「かわいい」を目指す女の子のためのメイク投稿サイト MAKEY(メイキー) おすすめのコスメや初心者にも分かりやすいメイクのやり方を紹介

ぷっくり下瞼が憧れ♡涙袋を作ってしまおう!

男性が選ぶ、女性の顔のパーツで人気のある「涙袋」。だから女性の間でもメイクが話題になっていまあす。だけど、涙袋がない女性はどうしたらいいの?!そんな悩みを抱える貴方に簡単に涙袋が作れるメイク術を紹介します。


話題の涙袋について教えて!

今、メイクで最も熱い「涙袋」とは「眼輪筋」と言われる筋肉なんです。筋肉が盛り上がってできるので、ここを鍛えるだけでもぷっくりとしてきます。また、人相学では、「涙堂」と呼ばれここの色と艶が良い女性は良縁に恵まれると言われています。

生まれつきでぷっくりしている女性は悩まないですけど、元から無い人はどうしたらいいのか?実はメイクで手に入れることができるんです。また、涙袋がある女性はたるみやすいので、マッサージや保湿成分の美容液などで、たるみ予防や対策ケアもきちんと行って下さい。

安心して下さい♪涙袋はこうして作る!

涙袋自体がない人はどうやって作ればいいのか悩みますね。そんな貴方には、涙袋をササっと作る専用のライナーがあるんです。誰でも手軽にぷっくりとした涙袋を作れる超便利なメイクアイテム。自然に大きく目元が見えるんです。

まずラインの色はピンクやベージュをチョイスし、涙袋にあたる筋肉の部分全体にパウダーをしっかりと馴染ませます。真ん中の部分や黒目の下周辺には重ねづけを施し、立体感を出していきます。また、目頭と目尻の付近はぼかし気味にしすると自然な目元が作れます。

アイシャドウでも作れる涙袋♪

わざわざ涙袋専用ライナーを購入してまでメイクするのは面倒だな〜、なんて考えている面倒くさがり屋さんにも朗報です。無精女性には、簡単にアイシャドウでメイクして涙袋を作る事が可能なんです!ただし少しだけテクニックが必要なのでそこは心しましょう。

アイシャドウはホワイトやピンク等のライトカラーを選んで下さい。 チップの先端を使い、涙袋を作りたい部分にアイシャドウを薄くのばして。そして、肌よりワントーン暗めのベージュのアイシャドウを、ライトカラーの下に、黒目の下あたりに細く重ねるのがコツ。陰影をつけるように目幅より短めに入れて下さい。

マッサージで作る涙袋!

自然派にこだわりたい女性には、何とマッサージで膨らませる方法があるんです。まずは保湿の高いマッサージクリームが必要です。下瞼にたっぷりとクリームを塗っていきまあす。爪をたてずに中指と人指し指の腹を使って、目の下の「承泣」というツボを軽く押して筋肉を上げます。

「承泣」のツボはたるみを防ぐツボです。そこをを軽く押し上げると、ぷっくとした涙袋が簡単に作れます。膨らんだ状態を約数秒間保って下さい。目尻から目頭まで約1cmここを人差し指の腹を使って、順番に約数秒ずつ押し上げていきます。このツボは、たるみだけでなく、肌の乾燥や肌荒れにも良いといわれています。

自然な美しさがポイント

女性のモテメイク必勝術の「涙袋」。メイク術でも定番になっている涙袋の勢いはとどまることがありません。可愛いとのメリットが多いけど注意したいのは、やりすぎると不自然になること。ナチュラルな美しさを念頭においてメイクしましょうね。

おすすめの涙袋メイクのやり方をチェック♡
一緒に読まれるまとめ記事
まとめ記事に関するキーワード