「かわいい」を目指す女の子のためのメイク投稿サイト MAKEY(メイキー) おすすめのコスメや初心者にも分かりやすいメイクのやり方を紹介

2016/11/30 更新

初心者必見!バンギャメイクのやり方基本編

とにかく派手で、すっぴんの姿が想像できないバンギャメイク。実は、ただ色を重ねればいいだけではなく、適当にやっていると単なる厚化粧になります。ここでは、初心者さん向けにバンギャメイクの基本をご紹介します。今までチャレンジしたことがなかった方も、ぜひ一度やってみてください。


肌はとにかく白くぬる

バンギャメイクは顔にぬるコスメの量が多くなるので、肌が荒れがち。そのため、事前のお肌ケアが非常に重要になります。まずはお湯でしっかり洗顔し、最後に冷水で顔を引き締めます。タオルで優しく水けをふいたら、すぐに化粧水をつけましょう。この時、手のひらで温めるようにしてつけると効果が高まります。その後乳液をつけ、最後にクリームもぬってください。これで事前準備は完成です。中には化粧水などをつけるとメイクがヨレると思っている方もいますが、実はこうしてしっかり余分な油分をオフしたほうが、メイクは長持ちするのです。

メイク
出典:weheartit.com

しっかり保湿したら、早速メイクを始めましょう。まずはくすみやムラのない肌にするため、下地をぬっていきます。クマや黒ずみにはブルー系、くすみが気になるならピンク系、赤みにはイエロー系がぴったりです。顔全体に均一に塗るというよりも、気になる部分に合わせて複数のカラーを使い分けましょう。また、目の下のクマはコンシーラーで隠すのを忘れないようにしてください。ファンデーションはリキッドの、いつもよりワントーン明るいものを選びましょう。こうすることで顔全体の印象が明るくなり、バンギャメイクの下地が整います。

アイメイクに全力を注ぐ

メイク
出典:weheartit.com

バンギャメイクの肝は、アイメイクです。基本的には黒塗りが多く、黒のアイシャドウでアイホール全体をぬっていきます。眉毛の下あたりまでぬると、バンギャメイクらしくなるでしょう。まぶたの下も、同じく黒のアイシャドウでぬっていってください。

メイク
出典:weheartit.com

まずはペンシルのアイライナーで、上下の粘膜を埋めていきます。そこからまぶたに沿ってリキッドアイライナーでラインをひきますが、目じりよりも数ミリ離れたところをひき終わりにし、ラインと目の間の余った部分は、しっかり塗りつぶしましょう。これで目が実際より大きく見えます。下のラインも目尻から目頭にかけてラインをひき、目頭は大きく三角形をかくようにしましょう。目頭はしっかり「く」の字を描くようにすると、切開したようなデカ目になれます。

つけまとカラコンはマスト

メイク
出典:weheartit.com

バンギャメイクの必須アイテム、つけまつげ。出来るだけボリュームがあるものを選びましょう。つけまの前にはビューラーとマスカラを施し、自分自身のまつ毛をしっかりメイクするようにしてください。また、下まつ毛にも上まつ毛用のつけまをつけることで、よりボリューミーで存在感のあるメイクに仕上がります。この時実際のまつ毛よりも少し下につけると、その分目が大きく見えるでしょう。バンドやイベントの時は、デザイン性のあるものもおすすめです。

バンギャメイクに、ナチュラル感は不要。ということで、カラコンも普段はつけないような色を選んでいきます。人気が高いのは、レッド系とブルー系。一気に人間離れした顔になり、バンギャメイクのクオリティを底上げしてくれます。イエローやグリーンなどの外国人風も人気です。自分の肌の色やファッションによって、カラコンの色も変えていくとおしゃれですね。何色かを用意しておいて、その日の気分でつけられるように準備しておくといいでしょう。

リップはイメージに合わせて

メイク
出典:weheartit.com

リップメイクは、なりたいイメージや好きなバンドの世界観に合わせていきます。よくあるのは、色をほとんど消してしまうやり方です。唇の余計な水分をティッシュオフしたら、コンシーラーで塗りつぶしてしまいましょう。それだと物足りない場合は、ベージュの口紅をぬるのがおすすめ。存在感が消え、よりアイメイクに視線が集まることでバンギャメイク感を強めることができます。

メイク
出典:weheartit.com

もう一つのパターンが、黒いリップを使うやり方です。バンギャメイクのイメージが強まり、本格的な印象になります。黒リップはマットな仕上がりにしてもいいですし、上から透明なグロスをぬってぬれ感をだしてもOKです。また、真っ赤なリップにする方も多いので、手持ちの口紅で済ませたい場合はそれでもOKです。この時はリップライナーでしっかり唇の輪郭を描くと雰囲気が出るでしょう。ボルドーなどの暗いカラーもおすすめ。また、紫のリップも普段は使わず、バンギャメイク感が出せるのでいいですね。

バンギャメイクに挑戦

自分のイメージを大きく変えたいとき、バンギャメイクがとても役立ちます。普段は絶対にしないようなメイクなので、変身願望を叶えてくれるのです。好きなヴィジュアル系バンドが出来た時、いつもとは違う自分になりたいとき、ぜひ試してみてください。また、ライブやバンドイベントに行けば、バンギャメイクをした方がたくさんいるでしょう。彼女たちのメイクを参考に、次回取り入れたい要素を学んでくるのも一手です。それを繰り返せば、あなたの中のバンギャメイクに幅が持たせられ、色々なパターンで楽しめます。

おすすめのバンギャメイクについてはこちら♡
関連するまとめ記事
まとめ記事に関するキーワード