「かわいい」を目指す女の子のためのメイク投稿サイト MAKEY(メイキー) おすすめのコスメや初心者にも分かりやすいメイクのやり方を紹介

2017/03/12 更新

かわいくて色っぽい!赤目メイクをマスターしよう

普通のメイクに、ちょっと飽きてきた……。そんな人におすすめしたいのが、赤目メイク。アイメイクに赤を取り入れることで、とっても可愛く色っぽいお顔になれるんです!今回は、どんな人にも似合う赤目メイクをご紹介します♪


赤目メイクって何?

みなさんは、赤目メイクをご存知ですか?モデルの森絵梨佳ちゃんがよく披露しているので有名ですね。その名の通りアイメイクに赤を取り入れることで、最近女子たちに大人気なんです♪赤目メイクは、なんといっても目がうるうると見えるのがポイント。泣いた後のような色っぽい仕上がりに、男子はドキッとしてしまうこと間違いなし!アイメイクに赤を使うと腫れぼったく見えると思い嫌厭している人もいるかもしれませんが、実はやり方によってはそんなこともないんです。女の子らしさが倍増して、色っぽくもなれる赤目メイク。今までやったことがない人も、ぜひ試してみてください!

赤目メイクには絶対白肌が似合う!

赤目メイクをするときに、絶対に守ってほしいこと。それは、白肌作りです!もともとの色白さんはいつも通りのベースメイクでOKですが、地黒さんは少しでも肌が白く見えるように工夫しましょう。褐色肌に赤目メイクをしてしまうと、透明感がなくなってしまいます。それによって顔がくすんで見えたり、顔色が悪い印象になってしまったりするんです。色白さんは、下地やパウダーファンデーションでさっぱりと肌を作ってください。また、目もとがくすんでいるのは絶対にNGなので、クマはコンシーラーで隠しましょう。

褐色肌さんは、カラー下地を使ってコントロールしていきます。ブルー系やグリーン系の下地だと、肌が透明で明るくなります。ファンデーションは、リキッドタイプなどのカバー力が強いものを選ぶと良いですね。その際、顔がテカったりべたついたりしないようにお粉をはたくのをお忘れなく。プチプラでは、ベビーパウダーがいいと噂。お肌に優しく顔をさらさらにしてくれるので、ぜひ試してみてください。大きめのブラシで顔全体にはたいたら、小さいブラシで小鼻の周りなどをカバーします。また、簡単に肌が白くなる3CEのウユクリームなどもおすすめです。

王道・アイシャドウで赤目メイクを

それでは早速、赤目メイクに入っていきましょう。まず、ベージュのアイシャドウをアイホール全体にぬっていきます。パールが入っているものだと程よいゴージャス感が出せていいですね。これはベースとなるカラーなので、あくまで薄づきでOK。次に、二重のラインを少しはみ出るくらいの幅で、赤いアイシャドウをぬります。これは、マットなものだと大人っぽく仕上がるのでおすすめ。そして最後に、濃い赤のアイシャドウをまぶたの形にそって数ミリの幅で引いていきます。この赤もマットなものがおすすめです。また、目頭と目じり部分は少し太めに描くときれいに仕上がります。

赤いアイシャドウは、下まぶたにもぬっていきます。二重幅にぬった赤いアイシャドウを、目頭から眼尻にかけてぽんぽんとのせていってください。粘膜部分にのせるようにぬると、じんわりと目もとが赤くなり色っぽい印象になります。上下を赤いアイシャドウでぬったら、アイライナーを引きましょう。デカ目効果がほしい人は、ブラックのリキッドアイライナーを使います。キャットアイのように跳ね上げず、目じりは少し下げて終わらせてください。また、赤目メイクを最大限楽しみたい人は、ブラウンのペンシルタイプのアイライナーがおすすめ。やわらかい印象で、赤目メイクの邪魔になりません。

一重さんでも赤目メイクができる!

赤やピンクのアイシャドウを使うと腫れぼったくなるから、今まで避けてきた一重さんは多いはず。でも、やり方さえ間違えなければ一重でも赤目メイクが可愛く仕上がります!まず、アイホール全体にゴールドかベージュのアイシャドウをぬっていきます。次に、二重幅までブラウンのアイシャドウをぬりましょう。そして、黒目の終わりから目じりにかけて、赤いアイシャドウをぬります。そのまま「く」の字になるように、下まぶたにもぬりましょう。このように部分的にぬることで、腫れぼったい印象がなくなるのです。

遊び心のある赤目メイクにチャレンジ

普通の赤目メイクではつまんない!そんな人は、ちょっと遊び心のある赤目メイクに挑戦してみてはいかがですか?まず、ピンクかブラウンのグラデーションでアイシャドウをぬります。その次に赤いアイライナーでくっきりラインを引いてみましょう。目じりにかけて太くしてしっかり跳ね上げると、イベントにもばっちりの人目をひくメイクになりますよ。また、下まぶたにもひくときは目じりだけにするのがおすすめです。

また、赤いマスカラを使う方法もあります。この時アイシャドウは、赤目メイク風でも、ブラウンを使ってもOKです。ただし、アイライナーはブラックを使った方がメリハリがついていいですね。ビューラーでしっかりとまつ毛を持ち上げ、マスカラ下地をぬってから使ってみましょう。全体につけてもいいのですが、目じりだけにつけるのもアクセントになってかわいいですよ。

赤目メイクをマスターして可愛い女の子になろう

赤目メイクのうさぎ・ピンクメイクまとめ

いま一番おすすめのうさぎメイクをチェック♡

赤目メイクは女の子をとびきりかわいくしてくれるメイク♪それに、色っぽさも足してくれるのが嬉しいですよね。アイシャドウだけならどんな時でもできますし、アイライナーやマスカラを使った赤目メイクはイベントの時にぴったり。ぜひ楽しんでください。

関連するまとめ記事
まとめ記事に関するキーワード