「かわいい」を目指す女の子のためのメイク投稿サイト MAKEY(メイキー) おすすめのコスメや初心者にも分かりやすいメイクのやり方を紹介

2017/05/17 更新

どれがいいの?肌のために知っておきたいクレンジングの種類!

メイクを落とすときに使う『クレンジング』。オイル・ジェル・拭き取りなど、色々な種類があるのを知っていますか?今回は肌のためにも知っておきたいクレンジングの種類についてご紹介していきます。


クレンジングとは…?

画像
出典:makey.asia

メイクを楽しんだ後、必ずしなければならないのが『クレンジング』です。『メイク落とし』とも言いますね。
メイクはどうしても肌の負担になりやすいものなので、メイクを落とさずに寝てしまうと乾燥・肌荒れなどの原因になりやすくなってしまいます。なので、メイクを楽しんだ後には必ずクレンジングをしてメイクを落とし、肌を休ませてあげる必要があります。

画像
出典:makey.asia

ただ、そんなクレンジングもまた、肌への負担になりやすいものです。
化粧は肌にしっかりと密着していて、コスメは基本的には落ちにくいような処方になっているので、それを落とそうとすることは肌の負担になりやすいものです。ですが、できるだけ肌への負担が少なく済むよう、クレンジングにはオイル・ジェル・ふき取り・部分用など様々な種類があります。普段どの程度メイクをするのか、肌の状態によってしっかりと見極めて使い分けることをオススメします。
今回はそんなクレンジングの種類についてご紹介していきます。自分にはどのクレンジングが向いているのか、お肌と相談しながらぜひ参考にしてみてください。

どんなメイクもするりと落ちる『オイルタイプ』!

画像
出典:www.cosme.net

まず最初にご紹介するのが『オイルタイプ』です。
クレンジングの中でも『洗浄力』が強く、落ちにくいメイクも基本的にはするりと落とすことができます。濃いめなアイメイクやリップカラーも簡単に落とすことが出来ますが、その分、肌への負担にはなりやすい傾向にあります。さっぱりとした使用感がありますが、顔の油分まで落とし過ぎてしまい、乾燥肌の原因になる場合もあります。

画像
出典:makey.asia

デメリットの方が大きく感じられるかもしれませんが、そんなことはありません。
洗浄力が高いので、落ちにくいメイクもこすらずにしっかりと落としてくれるため、『摩擦』による肌ダメージは比較的少なく済みます。また、日常的に濃いめにメイクをする方は洗浄力の弱いモノを使うとメイク汚れが肌に残ってしまい、いくら肌に優しいモノを使っていても、それでは意味がなく肌荒れの原因にもなりやすくなってしまいます。しっかりと落としたい方にはオイルタイプはオススメです。

ファンケル マイルドクレンジングオイル

オイルクレンジングの中では、ファンケルが特に人気ですね。
ウォータープルーフなどの落ちにくいメイクもしっかりと落としながら、肌にうるおいを残すような処方になっています。クレンジング効果のあるオイルをバランスよく組み合わせることにより、メイクに素早く馴染み落とし残しがない優れものです。伸びが良く、擦らずに馴染んでくれるので肌ストレスが少なく済むオイルクレンジングですね。

肌に優しい『ミルク・クリームタイプ』!

画像
出典:www.cosme.net

次にご紹介するのが、『ミルク・クリームタイプ』です。
クレンジングの中でも『保湿力』があり、メイクを落としながらも肌への負担を少なく済ませられるのが特徴です。洗浄力はオイルほどはありませんが、ナチュラルメイクやウォータープルーフなどでなければ、するりと落とすことができますので、乾燥肌の方、ナチュラルメイクの方、落としやすいコスメを使っているという方にはこちらがオススメです。

パラドゥ スキンケアクレンジング

画像
出典:www.cosme.net

ミルククレンジングの中でも人気なのが、コンビニで購入できるパラドゥのクレンジングです。
軽く馴染ませるだけでメイクが浮き上がり、ミルククレンジングなのに落ちにくいメイクもしっかりとオフできるクレンジングです。美容液成分89%配合ということで、クレンジングで乾燥しやすいという方でも、しっかりとうるおいを残しつつメイクを落とすことが出来ます。
また、こちらのクレンジングは濡れた手や顔でも使うことができるので、入浴中にメイクを落としたい方にもオススメしたいです。コンビニで手軽に手に入りますし、小さめのSサイズが販売されていますので、試してみたいという方や旅行中のクレンジングをお探しの方は、ぜひこちらがオススメです。

手軽に落とせる『拭き取りタイプ』!

