「かわいい」を目指す女の子のためのメイク投稿サイト MAKEY(メイキー) おすすめのコスメや初心者にも分かりやすいメイクのやり方を紹介

話題沸騰中!眉ティントの使い方が知りたい

スッピンでも怖くないと話題の「眉ティント」一度メイクするだけでキレイな眉毛がキープできると評判の優れたアイテム。水や汗に強くて使い方も楽だと言われている眉ティントの実力を検証します。


眉ティントって何?

ティントブームは元々、落ちない口紅から始まったもの。それが眉毛用のティントまでついにブームがきました。美容大国でもある韓国発のティントは、食事中にリップが落ちて、塗り直しが面倒だからと落ちない口紅を研究した結果、唇が元から持っている色素の発色を良くする口紅を誕生させたのでした。その発展系が眉ティントです。

眉ティントは眉の皮膚の表面に染着することで、色を長時間キープします。だから、眉毛が薄くてスッピンになれない女性でも、しっかりとした眉が作れます。左右がキレイに描けるため、アイブローペンシルやシャドウで描く時よりも楽に自然な眉が手に入ります。

眉ティントでどう描くの

眉ティントにはジェルタイプがあります。ジェルはパックのようで剥がす時に痛いと思う方も多いかもしれません。実は、痛みもないし毛も一緒に抜けることはありません。ジェルティントを塗ったら、乾くまで約2時間くらいおきます。休日など時間に余裕がある時に塗りましょう。眉ティントが乾く間際くらいにメイクを終らせておけば、剥がすだけでメイク完了です。

剥がし方

剥がす際には眉尻からティントをつまんで、一気にはがさずにちょっとずつ眉頭へと、剥がすとスムーズにキレイにとれます。ティントを剥がせば自分の思った通りの眉毛がちゃんと出来上がっています。

ジェルは液体の粘度が高いためか、スムーズに伸びません。だから、一気にラインを描こうとせずに、眉毛の間を埋めていくように描いて下さい。しっかり着色させるためにも、厚めに塗るのがコツです。塗る際に、はみ出てしても綿棒でぬぐうとカンタンに落ちるので安心して塗って下さい。時間がたつと色が沈着していきます。塗る時に細かい調整をしつつ塗ることが成功の鍵です。

眉ティントをするタイミング

眉ティントはジェル、ペンシルタイプタイプなどがあります。基本的には、アイブロウペンシルと描く要領は一緒です。眉ティントは水や汗・皮脂に強いことも特徴です。一回すると1週間はカラーが持続します。また、お風呂でも洗顔でもアートメイクしたように消えません。だから安心してお泊まりデートにもいけます。

眉ティントをするタイミングは、夜寝る前がおすすめです。洗顔後に眉の毛流れのラインに沿って眉ティントを引きます。失敗して、やりなおす場合はすぐに化粧水で拭き取るか、水道水で洗い流してください。1度描くと1週間は持続しますけど、3~4日ごとにリタッチをしていくと、そのままずっとキープします。

なぜ色素沈着するのだろう

ティントとは、染料・染めるという意味を持ちます。着色は皮膚上に色つけするのではなく、角質部分まで染めていきます。また自然素材を使っての品質なので、ティント商品の草分けである韓国は多数のコスメブランドがこぞってティント商品を開発し販売しています。

色素沈着の成分が気になる女性は安心して下さい。何とサトウダイコンやサトウキビなどの植物から作られいます。これはサンレスタンニング用の肌色着色料なのです。このサンレスタンニングとは、日光浴によって起きる病気を心配せずに、太陽光を浴びることなく日焼けしたような肌を作ることから発明されたものです。メラニン色素を刺激することが無いためシミにはならない等イイことづくめの成分です。

毎日眉毛を描かなくていい開放感

眉毛は左右対称に描く事が必要です。毎日眉毛をキレイに描くことから解放される眉ティントは忙しい朝を過ごす女性にとって心強い味方です。

1番人気の眉ティントはこちら♡
関連するまとめ記事
まとめ記事に関するキーワード