「かわいい」を目指す女の子のためのメイク投稿サイト MAKEY(メイキー) おすすめのコスメや初心者にも分かりやすいメイクのやり方を紹介

2016/04/08 更新

【美容の豆知識】日焼け止めに記載されているSPFとは??

今回の豆知識は日焼け止めに記載されているSPF☆前回紫外線の量の話をしたので日焼け止めクリームを選ぶときに目にする「SPF」の文字について説明します(*^^*)☆当たり前のように表示されているので、特に気にしなくて単に数値の高いものを購入していませんか?実は数値が高ければよいというものでもないのです!大切なお肌のために、あらためて「SPF」を説明しますね☆


SPFとは??

SPFとはSun Protection Factorの略(^^)

日本語で紫外線防御効果を意味し、サンバーン(肌が赤くなる日やけ)の原因になるUVB(紫外線B波)をどれ位防ぐかを表す値です☆

数字が大きいほどUVB(紫外線B波)を防ぐ効果が高く、最大50で表示されています。

まずはSPFの低いものから試してみましょう

日焼け止めは基本的に紫外線を吸収してくれる化学物質なので、肌の強い人でもSPFの低いものから肌の調子を見つつ、数値を上げていきましょう☆

そして肌の弱い方は日傘や他の紫外線グッズなども併用して対策しましょう(^人^)

SPF1は大体20分紫外線から守ってくれます(^_^)
なのでちょっとした買い物とかならSPF30もあれば大丈夫♫

海とか紫外線がかなり降り注ぐ場所に行くにはSPF50を塗りましょう、その時塗りムラがあるとまばらに日焼けするのでしっかり塗りもれないようにしましょう!

次回は同じように日焼け止めによく書いてあるPAについて説明します☆

HIKARU MOCHIZUKI