「かわいい」を目指す女の子のためのメイク投稿サイト MAKEY(メイキー) おすすめのコスメや初心者にも分かりやすいメイクのやり方を紹介

2016/10/20 更新

秋冬はこれで決まり!ぶどう色メイクのやり方をおさらい

秋冬に大流行するメイクといえば、ぶどう色メイク。ボルドーやパープル系のお色を使ったメイクで、とっても大人っぽくなれるんです♪今回は、そのぶどう色メイクのやり方の基本をおさらいしていきます!


ぶどう色メイクはどんなお顔になれる?

ぶどう色メイクは、目もとや唇など顔全体に、ボルドーやダークピンク、パープルなどのお色を使っていくメイクです。とても女性らしい顔つきになり、またいつもよりかなり大人っぽくなれるので、とっても大人気。ふとした時に色っぽく見えるので、男性からの人気も高いんです♪

急にお顔全体にこのカラーを使うのに抵抗があるなら、まずはアイメイクだけなど部分的にやってみましょう。いつもより少しだけ大人びた雰囲気になります。また、全体的にがっつりとダークなお色を使えばモードなお顔にもなれちゃうので、好みやTPOによって使い分けましょう。

アイメイクにぶどう色を使おう

まずはアイシャドウをぶどう色にしていきましょう。10代や20代前半くらいの方は、ピンク味の強いお色がよく似合います。目の際に濃いお色をぬり、そこから眉に向かってグラデーションになるようにしていきましょう。ちょっと可愛すぎる仕上がりだなと思ったら、マットなアイシャドウを使うと大人っぽさと色っぽさがアップします。

パープル味が強いお色は、大人世代に馴染みやすいでしょう。色っぽさが抜群で、普通にしていてもなんとなく色気のある女性に早変わり。少し可愛らしさを足したいときは、パールやラメの入ったアイシャドウを使うことをおすすめします。目もとがきらきら輝き、少女っぽさを演出できます。

口元もぶどう色にそめよう

アイメイクでぶどう色を使ったら、リップにもこのお色をのせていきましょう。赤みが強いカラーは女性らしさ満点。活発な女の子を演出するのにぴったりです。まずはコンシーラーで元々の唇の色を消してから口紅を塗っていくと、より発色が良くなるので一手間かけましょう。

ボルドー感の強い色味は、オフィスでも使える万能カラー。スーツやオフィスカジュアルにもよく似合います。グロスをぬればより色っぽくなり、男性からの視線を集めることでしょう。リップペンシルを使って、肌と唇の境界を目立たせるとベターです。

仕上げはぶどう色ネイルで完璧に

メイクと一緒にネイルもぶどう色に染めるとおしゃれさがアップします♪ぶどう色ネイルは落ち着きのあるカラーなので、両手指10本を同じ色でべた塗りしても、上品さを失いません。アクセントとしてストーンやゴールドを足すと、より大人っぽく見せることができます。

落ち着いた色のぶどう色は、ベージュ系やホワイト系との馴染みが抜群。アクセントとしてこうした他のカラーと合わせてもいいでしょう。明るいイメージにしたいときは、ラメ多めのジェルや大粒でキラキラ輝くストーンなど使ってみてください。一気に華やかな印象になります。

ぶどう色メイクをマスターしよう

ぶどう色メイクはピンク系からボルドー、パープルが強いものまで幅のあるカラーが使えるメイクです。ご自身の顔立ちや年齢、TPOに合わせて少しずつ変えてみましょう。いつもより大人っぽく、色気のある女性に変身できること間違いありません!

おすすめのぶどう色メイクをチェック♡
関連するまとめ記事
まとめ記事に関するキーワード