ロリータメイクのやり方

出典:twitter.com

◇アイメイク
ロリィタメイクは、基本ピンク系のコスメを使用します。イメージはフランス人形です。実際のメイク方法をご紹介します。

■二重幅にピンクのアイシャドウを塗ります。
アイシャドウは細かい粒子のラメ感のあるアイシャドウの方が、キラキラしてかわいい印象になります。
■アイホールに、白系のパールのハイライトをなじませます。(細かい粒子のラメが入っているものか、クリームタイプのものをおすすめします)
■まぶたの外側1/3と、目の下の目尻側1/3に、薄いブラウンのアイシャドウをのせます。
■まぶたのきわ部分、まつげに近い部分に濃いブラウンシャドウをのせて二重ラインを強調します。
■目の下の涙袋にはホワイト系カラーのラメを塗ります。
アイシャドウの行程だけでもこれだけのメイクが必要です。最近増えているドーリーメイクとほぼ同じ手順でアイメイクは進んでいきます。次は、アイライン方法です。

出典:twitter.com

◇アイライン
タレ目風アイメイクにすると、優しい印象になり、ロリィタの服との相性が良いです。そのため、アイラインもタレ目を意識して描いていきます。アイライナーは、まぶたとまつげの間を埋めるようにひいて、0.1㎜ほど目尻からはみ出して引きます。

◇つけまつげ
ドーリーメイクのポイントはボリュームがあるつけまつげです。アイシャドウを濃く塗っているため、つけまつげが取れやすくなってしまいます。特に、目頭と目尻が取れやすいので、つけまつげのりを多めにつけるように意識しましょう。つけまつげをつけた後に、まつげが目に馴染むように再度、リキッドアイライナーをひきます。

◇マスカラ
上まつげにはボリュームタイプのつけまつげをつけて、下まつげにはマスカラを塗ります。ロングタイプのもので下地を作ってから、ボリュームタイプのマスカラをぬって、上下ともにボリュームのあるバサバサまつげをつくって、ドーリーアイを演出します。

出典:twitter.com

◇チーク
ロリィタ服1、ロリィタ服は、ピンク系やホワイト系のファッションが多いので、チークはピンクを選ぶようにしましょう。通常、チークは笑ったときにあがる頬の上にのせるものですが、ロリィタメイクはもともと肌の色を白くメイクをするので、チークは濃くします。目の下から、笑ったときにあがる頬の上にかけて、しっかりと塗るようにしましょう。
おすすめは、まずはパウダータイプのチークを塗り、その上からクリームチークを塗ります。クリームチークを塗ると、パウダー感が減り、先に塗ったパウダータイプのチークがよく馴染みます。そうすると、肌から浮き出てきたような自然な濃いチークを演出することができます。

そして、最後に、黒目の下部分(涙袋よりも1~3㎝下)に濃い目のピンクや、赤色のチークを少しだけ重ねてぼかします。(濃く塗りすぎると不自然になるので、鏡を見ながら確認するようにしましょう)

出典:twitter.com

◇リップ
■まず、唇に口紅がよく馴染むように潤うリップを塗ります。
■潤いのある、艶やかな唇にするために、リップライナーで希望の唇の形を作ります。唇が薄い人はぷっくりするように下唇を膨らまし、唇が厚い人は下唇や上唇の周りをコンシーラーで色を消してからリップライナーでラインをつけるようにしましょう。
■十分潤ったら、濃い目のピンクか赤の口紅を塗ります。(できるだけ濃い色を選択しましょう)
もともと唇が厚めだったり、血色がよい人は、少し薄めのピンク色を選ぶと、より似合います。
■最後に、口紅がよく馴染み、取れにくくするためにグロスを塗ります。グロスはパールやラメが入っていて、見た目が華やかになるものを選びましょう。ツヤを重視する方はうるおいがよくでるタイプのリップグロスを選択するようにしましょう。

出典:twitter.com

◇ベースメイク
ロリィタメイクのポイントは、「白く、透き通った肌を作ること」です。
■化粧下地で肌のくすみを消します。普段の倍に近い量を塗るようにしましょう。特に、日本人は肌が黄色っぽい人が多いので、フランス人形の顔を目指すロリィタメイクをするには、黄色みを消す必要があります。肌の血色はチークでカバーをするので、おもいきって塗るようにしましょう。