画像
出典:www.cosme.net

次にご紹介するのが、『拭き取りタイプ』です。
名前の通り、クレンジングが染み込んだシートで拭き取っていくだけでメイクを落とせるので、クレンジングの中でも『手軽』なのが特徴です。ただ、拭き取っていくので肌との摩擦が多く、負担になりやすいというデメリットがあります。強くこすったりしてしまうと、肌荒れやシミの原因にもなりやすいですし、目の際などの細かい部分を拭き取るのに抵抗がある方も多く、拭き取りが足りずにメイクが顔に残ってしまう可能性もあります。
ただ、洗顔が不要で鏡とこれさえあれば簡単にメイクを落とせるので、疲れてすぐ眠りたいときや外出中にメイクを落としたいときには便利なアイテムかと思います。

ビフェスタ うる落ち水クレンジング シート ブライトアップ

画像
出典:www.cosme.net

拭き取りタイプの中でも人気なのが、こちらです。ビフェスタというと『水クレンジング』のイメージが強いですが、こちらはその液を染み込ませてより手軽にクレンジングできるようにしたタイプのようです。
メイクを落とすだけでなく、保湿型ビタミンC・乳酸配合で毛穴の黒ずみや汚れまでしっかりと落とし、透明感のある肌に導いてくれる処方になっています。また、化粧水由来のWのうる落ち洗浄成分配合で、メイクを落としながらも乾燥を防ぎます。摩擦低減処方ということで、拭き取りタイプですが肌に優しいタイプになっています。シート1枚1枚が大きめになっているので、1枚で広範囲のメイクを落とせるのも魅力的ですね。

クレンジングは自分に合ったものを!

いかがでしたでしょうか?
クレンジングの種類についてとプチプラでも購入できる人気のクレンジングについてご紹介しました。全てのクレンジングにメリット・デメリットがあるので、その日のメイクや肌の状態によって使い分けるのもオススメです。ぜひ自分に合ったクレンジングで、メイクを楽しんだ後は肌を休ませてあげましょう。

一緒に読まれるまとめ記事
まとめ記事に関するキーワード
  • ベースメイクからオール100均メイク

    クレヨンリップをクリームチークの代わりに使うところがポイントです(*´꒳`*)

    76441 view


    ゆきだるま☃

  • ナチュラルブラウンメイク(アイメイクのみ)

    以上でナチュラルブラウンメイクの完成です 参考になったらいいね♡とお気に入り☆お願いします♪ プチプラコスメで代用できるものを、(使うコスメ)に入れておきました! ぜひご覧ください\( 'ω')/

    48350 view


    はるまき

  • 100均おるちゃん風

    オルチャンメイクのポイントは眉毛と涙袋です。

    53965 view


    あぽー

  • 白雪姫風メイク

    グリーンの下地を使って白肌に見せること、アイシャドウは上まぶたにブルー系、下まぶたにレッド系を使うことで透明感を出して色素が薄く見えるようにしているところがポイントです。 あと、キャンメイクのクリームチークとステイオンバームルージュの小梅ちゃんとのコラボの新色はこのメイクによく合います。

    39472 view


    ゆきだるま☃

  • 裸眼ピンクめいく

    裸眼だからこそしっかりかつ、ナチュラルに見えるようにするのが大事です そこで涙袋をいつもよりもしっかりと強調することでだいぶ変わるのでぜひ参考にしてみてください(o^^o) 塗りすぎには気をつけてくださいね><

    15005 view


    memu

  • 涙袋の作り方

    とにかくめっちゃ簡単ですよ!! 見てくれた方、ぜひお気に入り押してください♡

    20345 view


    りなてぃ

  • chocolat doll make

    西洋の人形風メイクです 陶器肌と赤茶のシャドウがポイント チークは敢えて使わずリップに手間をかけてみました

    20245 view


    眉毛(元きちお)

  • 〜韓国風アイシャドウのみメイク〜

    オレンジ、赤系、ブラウン色のアイシャドウがあればすぐにできちゃう簡単メイクです(^∇^)

    17081 view


    ぴんくぽにー