■次にファンデーションを塗ります。ファンデーションはパウダータイプよりもリキッドタイプがおすすめです。むらにならないよう、気を付けて塗りましょう。

■クマやニキビなど、気になる肌トラブルがあれば、コンシーラーで消すようにしましょう。ニキビが痛んでいたり、大きい場合は無理に塗らないようにしましょう。フランス人形のような雰囲気を出すためには、クマやくすみは撃退するようにしましょう。
■最後にパウダーファンデーションを塗ってふたをします。パウダーは、普段の自分の肌色より1~2トーン明るいものを選択しましょう。

ゴシックとロリータを楽しもう

今回はゴスロリメイクを「ゴシック系」「ロリータ系」と2パターンのメイク方法についてお伝えしました。初めてゴスロリメイクをする人も、控えめではなく、ぜひ思い切りメイクをして、楽しんでくださいね。

1番人気のゴスロリメイクはこちら♡
関連するまとめ記事

断然「色素薄いメイク」が今っぽい

「おフェロメイク」や「色っぽメイク」に飽きてきたあなたにおススメのなのが「色素薄いメイク」です。外国人やハーフの人のような色素の薄い雰囲気に憧れる女子は多いですよね。生まれつき色素が薄い雰囲気をメイクで表現しちゃいましょう。ハーフ顔に憧れがある方にもおススメです。ダークカラーを避けて、優しい色合いでメイクをするとうまく馴染みます。色素薄いメイクでアンニュイな新しい自分を見つけましょう!ベースメイクからヘアカラーまで色素薄いメイクにぴったりの方法をご紹介します。皆さんもトライしてみてくださいね!

ボルドー・レッド・紫……大人っぽい濃いめリップを楽しみましょう

ボルドーやレッド、紫などの濃いめリップは、少し敷居が高く感じられるかもしれませんが、大人っぽくてとっても魅力的ですよね。おすすめの濃いめリップアイテムをご紹介していきます。

原宿系ドール♡ペコちゃんメイクのコツとおすすめコスメ

外国のお人形みたいな可愛さのあるペコちゃんみたいになりたい方は、彼女に近づくことができるメイク方法をマスターしてみませんか。原宿系ドールなペコちゃんみたいになるための、メイクポイント&おすすめアイテムをご紹介していきます。

お手本はCMの橋本環奈ちゃん♡キュートな小悪魔メイクがしたい!

まだ記憶に新しい、コスメのCMで見せた小悪魔スタイルの橋本環奈ちゃん。彼女をお手本に、とびきりキュートな小悪魔メイクにチャレンジしてみませんか?小悪魔メイクのコツとおすすめコスメアイテムをご紹介していきます。

橋本環奈みたいになりたい♡天使フェイスをつくるメイク方法&コスメ

橋本環奈ちゃんみたいな透明感あふれる天使みたいな女の子になりたい♡そんな風に思っている方はすくなくないはず。憧れの天使フェイスに近づくためのメイク方法&コスメをご紹介していきます。

大人っぽい美しさのある「アーモンドアイ」になりたい!

くりくりとした丸い瞳はガーリーで可愛いけれど、すっとした切れ長のアーモンドアイも大人っぽい美しさがあって魅力的ですよね。アーモンドアイを作るのに適したコスメアイテムをご紹介していきます。

ふんわりとした女の子になりたい♡フンニョメイクのポイントをチェック!

ふんわりとした親しみやすくて優しい雰囲気をGETしたいなら、フンニョメイクをしてみてはいかがでしょうか。韓国で人気のフンニョメイクのポイントをチェックしていきましょう♡

フンニョメイクに使いたい♡おすすめ韓国コスメって?

オルチャンメイクの次はフンニョメイクに挑戦!フンニョメイクは韓国で人気の、ふんわり親しみやすくて可愛い女の子に見せるためのメイク方法です。フンニョメイクに使いたい、おすすめの韓国コスメをご紹介します。
まとめ記事に関するキーワード